日産自動車追浜工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日産自動車追浜工場(にっさんじどうしゃおっぱまこうじょう)は日産自動車の主力生産工場のひとつである。所在地は神奈川県横須賀市夏島町1。プラントコードは「T」。

概要[編集]

日産自動車追浜工場付近の空中写真。1983年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

もともとこの地域には昭和20年の太平洋戦争終戦まで横須賀海軍航空隊とその飛行場があったが、その広大な土地を利用して日本ではじめての本格的自動車生産工場として1961年に操業を開始した。混流ライン(通称:NIMS=Nissan Integrated Manufacturing System)と呼ばれる同じラインで複数の車種を同時に生産する技術を業界で初めて採り入れた。最新技術の投入も積極的に行い、1970年には自動車業界初の溶接ロボットを導入。近年においても「モジュール生産」など時代に合わせて常に最新技術を投入し続けている世界屈指の自動車生産工場である。敷地内には月間8万台を出荷できる専用埠頭(栃木工場で生産された海外向け車両もここから輸出される)や総合研究所、テストコースも擁している。

敷地面積は1,707,000m2(東京ドーム約37個分に相当)、従業員約2,800名が働く(2016年4月現在)。尚、生産能力は年間約24万台である。

沿革[編集]

現在の生産車種[編集]

シルフィ

※リーフとE12型ノート以外はすべてBプラットフォーム採用車種である。また、シルフィに関してはタイ中国から部品の6割以上を輸入して製造する逆ノックダウン生産となる[2]

過去の生産車種[編集]

その他[編集]

  • 工場見学は社会科見学・一般見学を問わず見学希望日の3ヶ月前から受付ていて、平日(月曜日 - 金曜日。ただしゴールデンウィークなどの休暇日を除く)に限り可能である。工場見学だけのコースとロビー見学やビデオ上映まで含めたコースが選択可能である。
  • CO2排出量の低減や廃棄物ゼロエミッション運動に積極的である傍ら、工場内に「ふるさとの森」なる緑地を形成したり、カルガモが自然営巣するスペースがあるなど自然との調和をも図っている。
  • 1987年10月15日、日本公演のために来日したマイケル・ジャクソンが工場を訪れ、ブルーバード(U12型)・SSSアテーサが贈呈された。この他、見学中にラインオフされたブルーバードのボンネットにサインを入れ、工場内の展示ブースで展示が行われていた。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]