日産・シルフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産・シルフィ
NISSAN SYLPHY logo.png
NISSAN SYLPHY TB17 04.JPG
3代目
販売期間 2000年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF、4WD
先代 日産・ブルーバード
日産・プレセア
日産・パルサー
別名 日産・ブルーバードシルフィ(初代、2代目)
日産・サニー(初代)
ルノーサムスン・SM3(初代)
ルノー・スカラ(初代)
日産・アルメーラ(2代目)
日産・ブルーバード(2代目)など
テンプレートを表示

シルフィSYLPHY)は、日産自動車セダン乗用車である。初代と2代目は日本国内においてはブルーバードシルフィBLUEBIRD SYLPHY )の名で生産・販売した。

概要[編集]

初代G10型は、東南アジアなどではB14型サニーのモデルチェンジ版としてサニーまたはセントラの名で販売され、韓国ではルノーサムスン・SM3/SM3 CEならびにそのOEM版であるルノー・スカラとしてライセンス生産されていた[1]

2代目G11型は、日本ではブルーバードシルフィ、中国ではシルフィ(のちにシルフィクラシック)、台湾ではブルーバードロシアではアルメーラとして各地で販売・生産されていた(されている)。また、東風汽車のブランド「風神」では内外装を大幅に改良した上で「A60」の名で現在も販売されている。

3代目B17型は、主として北米向けのセントラならびにブルーバードシルフィ/シルフィ、ティーダラティオが統合する形で販売され、市場によって複数の車名を名乗る。

2000年8月に「ブルーバード・シルフィ」として初代G10型が発売。サニーをベースに開発され、それまでの「パルサー」、「プレセア」との統一後継車種としての位置づけで登場した。ブルーバードの名があるが、2001年8月まではブルーバード(10代目)と並売されていた。G10型シルフィはブルーバードの名が入る車としては11代目となる。このモデルは当時のガソリン車としては驚異的な排出ガス低減性能を誇った。

2005年12月にはフルモデルチェンジでG11型となり、5ナンバーサイズをキープしながらも大型化を図った。先代モデルの不評点であった室内空間の狭さを克服し、Lサイズセダンにも劣らない室内空間を実現した。ライバルはトヨタ・プレミオコロナの後継車)であり、ボディサイズもホイールベースも同様となり、1960年代~1970年代にしのぎを削ったライバル関係が復活している。

2012年12月のフルモデルチェンジでは従来以上に世界戦略車としての使命が与えられたため、ついに全幅が1,700㎜を超え、3ナンバーサイズへと進化。同時に、同一ボディのまま北米市場やアジア/オセアニア市場等、世界各国で販売されることとなった。型式もそれまでのG1#型からサニーやセントラの流れを汲むB1#型に編入され、B17型を名乗ることになった。日本市場においてはブルーバードの名が外れ、単にシルフィを名乗ることになったのもこの型からである。

日産車のチューニングを得意とするホシノインパルでは、「シルフィは地味だけどキッチリと真面目に作られたクルマ。なかなかの実力だし、インパルのコンプリートで渋く乗ってもらいたい」という星野一義の提案[2] で、G11型をベースにかつてのブルーバードのスポーツグレード「SSS(スリーエス)」をモチーフにした「IMPUL BLUEBIRD SSS」を開発・発売している(部品のみならず、過去には完成車両としての販売も行っていた)。同車両は仕様によっては外装のみならず、エンジンや足回りにまで手が加えられる本格的なものとなっている。この流れは次代・B17型にも継承され、「IMPUL SYLPHY」としてエアロパーツも用意されている[3]

歴史[編集]

()内は初代ブルーバードからの合算

初代(11代目) G10型(2000年-2005年)[編集]

日産・ブルーバードシルフィ(初代)
FG10/QG10/QNG10/TG10型
前期型18Vi(2000年8月-2003年2月)
2000-2003 NISSAN BLUEBIRD SYLPHY.jpg
後期型18Vi(2003年2月-2005年12月)
2003 NISSAN BLUEBIRD SYLPHY.jpg
販売期間 2000年 - 2005年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン QG15DE 1.5L 直4 105ps→109ps
QG18DE 1.8L 直4 FF120ps、4WD115ps→117ps
QR20DD 2.0L 直4 150ps
駆動方式 FF/4WD
変速機 ハイパー CVTM6→ハイパー CVT
4速AT (E-ATx)
5速MT
サスペンション FF車
前: 独立懸架ストラット式
後: マルチリンクビーム式
4WD車
前: 独立懸架ストラット式
後: 独立懸架パラレルリンクストラット式
全長 4,470mm
全幅 1,695mm
全高 1,445mm (FF)
1,475mm (4WD)
ホイールベース 2,535mm
車両重量 1,110 - 1,270kg
先代 日産・ブルーバード
日産・プレセア
日産・パルサー
プラットフォーム 日産・MSプラットフォーム
-自動車のスペック表-

顧客層のターゲットを子育てを終了したポスト・ファミリー層[4]、具体的には40-55歳のミドルエイジに設定した(2000年当時)ため、内外装は同社のB15型サニー同様、非常に保守的なデザインを採っている[5]。このため、中級車には珍しく黒塗りの公用車・社用車仕様も存在する。搭載するエンジンは全て直列4気筒DOHCガソリンエンジンであり、直噴のQR20DD型、北米向け「セントラCA」と同じQG18DE型、そしてQG15DE型の3機種。4WD車にはQG18DE型が搭載される。

車名こそ「ブルーバード」の名が付くが、当初は消滅が決定していたパルサーに代わるラインナップ拡充策として、サニーがベースのブルーステージ専売新規車種という形で開発されていた。その一方で、U14型で主要メカニズムを共用したプリメーラの大型化(Dセグメントへの移行)と同時にブルーバードの開発は凍結。しかし、販売サイドや顧客からはブルーバード廃止の反対意見が多く、やむなく新規車種にその名を充てることとなった[6]

そうした経緯から、エンジンの排気量も先代のブルーバードと同じ1,800ccクラスをメインストリームとしたものの、車体はサニーなどに用いられるMSプラットフォームを採用し[7] 、N16型アルメーラをベースに前後のデザインを上級車種であるセフィーロに似せたもので、車体寸法は1つ下のクラスのものとして設計されている。Dセグメントだった従来のブルーバードから見るとCセグメント車格がダウンしたこと[注 1] になる。ホイールベースもサニーと同じであるシルフィは、車格やそのホイールベースの短さ(2.535mm)に起因する室内空間の狭さが要因となり大ヒットとはならなかったが、排ガス性能の高さや上質さを誇示したことによりこの当時の日産セダンの中では比較的堅調な売れ行きを示した。シートおよびドアトリムの生地のイメージは屏風をイメージして設計された。

発売当初はセカンドネームの「シルフィ」を強調するエンブレムが後部に取り付けられていたが、2001年8月のマイナーチェンジで「ブルーバード」と「シルフィ」の文字が同じ大きさとなり、2003年2月のマイナーチェンジで「ブルーバード」の文字が大きくなった。

1.8L・2WD車の排出ガス性能は当時のガソリン車としては突出して高く、炭化水素NOxの排出量は平成12年規制75%低減レベル(Stars330.svg)のさらに半分であった。さらに、シルフィと同型の1.8Lエンジンを搭載する北米仕様セントラCAカリフォルニア州で最も厳しい排ガス基準であるOBDII基準で電気自動車と同等の認定を受けており[8]、シルフィについてもそれと同程度の排出ガス性能を実現した。また、1.8Lエンジン搭載車については、当時のハイブリッドカーよりも高い排出ガス性能を誇り[9]、都市部で走行した場合の排出ガスはその空気よりもきれいなほどであった[10]

年表[編集]

  • 2000年
    • 8月30日 - 発売開始。
      排気ガスがクリーンなのも売りで、1.8L・2WD車はガソリン車としては日本初の「超-低排出ガス(★★★)」認定を取得した(1.5L車と1.8L・4WD車も「良-低排出ガス(★)」認定を取得)。
      グレード構成は1.5L車は「15i」・「15i Gパッケージ」、1.8L車は「18Vi」・「18Vi Gパッケージ」及び4WD車「18Vi-4」、2.0L車は「20XJ Gパッケージ」の6グレードを設定。「20XJ Gパッケージ」には15インチアルミホイールが、「18Vi」系には15インチフルホイールカバーが、「15i」系には14インチフルホイールカバーが装着され、15インチアルミホイールについては他グレードにもオプション設定された。また、サイドガードモール、バンパーモール、リヤライセンスプレートフィニッシャーには「15i」系を除きメッキ仕様となった。また「20XJ Gパッケージ」には6速マニュアルモード付きCVT「HYPER CVT-M6」が装備されていた。
      オーテックジャパン扱いの福祉車両「ライフケアビークル」には「18Vi」をベースに、助手席回転シートを装備した「アンシャンテ」が設定された。
  • 2001年
    • 3月15日 - オーテックジャパン扱いの福祉車両「ライフケアビークル」に手動運転装置「オーテックドライブギア」を装備した「ドライビングヘルパー」を発売。
    • 4月12日 - 法人向けグレード「ベーシックパッケージ」を発売(1.5L車と1.8L・2WD車に設定)。
      なお、このモデルは2003年2月以降の後期型にも設定される。
    • 10月29日 - 特別仕様車「18Vi Gパッケージ リミテッド」、「18Vi-4 リミテッド」を発売。
      「18Vi Gパッケージ」・「18Vi-4」をベースに、共通でUVカット断熱グリーンガラス(リアドア・リア)を装備するとともに、前者にはフロントバンパー組込フォグランプ、オーバーヘッドコンソール、マルチリモートエントリーシステムを、後者にはフロントUVカットグリーンガラス、ファインビジョンメーター、リモートコントロールエントリーシステムをそれぞれ装備した。
      なお、本グレードからリアの車名エンブレムが変更となっている。
    • 10月31日 - オーテックジャパン扱いの「教習車」を設定。
      搭載するエンジンはQG15DE型で、5MTと4ATが組み合わせられる。マニュアルミッションはローギア化され、パワーステアリングオイルクーラーを設定する等、教習車専用装備がなされている。
      なお、2003年2月以降の後期型にも教習車の設定がある。
    • 12月21日 - 特別仕様車「18Viリミテッド」を発売。
      「18Vi」をベースに、UVカット断熱グリーンガラス(リアドア・リア)、リモートコントロールエントリーシステム、マップランプを装備。ボディカラーには専用色の「シャンパンシルバーメタリック」を設定した。
  • 2002年
    • 4月 - 仕様変更。
      ボディカラーの「ミスティグリーンメタリック」に替わり、特別仕様車の「リミテッド」の専用色だった「シャンパンシルバーメタリック」を追加した。
    • 9月 - 韓国、ルノーサムスン自動車が「SM3」の販売を開始。
  • 2003年
    • 2月12日 - 大幅なマイナーチェンジが行われる。
      フロントグリル・バンパー、テールランプなどのデザインが大幅に変更され、1.5L・2WD車も「超-低排出ガス(★★★)」認定を取得しCIが現行のものに変更された。また、新設計となったリアコンビネーションランプについては、同年の2月3日に先行発売された上級車種のティアナに似せたデザインとなった。また、ホイールおよびホイールカバーも新設計され、15インチアルミホイールにはティアナに設定されている16インチアルミホイールのデザインを模したものが、14インチホイールカバーにはY11型ウイングロード後期型やB15型サニー後期型に採用されるものと同じデザインのものが採用された。4WD車用QG18DEエンジンが、連続可変バルブタイミング(CVTC)化される。グレード体系は前期型と同一ながら、「15i Gパッケージ」・「18Vi Gパッケージ」・「20XJ Gパッケージ」はグレード名称を「15i-G」・「18Vi-G」・「20XJ-G」に改めた。
      なお、15ベーシックパッケージと15iのMT車を除く全車のパーキングブレーキは足踏み式となり、「20XJ-G」のCVTはマニュアルモードなしの「HYPER CVT」になった。
    • 4月 - 上海モーターショーにG10型ブルーバードシルフィ前期型をベースとする中国向け「サニー(陽光)」を出展。直列4気筒 2.0Lエンジンに4速ATおよび5速MTを組み合わせる。
    • 5月8日 - 70周年記念特別仕様車「18Vi 70th」、「18Vi-4 70th」を発売。
      「18Vi」・「18Vi-4」をベースに、DVDナビゲーションシステム+バックビューモニター、上級シート生地&トリム(ファインジャカード織物)、フロントバンパー組込みフォグランプ、ETCユニットを装備。
    • 7月 - 中国にて「陽光」の生産を開始。日産と東風汽車との合弁会社東風汽車有限公司で生産される。=日本語訳でサニー
    • 10月22日 - 70周年記念特別仕様車第2弾となる「70th-II ナビパッケージ」を発売。「18Vi」・「18Vi-G」・「18Vi-4」をベースに、室内環境パッケージ(プラズマクラスターイオン付エアコン、IR/UVカットグリーンガラス(フロント)、消臭天井)、DVDナビゲーションシステム+バックビューモニター、フロントバンパー組込フォグランプを装備し、キーを1個追加。
      併せて、「18Vi-4」にはDVDナビゲーションシステム+バックビューモニターを省き、キーを通常数とした「70th-II」も設定される。
    • 12月25日 - 日本で初めて「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆) 」の認定を受ける。
      併せて、70周年記念特別仕様車「18Vi 70th-II」・「18Vi-4 70th-II」を発表(2004年1月20日販売開始)。特別装備内容は先に発売された「18Vi-4 70th-II」と同等である。
  • 2004年
    • 4月 - 仕様変更。
      カタロググレードの「18Vi」・「18Vi-G」も「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆) 」認定を取得するとともに、「15i」・「15i-G」は「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆) 」認定を取得した。
    • 12月 - 仕様変更。
      ボディカラーに「ウォーターブルーメタリック」を追加。
    • 12月16日 - 特別仕様車「ナビエディション」を発売(2005年3月までの期間限定販売)。
      「18Vi」・「18Vi-G」・「18Vi-4」をベースに、DVD方式のナビゲーションシステム、バックビューモニター、マルチリモートコントロールシステム(リモコンキー2本)を装備。
  • 2005年
    • 4月27日 - 特別仕様車「プレミアムインテリア」を発売。
      「18Vi-G」・「18Vi-4」をベースに、シートとドアトリムにカフェラテ スウェード調織物、ラジエーターグリルにシャンパンクローム、フロントサイドターンランプにシャンパンを採用。

サニーネオ/セントラ[編集]

サニーネオ

タイではブルーバードシルフィをサニーネオSUNNY NEO )の名称で販売していた。日本仕様との違いとして、フロントマスク・ヘッドライトのデザインが大幅に変更されている。なおリアデザインは後期型シルフィと共通となっている。

中国仕様のサニー陽光のデザインはブルーバードシルフィ前期型と同一であったが、のちにマイナーチェンジによりサニーネオと同一のデザインとなった。

マレーシア台湾ではセントラの名称で販売されていた。

パルサー[編集]

パルサー

オーストラリアではパルサーPULSAR )の名称で販売していた。日本仕様との違いとして、フロントグリルやバンパー、リヤコンビネーションレンズのレイアウトが変更されているが、リアデザインは前・後期ともシルフィとほぼ共通となっている。

ルノーサムスンSM3[編集]

SM3 前期モデル
SM3 後期モデル
日産 アルメーラクラシック

上述の通り、韓国・ルノーサムスン自動車が初代をベースに開発・生産したモデル。前期モデルは細部を除いてベース車とほぼ同じだが、後期モデルは別モデルと見まがうほどアウターパネルが大幅に変更されている。のちに、日産・アルメーラクラシックとしてロシアなどにも輸出された。

ルノースカラ[編集]

スカラ

初代ルノー・スカラはルノーサムスンSM3の後期モデルを新興国向けにリバッジされて販売されたものであり、メカニズムも含めてSM3との差異は殆どない。

2代目(12代目) G11型(2005年- )[編集]

日産・ブルーバードシルフィ(2代目)
G11/NG11/KG11型
前期型(2005年12月-2009年5月)フロント
NISSAN BLUEBIRD SYLPHY G11.jpg
前期型リア
NISSAN BLUEBIRD SYLPHY G11 rear.jpg
後期型(2009年5月-2012年12月)フロント
Staff officer SymbolMark.jpg
販売期間 2005年 - 2012年(日本の場合)
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン HR15DE 1.5L 直4 109ps
MR20DE 2.0L 直4 133ps
HR16DE 1.6L 直4(中国仕様)
駆動方式 FF/4WD (e-4WD)
変速機 エクストロニックCVT
4速AT (E-ATx)
5速MT(中国仕様)
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム
全長 4,610mm
4,665mm(中国仕様後期型)
全幅 1,695mm
1,700mm(中国仕様後期型)
全高 1,500mm
1,510mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,160 - 1,280kg
開発責任者 松本 秀二
デザイナー 中島 敬
-自動車のスペック表-

ティアナティーダに続く日産モダンリビングコンセプト第3弾であり、モダンリビングコンセプトを謳う商品としては最後のモデルとして、ティアナの発売後、ティーダの開発終了前に開発が開始された[11]グランドピアノモチーフとしたダッシュボードや、日産が「Sモーション」と呼ぶS字曲線を全体に取り入れたエクステリア、「シェルシェイプデザイン」とよばれる、二枚貝が口を開いた形をイメージしたというシート形状などが採用される。また、給油口は他のアライアンスプラットフォーム採用車同様に右側となった。月間販売目標台数は3,000台と発表されている。

プラットフォームにはBプラットフォームが採用されるが(それに伴ってPCDも先代の114.3/4Hから100/4Hに変更)、フルCセグメント級の車格に相当するにもかかわらず、マーチなどと共通のプラットフォームを用いたのは、日産がプラットフォームの使い分けの基準を主に重量や荷重としているためである[12]。なお、フロアパネルの一部や、サスペンションの構成パーツであるスプリング、ダンパー、ブッシュなど以外は基本的に他のBプラットフォーム採用車との共通部品となっている[13]。しかし、サスペンション周りやトランク開口部の強化により、Bプラットフォーム採用車の中ではボディ剛性が最も高く[14]、捩り剛性については同社の高級車、フーガ並みとした[4]。また、ショックアブソーバーにはティーダにも採用されたリップルコントロールやリバウンドスプリングのほか、新たにプリロード付きダンパーバルブが採用され[4]、走行安定性を向上させた[14]

全長を大幅に延長し、先代モデルと比べホイールベースを165mm延長したことで、先代の不評点であった室内の狭さを克服しただけではなく、圧倒的な室内空間を確保することに成功した。想定ユーザーは主に40代の女性とされ(2005年当時)[15]、家庭での車選びで「発言力」の強い40代の女性に受けるよう、高級感のあるデザインの内外装と、シーマ以上の脚部スペースをもった後部座席など室内の広さを重視した造りとなっている一方で、センターコンソールはハンドバッグがそのまま入る超大型とし、付属のリッドが180度回転して後席用テーブルとしても使用できる「スーパーマルチコンソール」やオートドライビングポジション機構付の運転席パワーシート、プラズマクラスター内蔵のインテリジェントオートエアコン、アクティブAFSキセノンヘッドランプ、カーテンシールドエアバッグなど女性と安全にきめ細かく配慮したアイテムを盛り込んだ。

また、従来のベースグレードであった1.8Lエンジンを積むものが廃止され、2LのMR20DEと1.5LのHR15DEの2種類のエンジンを積み、トランスミッションは2Lがジヤトコ製エクストロニックCVTe-4WDを含む1.5Lにはフルレンジ電子制御4速オートマチック (E-ATx) が採用された。

同じくコンパクトセダンクラスに属していたシビックは衝突安全性と室内幅を両立するために3ナンバーサイズのミドルセダンクラスへと移行したが、シルフィもミドルクラスへ移行しつつも、3ナンバーサイズに対して「日本の狭隘な道路では運転しにくい」というイメージを抱く顧客層が少なくない観点から、5ナンバーサイズをキープした[16]

日本と台湾においては2012年、2013年にそれぞれ生産・販売が終了しているが、2017年2月現在、中国市場においては「シルフィ クラシック(軒逸 経典)」の名で[17]、ロシア市場においては「アルメーラ」[18](型式はB11)の名でそれぞれ販売が続けられている。また、東風日産汽車のパートナーである東風汽車においては、シルフィ クラシックとは別に内外装の一部を独自にアレンジした自社ブランド車「風神・A60」として販売されている。

インテリア[編集]

先代から延長したホイールベースと、プラットフォームのフロントのレイアウトを非常にタイトとするという特性を生かし、室内空間を大幅に拡大した[12]。その後席ニールームは同一ホイールベースのトヨタ・プレミオ/アリオンよりも70mm以上広く、先代シルフィよりも141mm長い[19]。さらに、レッグスペースは同社の最上級車であるプレジデントやシーマ、さらに当時販売されていたトヨタの高級車セルシオをも凌ぐ[14] ため、日産のセダンとしてはフーガに次ぐ後席スペースを持つ。ただし前席についてはプラットフォームの性質上フットスペースなどが若干狭くなっている[12]

また、室内高については、目線を下げて車内でのコミュニケーションが行えるよう、1クラス下のティーダラティオやティーダよりも低めに設定された[11]

グレード構成[編集]

グレードには、ベースグレードの「20S」、中間グレードの「20M」、オートドライビングポジションシート等が標準装備される最上級グレードの「20G」、エコノミーグレードで、より低燃費のHR15DEを搭載する「15S」があり、4輪駆動モデルのみの1.5L「15M FOUR」も存在する。オーテックジャパン扱い特別仕様車の「AXIS(アクシス)」)はFF・2Lの「20S」をベースとするが、本革シート、専用デザインのクロームグリル、フロントバンパープロテクタ、専用意匠の16インチアルミホイール[20]、専用意匠のセンタークラスター等が専用装備として備わる。また、助手席バニティミラーや運転席シートバックポケット、アイボリーメーターなど「20M」以上に付く装備も一部特別に装着しており、ベースグレードにはない運転席パワーシート装着車も設定する[21]。さらに前期型には法人向けグレード「Brougham(ブロアム)」も用意された。このグレード名称は旧セドリック / グロリアの上級グレードの名称であり、当初ブロアムは現行(Y31型)セドリック営業車に替わり法人向けの送迎用、及び法人タクシー用に販売されるものと見られたが、主に法人向けの社用車に販売され、一方、中型タクシー用にセドリック営業車の販売が継続されている[22]。また、「ブロアム」には専用の「Brougham」エンブレムやカッパークリア塗装フロントグリル・トランクフィニッシャー、シャンパンゴールド塗装15インチフルホイールカバー、純正装着サイズのテンパータイヤが採用された。尚、「AXIS」「Brougham」ともに日本市場専用設定である。

年表[編集]

  • 2005年
    • 10月 - 第39回東京モーターショーに「ブルーバードシルフィ プレビュー」として参考出品。
    • 12月21日 - フルモデルチェンジ。初代ブルーバードから数えて12代目に当たる。
      当初はブルーバードの名前がなくなり「シルフィ」のみになることが有力とされていた。これは日産でもここ最近「セドリック」、「グロリア」、「ローレル」、「サニー」といったビッグネームが消滅するなど近年自動車業界でビッグネームの消滅や、サブネームがメインネームに昇格するということが多い傾向にあった上、女性を意識した商品戦略の場合、短いネーミングの方が名前を覚えてもらいやすいためである。
      ところが東京モーターショーにて「ブルーバード・シルフィ」の名前で出品され、ビッグネームが存続するという結果となった。しかし、CMやカタログなどでは「シルフィ」の呼称のみが用いられる。
      2代目は消え行くプリメーラの吸収も視野に入れて発売されることになり、車体寸法が大きくなった。このため、先代ブルーバードとサニーの中間の全長であった初代シルフィから従来のブルーバードと同等以上の全長となった。ただし三代目プリメーラと違い、5ナンバーとなる車幅は堅持されており、国内で根強い5ナンバーのミドルクラスセダンへの需要にもしっかりと応えている。
      また、最上級グレードの「20G」には16インチアルミホイールが標準装備されるが、他のグレードにはフルホイールカバーが設定され、アルミホイールは「20G」を除く2Lエンジン搭載車のみにオプション設定される。生産は九州工場から追浜工場に移管された。
  • 初代モデルとは異なり教習車は設定されていない。
    教習車仕様については、のちにクルー教習車も廃止され、一時期は日産のラインアップから消えていた。しかし、2008年9月にラティオ教習車が発売され復活した。
  • 2006年
    • 4月27日 - 特別仕様車「モダンコレクション」を発売。
      「20M」・「15M FOUR」をベースに、ワイマラナーインテリア、本革巻木目調コンビ3本スポークステアリング、木目リヤカップホルダーを装備した。
    • 8月24日 - 中国で「シルフィ」(中国名「軒逸」)の名称で発売開始。
      当初は「サニー」(中国名「陽光」、G10型ブルーバードシルフィ)との併売となった。この他、シンガポールでも「シルフィ」として発売されている。
    • 12月27日 - 台湾で「ブルーバード」として販売開始(但し、トランク上のエンブレムは日本と同じで「BLUEBIRD SYLPHY」となっている)。
      台湾仕様車はMR20DE型エンジンのみを搭載し、本皮革シートやサンルーフなどのオプションを設定している。
  • 2007年
    • 1月31日 - 特別仕様車「ナチュラルリミテッド」を発売。
      「20M」・「15M FOUR」をベースに、出光テクノファインが開発した「アミノファイン」を採用した「HADASARA」加工クロス(シート、ヘッドレスト、コンソールリッド、ドアクロス、ドアアームレスト)、ナチュラルベージュの専用内装色、インテリジェントエアコンシステム+高性能フィルター(「20M」は高性能フィルターのみ)、木目調リヤカップホルダーを装備した。
    • 5月16日 - 一部改良。
      「20G」に濃色ガラス(UVカット、リアドア・リアサイド・リアウィンドウ)、「20M」にバンパー組込みフロントフォグランプをそれぞれ追加し、特別仕様車「ナチュラルリミテッド」で採用した「HADASARA」加工クロスを同仕様のベースグレードにあたる「20M」・「15M FOUR」及び「20G」に採用し、インテリジェントエアコンシステムは「15S」を除く全グレードに拡大適応した。ボディカラーは「ミスティラベンダー」を廃し、代わりに「アメジストグレー」を追加。また、従来は専用カタログだったブロアムはこの改良を機に通常版カタログにひとまとめとされた。
    • 10月29日 - 特別仕様車「20S クールモダン」を発売。
      「20S」をベースに、フロントグリルとヘッドランプインナーパネルに濃色グレー塗装を、インストルメントパネル・センターコンソール・ドアトリムフィニッシャーにアルミヘアライン調を、センタークラスター・シフトノブ・ステアリングフィニッシャーにシルバー加飾をそれぞれ施し、よりスポーティな印象とした。なお、「クールモダン」は2009年5月以降の後期型同様、フロントのウインカーレンズがアンバー色に変更されていたが、後期型には設定されなかった。
  • 2008年
    • 10月1日 - 一部仕様向上。
      「アクシス」を含めた全車にインテリジェントキー+エンジンイモビライザーが標準装備となり、オプション設定のカーウイングスナビゲーションシステムはETCユニットがセットされた。
  • 2009年
    • 4月8日 - 中国向け仕様がマイナーチェンジ。
      フロントグリルのデザイン、テールライトの形状が変更され、フロントバンパーも後期型フーガ風のものに交換された。また、フロントのウインカーレンズ色がアンバー色に変更された。新たに1.6Lエンジン搭載車に5速マニュアルトランスミッションを採用したグレードが追加された[23]
    • 5月27日 - 日本国内仕様をマイナーチェンジ。
      フロントのターンレンズ色を中国仕様車同様のアンバー色とし、センタークラスターのデザインをめっき枠付きのものに変更。ボディカラーはローズレッド、セシルブルー、アメジストグレー、ダイヤモンドシルバー、シルキーベージュの5色を廃止し、ダークブルー、タイタニウムグレー、スチールブルー、フランボワーズレッド、ブリリアントシルバーの新色5色を採用する大幅な入れ替えを実施(ホワイトパールとサファイアブラックは継続)すると同時に、従来はボディカラーに関係なく「ブラック」と「サンドベージュ」から選択出来たインテリア色は組み合わせが制限されるようになった。装備ではメーターのデザインが一新され、燃費表示機能がついた液晶オド・ツイントリップメーターを装備する。
      オプションメニューには地デジ内蔵・HDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムとディスプレイ付CD一体AM/FMラジオ+バックビューモニター(20Gは標準装備)を追加。
      同時に、これまで標準装備としていたインテリジェントエアコンシステムは20Gを除く全グレードメーカーオプションに変更されると同時に、液晶表示式に変更。MR20DEエンジン搭載車のエンジンヘッドカバーも省略された。また、法人向けの「ブロアム」が廃止される一方で、「アクシス」はベース車と同様の改良を受け、継続設定された(尚、ボディカラーはセシルブルーの代わりにダークブルーが、ダイヤモンドシルバーの代わりにブリリアントシルバーが設定された)。
      先にマイナーチェンジが行われた中国仕様車とは異なり、小規模なマイナーチェンジとなった。
  • 2011年
  • 2012年
    • 3月28日 - 東風乗用車公司が「風神・A60」の発売を開始した[25]
      パワートレーンはMR20DE型2.0LエンジンとCVTの組み合わせのみとなる。
    • 6月 - 仕様変更。
      法改正に伴い従来はSRSカーテンエアバッグなどとのセットオプションであった後席中央3点式シートベルトが標準化された半面、オーディオは全グレードでオプション(=オーディオレスが標準)に変更され、キセノンヘッドランプ+AFSや地デジ内蔵・HDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムをはじめとしたメーカーオプションが全て無くなった。同時に「20G」と「アクシス」を廃止。これにより、運転席パワーシート装着車も消滅。
    • 8月29日 - モスクワ国際モーターショーにてG11型シルフィをベースとするロシア向けアルメーラを発表[26]


3代目(13代目) B17型 (2012年-)[編集]

日産・シルフィ(3代目)
NB17/TB17型
G フロント
NISSAN SYLPHY TB17 04.JPG
G リヤ
NISSAN SYLPHY TB17 05.JPG
G コクピット
Nissan Sylphy B17 G interior.jpg
販売期間 2012年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン MRA8DE型 1.8L 直4 131ps
駆動方式 FF
変速機 副変速機付きエクストロニックCVT
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム
全長 4,615mm
全幅 1,760mm
全高 1,495mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,208 - 1,288kg
-自動車のスペック表-

2012年4月に北京モーターショーにて発表された。北米市場へはセントラオーストラリア市場へはパルサーセダン、台湾市場にはスーパーセントラ/セントラエアロの名でそれぞれ導入される。外寸は全長4,615mm、全幅1,760mm、全高1,495mmと、特に全幅は拡大されたが[27]、引き続きBプラットフォームを採用しているため、ホイールベース長2,700mmとボディ右側に設置されるフューエルリッドは先代から不変である。エンジンは新開発のMRA8DE型 1.8Lが搭載される[28]。なお、日本へは同年12月5日より販売開始[29]

2012年7月19日に世界に先駆け中国市場での販売が開始されたが、従来のG11型(「軒逸・経典」)も1.6L車のみが継続販売される[30]。2012年8月30日にはタイ王国にて販売が開始された[31][32]。エンジンは1.6Lと1.8L、トランスミッションは1.6L車の最廉価グレードに5速MTが搭載されるほかは全てCVTとなる。なお、タイ向けシルフィは後席中央ヘッドレストが省かれている。

日本仕様車については、2012年10月5日の新型ラティオ発表の席で同年末に日本でも発売することが発表された[33]。そして2012年12月5日に日本市場での販売開始。日本仕様車では1.8L・2WD・CVT車のみの設定となっており[27]、ベースグレードの「S」、中間グレードの「X」、上級グレードの「G」の3グレードが設定され、併せて、オーテックジャパンからは、福祉車両「ライフケアビークル」のラインナップに「X 助手席回転シート」が追加されている。また、日本市場での想定ユーザーは格下のラティオ同様、70代以上の男性とされ月販台数は600台を目標(発表当時)としている。生産は追浜工場で行われる[29]

2015年1月22日には、特別仕様車「Gルグラン」を発売[34]。「G」をベースに、専用のブラック本革シートと合皮ドアトリム、16インチ切削光輝アルミホイールを装備したもの。同時に、ベース車のボディカラー変更が行われ、サファイアブラックパールが廃止になり、新たにスーパーブラックが追加された。ルグラン(Le Grand)はフランス語で最上の意で、かつてPU11型ブルーバードマキシマやU14型ブルーバードなどで使用されていたグレード名である。

2015年8月24日には、特別仕様車「Sツーリング」を発売[35][36]。「X」をベースに、専用のフロントエアロバンパー(メッキフォグランプフィニッシャー付)、リヤエアロバンパー、サイドシルプロテクター、リヤスポイラー、グロスブラックのフロントグリルを装備し、専用エンブレムと16インチ切削光輝アルミホイールに加えてキセノンヘッドランプを標準装備。内容的には、エンブレムとアルミホイール以外の全てが台湾向け「セントラエアロ」と同一内容となる。尚、本車は持込み登録で、オーテックジャパン扱いである。


車名の由来[編集]

  • 「シルフィ」は四大精霊のひとつである風の精を表す英語のシルフからの造語。

脚注[編集]

  1. ^ SM3とスカラの場合、車両型式はN17。
  2. ^ IMPUL BLUEBIRD SSS IMPUL公式サイト
  3. ^ IMPUL SYLPHY
  4. ^ a b c 新型ブルーバードシルフィのすべて メカニズム
  5. ^ 【新風『ブルーバード・シルフィ』Vol. 4】サブネームが語る真実 Response.
  6. ^ 予想外のヒットを飛ばした初代シルフィCarview試乗レポート(2015年9月26日 閲覧)
  7. ^ 日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入 Response.
  8. ^ 2000年型日産セントラがカリフォルニアの最も過酷な排気基準、 OBDII基準、及びエバポ排出ゼロ規制をクリア NISSAN PRESS ROOM
  9. ^ 【新風『ブルーバード・シルフィ』Vol. 2】SULEVのヒミツを明かす Response.
  10. ^ 【新風『ブルーバード・シルフィ』Vol. 3】SULEVは空気清浄機に Response.
  11. ^ a b 新型ブルーバードシルフィのすべて デザイン・インタビュー
  12. ^ a b c 日産 ブルーバードシルフィ 試乗レポート carview
  13. ^ 試乗インプレッション:日産 ブルーバードシルフィ 20M MotorMagazine MEDIALOG
  14. ^ a b c 新型ブルーバードシルフィのすべて ドライビングインプレッション
  15. ^ 【日産 ブルーバードシルフィ 試乗記】満足感は高いがアクティブセーフティーの充実カギ。 CORISM
  16. ^ 新型ブルーバードシルフィのすべて 開発ストーリー
  17. ^ B17型の登場を機に「シルフィ」から改名。
  18. ^ ルノーサムスンで生産されたアルメーラクラシックの事実上の後継車種という位置づけ。
  19. ^ 新車速報 ブルーバード・シルフィ 注目点 ホビダス・オート
  20. ^ のちに登場するウイングロードアクシスとは全く同じデザイン・サイズである。但し、タイヤはウイングロードが195/55R16を履くのに対し、シルフィは195/60R16と異なる。
  21. ^ 引き換えに、カーテンシールドエアバッグ+後席中央3点式シートベルトのメーカーオプションが選べなくなった。
  22. ^ タクシー業界ではFRの需要があるため。詳細は日本のタクシー#車両を参照。なおクルー営業車はすでに生産終了。
  23. ^ 日産自動車、第13回上海モーターショーに14車種を出展 NISSAN PRESS ROOM
  24. ^ 直击广州车展 风神A60首次亮相”. 东风乘用车公司 (2011年11月21日). 2012年8月25日閲覧。
  25. ^ 东风风神A60幸福登场 11.88万起引爆中高级车市”. 东风乘用车公司 (2012年3月28日). 2012年8月25日閲覧。
  26. ^ NISSAN ALMERA RAISING THE STANDARD”. NISSAN NEWSROOM EUROPE (2012年8月29日). 2012年8月31日閲覧。
  27. ^ a b 日産、“本格派ジャストサイズセダン”新型「シルフィ」発売 - Car Watch 2012年12月5日
  28. ^ Nissan Sylphy Specifications (PDF)”. タイ日産. 2012年8月31日閲覧。
  29. ^ a b 新型「シルフィ」を発売”. 日産自動車 (2012年12月5日). 2012年12月5日閲覧。
  30. ^ 开创新纪元 重树新标准 史上最强中级车 东风日产新一代轩逸耀世登场”. 日産自動車ニュースリリース (2012年7月19日). 2012年7月25日閲覧。
  31. ^ 日産、タイで乗用車「シルフィ」発売”. newsclip.be (2012年8月31日). 2012年8月31日閲覧。
  32. ^ Nissan Sylphy launched in Thailand – new model gets improved 1.6, new 1.8, CVT; from 746,000 baht”. paultan.org (2012年8月31日). 2012年8月31日閲覧。
  33. ^ 日産 片桐副社長「新型シルフィのフルモデルチェンジは年末に」”. Response. (2012年10月6日). 2012年12月4日閲覧。
  34. ^ 「シルフィ」の特別仕様車「G ルグラン」を発売”. 日産自動車 (2015年1月22日). 2015年8月24日閲覧。
  35. ^ 「シルフィ」の特別仕様車「Sツーリング」を発売”. 日産自動車 (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  36. ^ かつて、A32/A33型セフィーロで使用されたグレード名でもある。

注釈[編集]

  1. ^ 2000年代当時での基準。2010年代以降の基準に置き換えた場合だと事実上、フルBセグメント相当となる

参考文献[編集]

  • モーターファン別冊 ニューモデル速報 第369弾 『新型ブルーバードシルフィのすべて』三栄書房、2006年3月 ISBN 4-7796-0000-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]