正力松太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
正力 松太郎
Shoriki Matsutaro.JPG
1955年
生年月日 1885年4月11日
出生地 日本の旗 日本 富山県射水市
没年月日 (1969-10-09) 1969年10月9日(満84歳没)
死没地 日本の旗 日本 静岡県熱海市
出身校 東京帝国大学法科大学
(現・東京大学
前職 内務官僚
警視庁警務部長
内閣情報局参与
京成電気軌道総務部長
読売新聞社代表取締役社長
日本テレビ放送網代表取締役社長
讀賣テレビ放送取締役会長
読売ジャイアンツ創立者・初代オーナー
日本武道館会長
所属政党 翼賛政治会→)
(無所属→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
富山県高岡市名誉市民
富山県射水市名誉市民
駒澤大学名誉博士
講道館柔道十段
野球体育博物館特別表彰(1959年)
配偶者 初婚・正力布久子
再婚・正力波満
親族 長男・正力亨
二男・正力武

内閣 第1次岸改造内閣
在任期間 1957年7月10日 - 1958年6月12日

日本の旗 初代 科学技術庁長官
内閣 第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1956年5月19日 - 1956年12月23日

内閣 第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1955年11月22日 - 1956年12月23日

選挙区 富山県第2区
当選回数 5回
在任期間 1955年2月28日 - 1969年10月9日

選挙区 勅選議員
在任期間 1944年5月28日 - 1946年4月13日[1]
テンプレートを表示

正力 松太郎(しょうりき まつたろう、1885年(明治18年)4月11日1969年昭和44年)10月9日)は、日本の内務官僚実業家政治家。元読売新聞社社主位階勲等従二位勲一等。富山県高岡市名誉市民京成電鉄OB。

人物概要[編集]

読売新聞社の経営者として、同新聞の部数拡大に成功し、「読売中興の祖」として大正力(だいしょうりき)と呼ばれる。日本におけるそれぞれの導入を強力に推進したことで、プロ野球の父テレビ放送の父原子力の父とも呼ばれる[2][要出典]

東京帝国大学法科大学卒で内務省に入り、警視庁警務部長になったが、虎ノ門事件の警備責任から引責辞職した[要出典]

翌年、経営難で不振の読売新聞を買い受けて社長に就任し、新聞界に転じた。以後、政財界に影響力を拡大。1940年(昭和15年)の開戦時は大政翼賛会総務であったためにA級戦犯の第三次戦犯指名となり、逮捕されたが、起訴はされず、巣鴨プリズン収容者の1人となった。このためしばらく公職追放処分を受けた。

戦後は、MLB選手を日本に招聘して日米野球を興行するなど野球界で尽力したが、一方で長期にわたる中央情報局(CIA)への協力(非公式の工作活動)をおこなっていたことが、アメリカで保管されている公文書により判明している[3][4][5][6][7][8]。また、自由民主党総裁の座も狙っており、渡邉恒雄を参謀の中曽根康弘との連絡役にしていた[9]

駒澤大学が上祖師谷グラウンド(野球部合宿所、駒澤大学球場)を購入する際に尽力したことを顕彰して、駒澤大学の開校80周年(1962年)の式典において、最初の名誉博士号が授与された。

左から吉田茂首相、堤操(歌人)、正力、堤康次郎
昭和29年7月衆議院議長就任レセプション)

略年譜[編集]

内務官僚時代[編集]

警視庁官房主事として1923年(大正12年)6月の日本共産党に対する大規模な一斉取締り(第1次)や、特別高等警察などにも関わり、同年9月に発生した関東大震災の際、社会主義者の扇動による暴動に備えるための警戒・取締りを指揮した。直後、警務部長となるが、摂政宮狙撃事件(虎ノ門事件)の責任を問われ、懲戒免官となる。恩赦により懲戒処分を取り消されたものの、官界への復帰は志さなかった。刑事畑においては、のちに甲賀三郎が『支倉事件』の題名で小説化した事件の捜査にあたり[19]、東大同窓生が犯した鈴弁殺し事件においては自首を仲介した。

新聞経営[編集]

1924年(大正13年)、番町会グループである郷誠之助藤原銀次郎ら財界人の斡旋と、帝都復興院総裁だった後藤新平の資金援助により、経営不振であった読売新聞社(現・読売新聞東京本社)の経営権を買収し、社長に就任した。正力は、自社主催のイベントや、ラジオ面、地域版の創設や、日曜日の夕刊発行などにより部数を伸ばした。戦前は報知新聞社の販売局長だった務臺光雄を正力が誘って読売へ移籍させ、大阪資本の東京朝日新聞東京日日新聞などと販売競争で競い合った。そして、読売新聞の全国進出を狙って九州日報など日本各地の地方紙を買収して経営参加に成功するも、新聞統制によって計画は頓挫した。戦後、読売新聞の全国紙計画が本格化し、1952年(昭和27年)に大阪讀賣新聞社(現・読売新聞大阪本社)を設立、念願の西日本進出を果たした。以後、札幌と正力のお膝元である高岡市にも東京直轄による発行支社を設置し、1964年(昭和39年)、正力の長年の懸案だった九州読売新聞西部本社を設立、1ブロック紙に過ぎなかった読売新聞を正力・務臺との二人三脚で朝日毎日と肩を並べる全国紙に発展させた。

大リーグ招聘・球団結成[編集]

1934年(昭和9年)、ベーブ・ルースルー・ゲーリッグらが参加した大リーグ選抜チームを招聘した。アマチュア野球しか存在しなかった日本側でも全日本チームが結成された。後に同チームを基礎として大日本東京野球倶楽部(現読売ジャイアンツ)が創設され、1936年(昭和11年)の第1回職業野球日本リーグに参加した。正力は、慶應義塾大学への進学が決まっていた沢村栄治を「一生面倒見る」と説き伏せて入団させたが、実際には二度の応召(徴兵も沢村が中学卒でしかなかったことが要因)で肩を壊した沢村を解雇している。

正力は最初期と戦後の一時期を除いて読売ジャイアンツのオーナーを務め、また、巣鴨プリズンから釈放後の一時期、職業野球連盟の総裁(今で言うコミッショナー)に就任した。このような正力の業績を称え1959年野球殿堂入り。また日本プロ野球界に貢献した関係者を対象に、毎年正力松太郎賞が贈られている。

戦後、読売新聞を離れていた時期には毎日新聞と接触して、毎日のプロ野球参加と将来の2リーグ制移行を画策した。このとき読売新聞側は毎日の加入に反対し、最終的にセ・リーグパ・リーグに分かれることになる。正力自身は当面1リーグ10球団で運営し、その後2球団を追加してから読売・毎日がそれぞれ所属するリーグを立ち上げる構想であった。

襲撃事件[編集]

1935年(昭和10年)、本社玄関前で暴漢に左頸部を斬りつけられ重傷を負った。直接の実行犯の長崎勝助武神会の構成員(元、警視庁巡査)。取調べに対して、犯行に及んだ理由として、読売新聞が天皇機関説を支持したこと、正力が大リーグを招聘し、神宮球場を使用し「神域を穢した」ことなどを挙げた。だが、捜査・公判の進行により、競合他社東京日日新聞の幹部による指示があったとされた。

テレビ放送事業[編集]

1952年(昭和27年)7月31日、正力が電波監理委員会へ免許出願していた日本テレビ放送網(以下、日テレ)に日本のテレビジョン放送局としては初となる予備免許が交付された。日テレは当初、東京を本部として札幌市から鹿児島市まで日本各地に支局を置き、日本全国をカバーする構想だった。しかし、「単一資本による複数県にまたがる放送は、メディアの寡占となり好ましくない」という郵政省(当時)の見解により、やむなく関東地方のローカル局として開局せざるを得なくなることとなった。当時の放送機材はアメリカ合衆国からの輸入に頼っており、機材の搬入が予定より大幅に遅れたことから、日テレより後に予備免許が下りた日本放送協会(NHK)が1953年(昭和28年)2月1日に東京で日本初のテレビジョン放送を開始することになった。

同年5月15日、ワシントンのショーラム・ホテルへ日本の政府・議会・軍・航空の関係者を集め、正力を事業主とする「テレビを含む国際通信のためのユニテル・リレー網計画」の説明会が行われた。テレビに留まらないマルチメディア事業であり、正力の懐刀柴田秀利も日テレ代表として列席した。説明会を企画した人物の出身は大別して、元OSS員か、中央情報局スタッフか、ジャパン・ロビーかであった[20]

そして、NHKより半年遅れの8月28日に日テレは日本初の民間放送によるテレビジョン放送を開始、正力は日テレの初代社長に就任した[21]。日テレは民間放送であることから、コマーシャルを収入源としている。テレビジョン放送開始当時のテレビ受像機は庶民にとって“高嶺の花”だったことから、正力はテレビ受像機の普及促進と各企業からのスポンサー獲得のため、東京都内を中心とした繁華街、主要鉄道駅百貨店公園など人の集まる場所に街頭テレビを常設し、一般家庭へのテレビの普及に全力を注いだ。その結果、力道山などが活躍したプロレスを始めとしたスポーツ中継では街頭テレビの観衆が殺到し、スポンサーの説得も功を奏して日テレは開局から半年たって黒字化を達成した。

1958年(昭和33年)10月、東京のテレビ電波塔東京タワー」が完成し、NHKや在京キー局各局は東京タワーに基幹送信所を置いたが、正力は日テレのみ東京タワーへの送信所移転を拒否し、麹町本社鉄塔からの送信を続けた。そして、東京・新宿に高さ550mの電波塔「正力タワー」の建設を構想、1968年(昭和43年)に起工式が行われるも、正力の死で実現しなかった。「正力タワー」の建設予定地だった場所には日テレの子会社である日本テレビサービス日本テレビゴルフガーデンを建設したが、1997年12月、社有地が売却され、2012年4月に新宿イーストサイドスクエアが建築されている。そして、正力の死後の1970年(昭和45年)11月10日に日テレも基幹送信所を東京タワーに移転した[22]

CIAの協力者としての活動[編集]

早稲田大学教授の有馬哲夫が、週刊新潮2006年2月16日号で、正力が戦犯不起訴で巣鴨プリズン出獄後に中央情報局(CIA)の非公然の工作に協力していたことをアメリカ国立公文書記録管理局によって公開された外交文書(メリーランド州の同局新館に保管されている)を基に明らかにし、反響を呼んだ。有馬は日テレとCIAの関連年表も作成しており[23]、その中でアメリカ対日協議会の面々を登場させ、日テレとの密接な関係を抉り出している。

米国中央情報局は、旧ソ連との冷戦体制のなか、日本に原子力を輸出するために‘KMCASHIR’という作戦名の心理戦を繰り広げ、日本国民の原子力に対する恐怖心を取り除くよう、読売新聞率いる正力のメディア力を利用した[18]。アメリカ政府はCIA諜報部員ダニエル・スタンレー・ワトソン(Daniel Stanley Watson, のちに服部智恵子の娘・繁子と結婚し、東南アジア、メキシコでスパイ任務にあたった)を日本へ派遣し、米国のプロパガンダ「平和のための原子力」を大衆に浸透させるため、正力と親しい柴田秀利と接触した[17]

日本へのテレビ放送の導入と原子力発電の導入について、正力はCIAと利害が一致していたので協力し合うことになった、その結果、正力の個人コードネームとして「podam」(英:我、通報す)及び「pojacpot-1」が与えられ、組織としての読売新聞社、そして日本テレビ放送網を示すコードネームは「podalton」と付けられ、この二者を通じて日本政界に介入する計画が「Operation Podalton」と呼ばれた。これらの件に関する大量のファイルがアメリカ国立第二公文書館に残ることになったen:Psychological_Strategy_Board(アメリカ国立公文書 Records Relating to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53)[24][25]。正力と共に日本のテレビ放送導入に関わった柴田秀利は「pohalt」というコードネームを与えられた。

CIAに正力を推薦したのは、上院議員カール・ムントであるとベンジャミン・フルフォードは主張している[26]

遺訓[編集]

正力は読売ジャイアンツに対して、巨人軍憲章とも呼ばれる遺訓を残している。遺訓は以下の3つ。

  • 巨人軍は常に紳士たれ
  • 巨人軍は常に強くあれ
  • 巨人軍はアメリカ野球に追いつき、そして追い越せ

家族・親族[編集]

正力家[編集]

元々一介の庶民の出だった正力家が富山県射水市屈指の名家として名を成したのは、松太郎の祖父の庄助がこの地に度々災厄をもたらした庄川の氾濫を防いだ功による[10]。江戸嘉永年間(1848年 - 1854年)に庄助の発案になる鉄の金輪(かなわ)は、河川の氾濫で流れた古橋の抗を抜くための道具として卓効を発した[10]。この功により庄助は奉行から苗字帯刀を許された[10]。正力という姓は、この金輪(かなわ)に命名された正力輪から始まっている[10]。正力家が土建請負業として大をなしたのはそれからだった[10]

松太郎の両親はもともと本願寺の熱心な門徒だった[27]。父・庄次郎は毎朝毎晩の勤行をかかさなかった[27]。松太郎の両親への報恩の情はきわめて篤かった[27]
  • 前妻・布久子[28]
警視庁の上層部が正力の将来にいかに属目していたかは、当時の警視総監安楽兼道が妻の兄弟の娘、つまり安楽にとっては義理の姪にあたる前田布久子(鹿児島県出身)と見合いさせ、結婚させたことでもわかる[28]。だが、布久子は一女をなしてまもなく亡くなった[28]。その長女も8歳で早世した[28]
  • 後妻・波満
1895年(明治28年)4月生 -
正力は最初の妻を失って間もなく、千葉県上総湊(現富津市)出身で精華女学校の和裁教諭の吉原波満と再婚した[29]。波満が教鞭をとったのは、同校創始者の勝田孫弥が、波満の実家と縁つづきという関係からだった[29]。勝田はその一方で、元警視総監の安楽兼道とも縁戚にあり、最初の妻を早くに亡くした正力を不憫に思った安楽が、遠い縁つづきの波満を世話したものだった[29]
  • 長男・(第2代讀賣社主、第2代球団オーナー) … 後妻との間の子
1918年(大正7年)10月生 - 2011年(平成23年)8月没
妻峰子の妹は池坊専永夫人の保子である[30]
  • 二男・ … 柳橋の元芸者中村すゞとの間の子
日本テレビの副社長に就任したが最初に断行したことは、同社の役員だった弟の武を、傍系のよみうりランドに追放したことだった[31]。正力から認知され、日本テレビ入りしたものの、武の在社期間はわずか二年にすぎなかった[31]。武はその後、二度と日本テレビに復帰することなく、1985年(昭和60年)五月、五十一歳の若さでこの世を去った[31]。熱望していた結婚は結局叶わず、独身のままの淋しい死だった[31]。武は晩年、自分の人生を呪うように、浴びるほどのをのみつづけた[31]
すゞは美人でもなく、しかも前夫との間の子供もいるいわゆるコブつきで、友人たちの間では、正力ほどの人物がなぜあんな女を、という悪評判ばかり立っていたという[32]
  • 長女・梅子(読売新聞社名誉会長小林與三次の妻)… 後妻との間の子
1920年(大正9年)生 -
小林與三次と梅子のなれそめについて小林によると「ジイさん(松太郎)の姉さんが、テロによるケガの具合を心配して、僕に様子を見に行ってくれ、と頼んできた[33]。それがきっかけとなって、僕が田舎に帰るたび、ジイさんの近況を実家に報告するようになった[33]。そんなことからだんだんと正力家と親しくなった[33]。学費を正力家から出してもらったという話もあるようだが、僕は育英金で学費をまかなったので、正力家からは一銭も出してもらっていない[33]。結婚についてはジイさんから直接話があった[33]」という。
小林與三次の実家について佐野眞一によると「要塞のような正力家の屋敷に比べ、庄川の水べりのすぐそばに建つ小林の生家は見るからに貧相だった[10]。その対照的な光景は、当主を“おやっさん”(親方)と呼ぶ、印半纏(しるしばんてん)の人足が何十人となく出入りしていた正力家の羽ぶりのよさと、その正力家の土建資材を運ぶイカダ舟船頭に過ぎなかった小林の父との境遇の違いを、残酷なまでに見せつけている」という[10]
1923年(大正12年)生 - 2007年(平成19年)9月21日没[34]

正力を演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

  • 自伝 『正力松太郎 悪戦苦闘』 〈人間の記録〉日本図書センター、1999年に復刻
  • 佐野眞一 『巨怪伝 正力松太郎と影武者たちの一世紀』 文藝春秋 1994年、文春文庫 上・下巻、2000年
  • 柴田秀利 『戦後マスコミ回遊記』 中央公論社 1985年、中公文庫 上・下巻 1995年
  • 春名幹男 『秘密のファイル CIAの対日工作』(上下) 共同通信社、2000年、新潮文庫、2003年
  • 神松一三 『「日本テレビ放送網構想」と正力松太郎』 三重大学出版会、2005年
  • 有馬哲夫 『日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」』 新潮社、2006年
  • 有馬哲夫 『原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史』 新潮新書、2008年
  • 有馬哲夫 『昭和史を動かしたアメリカ情報機関』 平凡社新書、2008年
  • 有馬哲夫 『CIAと戦後日本』平凡社新書、2010年
  • Richard Krooth, Morris Edelson, 福来寛(カリフォルニア大学サンタクルーズ校教授)共著"Nuclear Tsunami: The Japanese Government and America's Role in the Fukushima Disaster" Lexington Books, 2011年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5781号、昭和21年4月25日。
  2. ^ 「プロ野球の父」正力松太郎氏 「原子力の父」という一面も│NEWSポストセブン、閲覧2017年6月30日
  3. ^ CIA Records - Name Files
  4. ^ Research Aid: Cryptonyms and Terms in Declassified CIA Files Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Disclosure Acts
  5. ^ ティム・ワイナー「CIA秘録」文藝春秋
  6. ^ 角間隆 (1979). ドキュメント日商岩井. 徳間書店. 
  7. ^ 川端治 (1963). 自民党 その表と裹. 新日本出版社. 
  8. ^ アメリカ国立公文書記録管理局によって公開された外交文書(メリーランド州の同局新館に保管)で正力とCIAの関係が明らかに週刊新潮2006年2月16日号参照
  9. ^ 杉山隆男『メディアの興亡』(文藝春秋、1986年)349ー350頁。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』19頁
  11. ^ 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』23頁
  12. ^ 同級生に河合良成小松製作所会長)、品川主計読売ジャイアンツ代表)など
  13. ^ この時、団体戦で四高は三高に押されて負けムードが漂っていたが、大将である正力が巴投で二段の相手から逆転の一本勝ちをし、四高は優勝した。なお、この時正力自身は白帯だった。
  14. ^ 河合、品川のほか、重光葵(外相)、芦田均(首相・外相)、石坂泰三(経団連初代会長)などが同級。柔道と参禅に打ち込んだ。学業の方はまったく振るわず、試験前になると級友のノートを借りるのが東大時代の正力のならわしとなっていた。品川をはじめとする級友たちの間では、「正力があんなにノートを借りまくるのは、自分が勉強するためではなく、ノートを貸した人間の成績を下げるためなのではないか」という悪評が広がった(佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』25頁)
  15. ^ 記憶を刻む: 正力松太郎(震災当時・警視庁官房主事、後に読売新聞社主)
  16. ^ 巣鴨の正力は、娑婆にいる時と変わらぬ傍若無人ぶりで、同房者や収監者たちを閉口させていた。同房者を迷惑がらせたのは、まず正力の大イビキだった。そのイビキは雷鳴以上で、たまりかねた同房者が下駄で正力の枕下の床板を叩いても一向にやむことはなかった(『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』517-518頁)
  17. ^ a b CIA Operative Daniel Stanley Watson and CIA Informant Hidetoshi ShibataRichard Krooth, Morris Edelson, Hiroshi Fukurai共著"Nuclear Tsunami: The Japanese Government and America's Role in the Fukushima Disaster" Lexington Books, 2011年, p18-
  18. ^ a b 日本 原発災害はCIA冷戦戦略から始まったハンギョレ新聞、2011.10.01
  19. ^ 『支倉事件』は、甲賀が正力の新社長就任に際して1927年に『読売新聞』に連載したもの。なお、登場人物名は仮名となっており、正力は「庄司利喜太郎」、また、被告人の弁護にあたった布施辰治は「能勢弁護士」となっている。
  20. ^ OSS出身で説明会と最も深く関わったのは、X-2部長のジェイムズ・マーフィである。1000万ドル借款をアメリカ政府から取り付けるための交渉など全般を担当する弁護士として日テレに雇われていた。説明会にも主催者として直接関わり、出席もしていた。
    有馬哲夫 『日本テレビとCIA-発掘された「正力ファイル」』 新潮社 2006年10月 pp.14-31.
  21. ^ 日テレで初の地方完全系列局で、務臺光雄が設立に関わった讀賣テレビ放送(読売テレビ。大阪市)の初代会長も務めた。
  22. ^ 2013年5月31日に地上デジタル放送の完全移行に伴い、NHKと他の在京キー局の基幹送信所は東京スカイツリーに再移転した。なお東京タワーは予備送信所としての機能に移行している。
  23. ^ http://www.f.waseda.jp/tarima/NTV%20and%20CIA.htm
  24. ^ Truman Library - Truman Papers: Psychological Strategy Board Files
  25. ^ Foreign Relations of the United States, 1964–1968, Volume XXIX, Part 2, Japan - Historical Documents - Office of the Historian
  26. ^ カール・ムント米上院議員は、「VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)」構想を打ちたて、世界中で広まりつつあった共産主義の撲滅に乗り出した「プロパガンダの雄」である。1951年(昭和26年)8月13日、ムントは「日本全土に総合通信網を民間資本で建設する」と発表した。その翌年、正力はテレビ放送免許を取得、1953年(昭和28年)8月28日、日本テレビが開局した。(ベンジャミン・フルフォード『ステルス・ウォー』 講談社 2010年3月 ISBN 9784062161244, Page238)
  27. ^ a b c d 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』21頁
  28. ^ a b c d 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』27頁
  29. ^ a b c 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』175頁
  30. ^ a b c 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』447頁
  31. ^ a b c d e 佐野眞一著『巨怪伝 下 正力松太郎と影武者たちの一世紀』394頁
  32. ^ a b 佐野眞一著『巨怪伝 下 正力松太郎と影武者たちの一世紀』378頁
  33. ^ a b c d e 佐野眞一著『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』445頁
  34. ^ 関根利子さん死去 よみうりランド社長関根達雄氏の母 共同通信47News 2007年9月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
創設
宇田耕一
日本の旗 科学技術庁長官
初代:1956年5月19日 - 同12月13日
第4代:1957年6月10日 - 1958年6月12日
次代:
石橋湛山(事務取扱)
三木武夫
先代:
創設
宇田耕一
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
初代:1956年1月1日 - 同12月23日
第4代:1957年7月10日 - 1958年6月12日
次代:
宇田耕一
三木武夫
先代:
大久保留次郎
日本の旗 国家公安委員会委員長
第8代:1957年6月10日 - 1958年6月12日
次代:
青木正
先代:
大久保留次郎
日本の旗 北海道開発庁長官
第11代:1955年12月22日 - 1956年12月23日
次代:
石橋湛山(事務取扱)