川崎千春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「川﨑千春」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
かわさき ちはる
川﨑 千春
生誕1903年4月5日(旧暦3月23日)
茨城県
死没 (1991-06-06) 1991年6月6日(88歳没)
東京都千代田区
死因呼吸不全
住居千葉県市川市平田
国籍日本の旗 日本
出身校東京帝国大学経済学部
職業実業家
活動期間1927年 - 1991年
肩書きオリエンタルランド代表取締役相談役
任期京成電鉄代表取締役社長
オリエンタルランド代表取締役社長(1960年7月1日 - )
前任者大山秀雄
後任者佐藤光夫(京成電鉄)
高橋政知(オリエンタルランド)
取締役会京成電鉄
三井不動産
千葉県
子供川崎宏(長男)

川﨑 千春(かわさき ちはる、1903年(明治36年)4月5日1991年(平成3年)6月6日)は、日本の実業家。京成電鉄第5代代表取締役社長京成百貨店代表取締役社長、オリエンタルランド初代代表取締役社長、北総開発鉄道代表取締役社長、成田空港交通代表取締役社長、日本民営鉄道協会会長。日本大学第一学園6代同窓会長。茨城県出身。趣味はゴルフ邦楽、古ヴァイオリン修理。

ディズニーパークの日本誘致を発案した人物であり、東京ディズニーランドの建設計画においても中心となった一人である。京成電鉄でも21年間トップの座に君臨し、京成グループの発展に努めた。

かつて尾張徳川家に仕えた絵師の家系にあって、従兄に川﨑小虎、小虎の長女・川崎すみの夫に東山魁夷、小虎の父方の祖父である川崎千虎、千虎の父である川崎茂春など、親族に多くの画家がいる。千春自身も「油絵で薔薇を描かせたら天下一品というような才能を持った芸術肌の人物」であったという[1]

来歴・人物[編集]

旧制日本大学中学校(現:日本大学第一高等学校)、旧制水戸高校を経て、1927年東京帝国大学経済学部卒業後、創立されたばかりの川崎信託(現:三菱UFJ信託銀行)入社。経理課長だった1939年8月、後藤圀彦に乞われて帝都タクシー(現:帝都自動車交通)に転じる。

京成電鉄社長として[編集]

その半年後の1940年1月、当時の京成電気軌道に会計課長として入社する。

1947年6月取締役、同年9月常務取締役1949年12月専務取締役を経て、1958年11月15日大山秀雄の後を受け、第5代代表取締役社長に就き、1979年までの21年間、社長を務めた。

社長就任中は高度経済成長期の流れに乗り、事業の拡大を図った。沿線外の群馬県洞元湖洞元湖温泉ホテルの開業や、沿線内外を問わず土地や不動産業の業務を拡大させる事で京成グループ全体を発展させ、本業でも新東京国際空港(当時)への新線の建設を行った。

オリエンタルランド初代社長として[編集]

オリエンタルランドの初代社長として、東京ディズニーランドのきっかけを作った人物としても知られる。1958年1月、谷津遊園の拡張で新設するバラ園の為にバラを買い付ける目的(後にこの事業から京成バラ園芸が設立される)でアメリカ合衆国へ渡った際、開業間もないディズニーランドを目にする。そこで強い感銘を受けた川﨑は、ディズニーランドを日本へ誘致することを考え、千葉県我孫子市を中心とした手賀沼地域を候補地として計画したが、合弁会社の経営トラブルや手賀沼の水質悪化が原因で一旦招致を断念した[2]

その後、川﨑は朝日土地興業の丹沢善利社長とともに、親交の深い水高先輩の三井不動産江戸英雄社長に呼びかけて[3]、千葉県浦安沖の土地を開発・活用する会社としてオリエンタルランドを発足させた[4]。同社は当初、丹沢が経営を主導していたが、丹沢が黒い霧事件のうち、武州鉄道事件虎ノ門公園跡地払い下げ疑惑吹原産業手形詐欺事件に関与していることが明らかとなり、朝日土地興業の経営もおかしくなったため、経営の主導権は川崎に譲られた[5]

オリエンタルランドは浦安地区260万坪の埋め立てについて、東京に近いところ約60万坪をレジャー施設にするという条件で、千葉県から埋め立て許可を得ていたため[6]、ディズニーランドを誘致することになるが、1961年1月に川崎はアメリカのウォルト・ディズニー・プロダクションズ(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)を訪問。その後三井物産を通じてアプローチし打診するなど[7]、十数年にわたり、ディズニー側との交渉に取り組んだ。

京成・オリエンタルランド社長から退く[編集]

しかし、第1次オイルショック後は不況も重なり、副業の大いなる不振と行き過ぎた不動産投資、新東京国際空港の開港の遅れなども重なって[8]1978年に京成は無配に転落し[9]、経営危機に陥った。この年には京成社長と兼任していたオリエンタルランド社長から退き、浦安の漁業関係者への交渉で手腕を発揮した高橋政知専務が後任として昇格した[10]。翌年6月27日には京成社長からも退き会長となり、社長には元運輸事務次官佐藤光夫が招かれた。

1983年4月15日、20年来の願いであった東京ディズニーランドが開園した。当時相談役であった川﨑は、グランドオープニングセレモニーに出席して涙ぐんだという。

その後、京成の経営は立ち直り、1990年には復配したが、それに川﨑は関与していない。

1991年6月6日午後3時20分に呼吸不全の為、東京都千代田区の病院で逝去(享年88歳)[11]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ かつて川﨑の部下であった加賀見俊夫がインタビューで証言している。[1]
  2. ^ ディズニーランド逃した我孫子の残念な歴史”. 東洋経済新報 (2019年1月10日). 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ 江戸英雄 1994, p. 213.
  4. ^ オリエンタルランド発足当初は、当地に計画してるレジャー施設の名称として、社名と同じ名前のブランド名を仮称としていた。
  5. ^ 江戸英雄 1994, p. 219.
  6. ^ 江戸英雄 1994, p. 214.
  7. ^ 江戸英雄 1994, p. 220.
  8. ^ ただし、空港開港の遅れは過激派による妨害行為等が理由であり、京成側の責任ではない。
  9. ^ 第二次世界大戦後の1948年以来30年振りの無配であった。
  10. ^ ディズニー側との基本契約が締結されたのはこの翌年であった。
  11. ^ 読売新聞1991年6月7日朝刊 31面

著書[編集]

  • 『これからの京成 日本対談文庫 1965年版 Vol.2』日本通信社、1965年。 

参考文献・出典[編集]

  • 『京成電鉄五十五年史』京成電鉄、1967年6月。 
  • 『現代物故者事典(1991 - 1993)』日外アソシエーツ、1994年5月。ISBN 978-4-8169-1233-7 
  • 江戸英雄 『三井と歩んだ70年』朝日文庫、1994年7月。ISBN 978-4022610270 
  • 『京成電鉄85年の歩み』京成電鉄、1996年。