帝都自動車交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
帝都自動車交通株式会社
Teito Jidōsha Kōtsū Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋1丁目21番5号5階
北緯35度40分55.7秒 東経139度46分37.4秒 / 北緯35.682139度 東経139.777056度 / 35.682139; 139.777056座標: 北緯35度40分55.7秒 東経139度46分37.4秒 / 北緯35.682139度 東経139.777056度 / 35.682139; 139.777056
設立 1938年昭和13年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 1010601027134
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役会長 神子田 健博
代表取締役社長 篠崎 敦
資本金 5億円
売上高 1,649百万円(単独、2018年2月期)[1]
従業員数 2,200名(2012年7月現在、関連会社含む)
決算期 2月末日
主要株主 京成電鉄株式会社 100%
外部リンク http://www.teito-mot.com/
テンプレートを表示
タクシー(クラウンセダン)
ハイグレードタクシー「ていかー」(セドリック)
タクシー(リーフ)
タクシー(クラリティ)
ハイヤー(クラウンマジェスタ)
ハイヤー(レジェンド)

帝都自動車交通株式会社(ていとじどうしゃこうつう、: Teito Jidōsha Kōtsū Co.,Ltd.)は、東京都を中心にハイヤー・タクシー不動産業を運営する事業者である。本社は東京都中央区日本橋東京四社営業委員会の一角であり、丸に帝のマークが目印である。京成電鉄グループに所属する。

歴史[編集]

  • 1938年 - 首都・東京のハイヤー・タクシー会社の整理統合を目的に、京成電気軌道(現在の京成電鉄)が帝都タクシーを設立。
    以降、既存のハイヤー・タクシー会社の買収を重ね、1944年までの第一次統合、第二次統合を乗り切る。
    当時、警視庁は戦時中の統制経済の下、輸送力の維持増強を図るため東京のハイヤー・タクシー会社を一社当たり千台以上保有することを目安に、整理統合を推し進めていたが、結局この一件は私鉄経営で実績のある京成の後藤圀彦東急五島慶太の「両ごとう」の手に委ねるべく、強力に後押しした。このため、一時は日東自動車(現在の日本交通)や国際自動車も帝都と合併寸前まで話が進んでいた。
  • 1943年 - 帝都自動車交通に改称。
  • 1944年 - 荒川相互自動車など9社を吸収合併。
  • 1945年 - 第三次統合で有力会社だった地下鉄系の東京合同自動車他数社の統合に成功。
  • 1957年 - 金星自動車を買収し、のちに第一帝都自動車交通へ改称。
  • 1959年 - 東南タクシー・かもめ交通を買収し、のちにそれぞれ第二帝都自動車交通・第三帝都自動車交通へ改称。
  • 1962年 - 三新自動車を買収。本社を豊島区東池袋へ移転。
  • 1963年 - 第一帝都自動車交通・第二帝都自動車交通・第三帝都自動車交通を帝都タクシーに一本化。
  • 1970年 - 光和交通を買収。
  • 1977年から1980年にかけて、持株のほとんどを保有していた京成電鉄の経営危機に伴い、京成保有株の大部分がハイヤーの大口顧客へ売却され、京成グループから分離。
    (もともと、終戦直後に京成が大手ハイタク会社を持つ理由が薄れたとして持株の放出を決定。結局資本関係は残していたものの、経営上は既に分離していた。)
  • 1979年 - 帝都タクシーを統合。
  • 1980年 - 省エネのあおりで小型タクシー運用開始。当初はコロナその後はマークIIコンフォート(板橋営業所のみクルーが投入され1995年-2000年まで使用していた)。
  • 1994年 - 旧EM無線(後のEM自交無線→現:イーエム無線協同組合)に加盟していた日新交通と営業協力。同時に帯部分をライトグリーンに変更した「帝都グループ」車色を制定し、協力事業者はこの車色を使用する事となる。タクシーは11月よりAT車を投入開始。
  • 1996年 - 大輝交通と営業協力。
  • 1998年10月 - タクシーの100%がAT車化完了。
  • 2000年 - 今度は帝都側が経営危機に陥り、元の親会社である京成が支援を決定。第三者割り当てに応じ、再度資本ならびに経営関係を強化。京成グループに復帰する。同時に池袋営業所を大田区大森に移転。また、子会社の帝都川崎自動車は宮園自動車に売却され「宮園交通」となる。本社を千代田区三崎町から江東区門前仲町に移転。
  • 2001年 - 大輝交通が営業協力契約を終了し、東京無線に移籍。ハイグレードタクシーの「ていかー」を投入(クラウンスーパーデラックスGパッケージセドリッククラシックSV)。
  • 2004年 - 日新交通を完全子会社化、社名を「帝都日新交通」とする。それに伴い車両が東京四社統一車色となったため、帝都グループ車色の運用を終了。一般車(統一車色車)へもハイグレード車両投入開始(車種は「ていかー」と同種)。
  • 2007年 - 中央無線(現:信和事業協同組合)に加盟していた松竹グループ3社(松竹交通・コーディアルタクシー・第四松竹タクシー)と業務提携。松竹グループ3社は帝都グループになる。
  • 2008年 - ホンダ・FCXクラリティ燃料電池自動車)を導入、メーカーの本田技研工業との契約運行でハイヤーとしてモニター運行する。[2]
  • 2009年 - 中央無線に加盟していたムサシ交通・大洋自動車交通と業務提携。同時にタクシーはPASMO加盟店となりPASMOなどの交通系ICカードが利用可能に。また、NTTドコモとその提携会社の電子マネーIDが利用可能になる。
  • 2010年 - 共同無線(現在は日の丸自動車グループ)に加盟していた東京交通自動車と業務提携。
  • 2011年 - 荒川営業所を廃止。日産・リーフを導入。
  • 2012年 - 日暮里営業所を開設。場所は旧荒川営業所と同じ。参照トヨタ・プリウスを導入。ハイヤー虎ノ門営業所と大森案内所、タクシー千住営業所を廃止。元共同無線の平安交通と業務提携。
  • 2013年 - ハイヤーのホテルニューオータニ案内所を廃止。
  • 2015年 - 日本橋一丁目東地区再開発事業のため本社機能を江東区門前仲町から現在地へ移転。ただし無線センターは門前仲町に残留。
  • 2016年 - 日の丸自動車交通の営業権及び資産の一切を譲受し、帝都葛飾交通を設立。
  • 2017年 - ホンダ・クラリティ フューエル セルをタクシーとして導入[3][4]

タクシー車両の塗装[編集]

タクシー車両は黄色の東京4社色と濃紺色(ていかー)の2種類が存在する。黄色の車両の帯は帝都自動車交通本体および帝都日新交通、帝都あたごタクシーがボディ側面とボンネットからトランクにかけての赤帯となっており、他の提携会社はボディ側面のみの赤帯でボンネットからトランクにかけての赤帯は入っていない。

営業所 (車庫) の所在地[編集]

ハイヤー[編集]

タクシー[編集]

グループ・営業提携会社[編集]

特別区・武三交通圏内[編集]

コーディアルタクシー
社名 表記 営業所 備考
四社色
(一般車)
濃紺色
(ていかー)
帝都葛飾交通 (注1) TEITO KATSUSHIKA 葛飾区白鳥 帝都直系
旧京成タクシー→日の丸自動車交通
帝都日新交通 TEITO 日新
(注2)
TEITO NISSIN 大田区萩中 帝都直系(注3)
コーディアルタクシー CORDIAL TAXI 板橋区舟渡 旧松竹グループ
ムサシ交通は旧・第二松竹タクシー
松竹交通 SHOCHIKU KOUTU 板橋区舟渡
第四松竹タクシー DAIYON SHOCHIKU 北区浮間
ムサシ交通 MUSASHI KOUTU 練馬区関町北
大洋自動車交通 TAIYO TAXI 本社営業所:北区岸町
羽田営業所:大田区東糀谷
東京交通自動車 TOKYO KOUTSU 足立区千住曙町
平安交通 HEIAN KOTSU 荒川区町屋
  • 注1:帝都葛飾交通には2018年1月現在四社色は存在しない(一般車も濃紺色)。また、日の丸自動車交通時代に黒だった車両は黒のまま使用。
  • 注2:帯の下の帝都の社章の横の帝都(帝○都)が日新(日○新)になっている。
  • 注3:帝都直系の事業者は本体同様ボンネットからトランクにかけて帯がある。また、営業提携会社と違い京成グループとしても扱われている。

東葛交通圏内[編集]

社名 表記 営業所 備考
四社色
(一般車)
濃紺色
(ていかー)
帝都あたごタクシー 帝都 あたご
(注4)
あたごタクシー 千葉県野田市野田 帝都直系(注3)
  • 注4:帯の下の帝都の社章の横の帝都(帝○都)が帝都あたご(帝都○あたご)になっている。また、通常前輪と前扉の間にあるTAXIの表記が前扉の帯中央のTEITOと書かれるべき位置にあり、本来TAXIの表記がある位置に帰庫地表記がある。

タクシー以外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第115期決算公告、2018年(平成30年)6月5日付「官報」(号外第120号)96頁。
  2. ^ [1]
  3. ^ “燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」のタクシー運用を開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年5月18日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170518.html 2017年6月18日閲覧。 
  4. ^ “都内初導入 Hondaの燃料電池自動車をタクシー車両に本格普及に向け走行データの収集に寄与” (pdf) (プレスリリース), 帝都自動車交通株式会社, (2017年5月18日), http://www.teito-mot.com/console/wp-content/uploads/2017/07/afc6ee14ffccdfc56960c7b44814b6e0.pdf 2018年6月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]