日産・リーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
現行(2代目 ZE1型)リーフ

リーフLEAF )は、日産自動車2010年から販売している5ドアハッチバック型の電気自動車である。

概要[編集]

充電中の初代リーフ

リーフは2010年12月より日本およびアメリカ合衆国で販売が開始され、他にも欧州市場、中国市場などに投入されている。

2017年9月6日に、2代目へのフルモデルチェンジを発表した。

歴史[編集]

型式のZEはZero Emissonの頭文字から取られている。

初代 ZE0型(2010年-)[編集]

2009年8月に発表され、2010年12月に発売となった。日本、アメリカ、ヨーロッパをはじめ、グローバル市場に投入されており、2014年1月には世界累計販売台数10万台を[1]、2015年12月には世界累計販売台数20万台達成している[2]

2代目 ZE1型(2017年-)[編集]

日産・リーフ(2代目)
ZE1型
G
Nissan LEAF G (ZAA-ZE1).jpg
Nissan LEAF G (ZAA-ZE1) rear.jpg
Nissan LEAF G (ZAA-ZE1) interior.jpg
製造国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
販売期間 2017年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 FF
-自動車のスペック表-

2017年6月23日に、公式発表に先駆けて2代目リーフのティーザーキャンペーンが開始された[3]

プラットフォームとフロント左右ドアは初代ZE0型のキャリーオーバー。今回のフルモデルチェンジによりバッテリースペース確保を行い、更に大容量バッテリーモデルをラインナップに加える予定で、現行型と同じく2種類のバッテリー容量から選択できる。 上級仕様の新型リーフは具体的には現在のモデルの倍となる60kWh駆動用バッテリーを搭載し、 JC08モード550kmとなる予定。エントリーモデルも容量アップをし48kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モード400kmとなる[4]。また、アクセルペダルのみの操作で、発進、スピードアップ、スローダウン、停止保持が可能な「eペダル」[5]や、国産車初の本格的自動駐車システムでアクセル、ブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキまでを自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載する[6]

公開前の8月5日、新型リーフの車体の画像が追浜工場よりTwitter上で流出した。すでにアカウントは削除されているが、画像を公開した人物は新型リーフの画像と共に「私は日産系の職場に勤務しているのですが、追浜工場の検査ラインで新型リーフ発見しました!」とツイートし、多く拡散された[7]。自身の生年月日や勤務先等かなり多くの情報を公開してのリークになっているため、アカウント主の今後を心配する声も多く上がっている[8]

2017年9月6日にフルモデルチェンジを公式発表し、同年10月2日に日本で発売を開始することを発表したが、後に発覚した完成検査員不正問題により納期に遅れが生じている。なお、大容量バッテリーモデルの追加設定や、海外(米国・カナダ・欧州)へのデリバリーは2018年予定とアナウンスされた[9]

車名の由来[編集]

車名の「リーフ(LEAF)」は、英語で「」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化することから車名に選ばれた[10]。しかし、アメリカやドイツなどでは「LEAF」という名が他社によって既に商標登録されていたため、それらの企業と交渉して商標権利を取得し、世界統一名としている[11]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]