安部井磐根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安部井磐根

安部井 磐根(あべい いわね、天保3年3月17日1832年4月17日) - 大正5年(1916年11月9日)は、日本の衆議院議員大成会憲政本党)。

経歴[編集]

二本松藩士安部井又之丞の子として生まれる。戊辰戦争の際には、奥羽諸藩の衆議所詰となり仙台白石などを奔走したが、二本松城陥落の際に又之丞は自刃した。

戊辰戦争終結後、若松県に出仕し、少参事、典事を歴任したが、まもなくして辞職した。1874年明治7年)、板垣退助らによって自由民権運動がおこると、これに呼応して一政社という政社を組織した。1878年(明治11年)、福島県会議員となり、議長に互選された。翌年には安達郡長に任命されたが、福島県令三島通庸と対立して辞職した。1886年(明治19年)、再び県会議員となり、議長を務めた。

1890年(明治23年)、第1回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は5回を数え、1902年(明治35年)に引退した。その間、1893年(明治26年)には衆議院議長星亨の汚職に対して弾劾演説を行い、星の除名のきっかけを作った[1]。星の後任の議長に副議長の楠本正隆が昇格すると、安部井が後任の副議長に就任した。

その他、大日本協会を結成し、内地雑居反対論を唱えた。

脚注[編集]

  1. ^ 弘田勝太郎編『帝国議会雄弁史』事業之日本社、1925年

参考文献[編集]

  • 木戸照陽編 『日本帝国国会議員正伝』 田中宋栄堂、1890年

外部リンク[編集]