日産・スカイラインセダン V36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産・スカイライン > 日産・スカイラインセダン V36
日産・スカイラインセダン(12代目)
V36型
後期型250GT
2010年1月-2014年12月
2010 NISSAN SKYLINE SEDAN 250GT.jpg
後期型250GT
2010 NISSAN SKYLINE SEDAN 250GT rear.jpg
室内
Nissan Skyline 370GT Type SP 55th Limited interior.jpg
販売期間 2006年11月-2014年12月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン VQ25HR型 2.5L V6 DOHC
VQ35HR型 3.5L V6 DOHC
VQ37VHR型 3.7L V6 DOHC
駆動方式 FR/4WD
最高出力 VQ25HR型
165kW (225PS) /6,800rpm
VQ35HR型
232kW (315PS) /6,800rpm
VQ37VHR型
243kW (330PS) /7,000rpm
最大トルク VQ25HR型
2006年11月-2010年1月
263N·m (26.8kgf·m) /4,800rpm
2010年1月-
258N·m (26.3kgf·m) /4,800rpm
VQ35HR型
358N·m (36.5kgf·m) /4,800rpm
VQ37VHR型
361N·m (36.8kgf·m) /5,200rpm
変速機 5速AT/7速AT
サスペンション 前: ダブルウィッシュボーン
後: マルチリンク
全長 4,755mm(前・中期型)
4,780mm(後期型)
全幅 1,770mm
全高 1,450mm(FR車)
1,465mm(4WD車)
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,570-1,690kg
先代 V35型スカイラインセダン
後継 V37型スカイラインセダン
プラットフォーム FR-Lプラットフォーム
-自動車のスペック表-

V36型スカイラインセダン (SKYLINE SEDAN V36) は、日産自動車日本で製造・販売していたセダン高級乗用車である。

概要[編集]

2001年6月にR34型からV35型にモデルチェンジを行い、コンセプトを変更したスカイライン2006年11月に12代目、V36型としてフルモデルチェンジを行った。基本的にはV35型からのキープコンセプトを継承し、先代が北米においてDセグメント車として市場と専門家の双方から高い評価を得ており、その評価を維持するために開発費もスカイラインが日本国内専売車であった時代に比べて格段に多くとられ[1]、開発に際しては北米市場が大きく意識されたという[2]

キャッチフレーズは「日本のクルマに、ときめきが帰ってくる。」で、CMキャラクターには渡辺謙イチローが起用された。

先代に引き続き、日本国外においては日産の高級車ブランド、インフィニティにおいてG35/G37/G25として販売された。ただし、2.5Lモデルは、当初日本および中国市場のみで販売されており、北米市場では2011年モデルから追加された。

なお、クーペモデルについては当初、旧型セダンの派生車であるCV35型クーペが併売されており、セダン発売から約1年後の2007年10月にCV36型にフルモデルチェンジされた。

製造は他のスカイラインシリーズなどと共に、日産自動車栃木工場で行われる。

2013年11月には次期モデルであるV37型が発表されたが、3.5Lエンジンを搭載するハイブリッドモデルのみの販売となったため、V36型は2.5Lモデルのみ販売価格を引き下げて併売されたが同年5月、V37型に2.0Lターボエンジンモデルが追加されたこともあり、在庫分のV36型は2014年12月を持って名実共に販売終了となった。

メカニズム[編集]

パワートレイン[編集]

370GT エンジンルーム

エンジンは当初、V6 2.5LのVQ25HR型と同3.5L VQ35HR型の2種類が用意された。両機種ともこのモデルで初採用された新型エンジンである。両エンジンとも先代モデル後期型から排気量自体は変更されていないが、特に3.5Lエンジンについては15%以上出力が向上しており、2.5LのFRモデルを除き、燃費性能も向上している。このVQHRエンジンは系列こそ同じ「VQ」ではあるが、まったくの新開発エンジンである[3]2008年12月の一部改良ではVQ35HRエンジンがV36型クーペから採用されているV6 3.7L VQ37VHR型エンジンに変更され、出力、燃費性能ともにさらに向上した。

トランスミッションについては当初、全車にジヤトコ製のJR507E型マニュアルモード付フルレンジ電子制御5速ATが採用されており、2008年12月にはVQ37VHRエンジン搭載モデルの登場と同時に、当該エンジン搭載車のみトランスミッションが一部改良の前日に発売されたZ34型フェアレディZから採用されている同じくジヤトコ製のJR710E/JR711E型マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATに変更された[4]。その後同7速ATは2010年1月のマイナーチェンジで2.5Lエンジン搭載のFR車にも採用されたことにより、燃費性能が向上され「平成22年度燃費基準+15%」を達成。環境対応車普及促進税制に適合した。

なお、インフィニティ・Gでは3.7LにもAWDモデルがあり、2.5L/3.7L AWDモデルにも7速ATが採用されているが、国内では四輪駆動車は2.5Lのみで、ATは5速となる。

ボディ・シャシ[編集]

プラットフォームには新世代FR-Lプラットフォームが採用された。先代V35型とプラットフォーム名称こそ同じではあるが、完全な新設計となっており、エンジンとミッションの搭載位置も先代より15mm低くなっている[5]

新たに開発時に実際の走行シーンを見据えて剛性の向上が図られた[6]。それにより最適な剛性向上量が検証され、結果として捩り剛性が40%、フロントスカットルより前方の横曲げ剛性が190%、リアの横曲げ剛性が30%向上された[7][8]ことにより、剛性は同じくDセグメントに属する同クラスのドイツ車を凌ぐという[9]

フロントサスペンションには、先代のマルチリンク式からダブルウィッシュボーン式に変更された。リアには、先代と同じマルチリンク式が採用されたが、高剛性化・軽量化がなされた[10]

デザイン[編集]

 
前期型Type S/Type SP
2006年11月-2008年12月

エクステリアデザインは、ダブルアーチグリルや丸型リアコンビネーションランプの採用が先代に引き続いて行われるなど、基本的にキープコンセプトとなったが、より抑揚のあるデザインがなされた[11]。また、先代では背が高すぎるという意見もあったため[12]、ボディサイズは全幅+20mm、全高-20mmのサイズ変更が行われ、よりワイド&ローなスタイルとなった。しかしながら20mmの全高低下にもかかわらず、室内高については5mmの減少にとどまった。

インテリアについては、これまでの直線的なデザインから一新され、インフィニティモデル共通デザインの「ダブルウェーブ」が採用された。また、ヒップポイントは27mm低下され、スポーティな乗車姿勢とした[13]

中期型Type S/Type SP[※ 1]
2008年12月-2010年1月

また、2008年12月の一部改良ではミラー形状がスカイラインクーペに採用されているものと同型のものに変更され、クーペとのエクステリアでの共有部品がドアハンドル、サイドターンランプに加えて、1つ増加した。なお、後に発売されたスカイラインクロスオーバーとは、クーペを含めてサイドターンランプのみを共通部品とする。

後期型 370GT Type SP 55th Limited

2010年1月に行われたマイナーチェンジでは外装デザインが大幅に変更され、前後バンパー及びヘッドランプ、フロントグリルなどのデザインが変更され、同時に17インチホイールのデザインも変更された。

ラインアップ[編集]

グレード構成[編集]

前期型250GT/Type V/Type P

グレード構成はVQ25HR型エンジンを搭載する「250GT」と、VQ35HR型エンジンを搭載し、2008年12月まで設定された「350GT」、そして2008年12月から設定されたVQ37VHR型エンジンを搭載する「370GT」が用意される。

その中でも、ベースグレードに加え、VDCなどが装備され若干仕様が向上された「Type V」、Type Vの装備に加え、本革シートやリアリクライニングシートなどが標準装備されたされた装備充実グレードの同「Type P」、「Type V」の装備に加え、18インチタイヤ(標準車は17インチ)や専用バンパー、サイドシルスポイラー、パドルシフトなどが標準装備されたスポーツグレードの「Type S」、そして「Type S」と「Type P」の装備を両立した最上級グレードの「Type SP」が用意される。なお、250GTには「Type SP」を除く全シリーズが、350GT/370GTには「Type S」、「Type P」、「Type SP」のみが用意される。ただし、250GTに「Type S」が設定されたのは2007年11月の一部改良時である。また、370GTあるいは350GTの「Type S」および「Type SP」には、世界初の4WASがオプション設定された。

250GTには、「250GT Type S」、「250GT Type SP」を除く全車にアテーサE-TSを採用する四輪駆動車が設定された。なお、このモデルのグレード名はそれぞれ「250GT FOUR」、「250GT FOUR Type V」、「250GT FOUR Type P」となる。

2010年1月のマイナーチェンジでは「370GT Type P」が廃止され、一方で仕様向上が図られ、それまで全グレードにオプション設定されていたHDDカーウイングスナビゲーションシステムが標準装備となったため、「250GT」に廉価モデルのナビレスグレード「A Package」が追加された。また、それまで「250GT」および「250GT FOUR」についてはVDCが装備されなかったが、全車標準装備となり、250GTのVDC装着グレードであった「250GT Type V」にはプライバシーガラスや後席エアコンなどが標準設定となった。2013年11月には、次期型のV37型発表に伴い370GT系全グレードの販売が終了し、250GTおよび250GT FOURにもプライバシーガラスが標準装備となり、販売価格は「250GT」で30.66万円、「250GT Type S」で26.88万円、「250GT FOUR」で23.835万円引き下げられた。

特別仕様車[編集]

55th Limited 室内

50th Limited
2007年11月に発売。翌2008年3月31日までの期間限定車。同車の50周年を記念したモデルで、ベース車は「Type P」および「Type SP」全車。「SKYLINE SINCE 1957」の刺繍入り赤色本皮革シート、シリアルナンバープレートなどが装備された。

55th Limited
2011年12月に発売。2013年4月30日受注分までの期間限定車だが、期間内であっても555台を完売した時点で受け付け終了となる。同車の誕生55周年を記念したモデルで、ベース車は「370GT Type SP」、「250GT Type P」、「250GT FOUR Type P」。特別装備は、2007年に登場した50th Limitedとほぼ同様だが、外装色にはフーガに採用される「ガーネットブラックパール」が特別に用意された。翌2012年2月には、クーペにも同名の特別仕様車が設定された。

年表[編集]

2006年4月
北米国際オートショーでV36型インフィニティ・G35セダンを発表。
2006年11月20日
販売開始。
2007年11月27日
「250GT Type S」追加。一部仕様変更。
同時に、期間限定車「50th Limited」を設定。
2008年12月2日
一部改良。エンジンの変更など。
2010年1月6日
マイナーチェンジ。外観の変更、「250GT」系FR車に7速ATを設定。
2011年12月19日
期間限定車「55th Limited」が発売。
2013年11月11日 
V37型セダンの発表に伴い、グレード体系を「250GT」・「250GT Type S」・「250GT FOUR」の3グレードに集約。
2014年11月末
オーダーストップ、並びに生産終了。それ以降は在庫分のみの販売となる。
2014年12月末
販売終了。

受賞[編集]

2006年
2007年
  • グッドデザイン賞 商品デザイン部門

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オプションのエアロパーツ装着車

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]