日産・ノート オーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産・ノート オーラ
Nissan Note Aura (FSNE13), 2021, front.jpg
初代・FE13型
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2021年-
ボディ
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
テンプレートを表示

ノート オーラNOTE AURA)は、日産自動車が日本国内のみで製造・販売しているハッチバック型の乗用車E13型ノートをベースに、内外装などの質感を向上させることにより、これまでの国産車には少ないプレミアムコンパクトクラスとして登場。開発はE13型ノートと同時に進められた[1]

日産自動車の各種広告や公式サイト上においては、単に「オーラ(e-POWER)」と呼称される。

初代 (FE13型、2021年 - )[編集]

日産・ノート オーラ(初代)
FE13 / SFNE13型
The frontview of Nissan NOTE AURA G (6AA-FE13).jpg
G
The rearview of Nissan NOTE AURA G (6AA-FE13).jpg
Nissan Note Aura (FE13), 2021, interior panel.jpg
インテリア
概要
製造国 日本の旗 日本 追浜
販売期間 2021年-
設計統括 渡邊 明規雄
デザイナー 村林 和展
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン位置 フロント
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
プラットフォーム CMF-B HSプラットフォーム
パワートレイン
エンジン HR12DE型 1.2L 直3 DOHC
モーター EM47型 交流同期電動機
(フロント)
MM48型 交流同期電動機
(リア、4WD車専用)
最高出力 HR12DE型
60 kW (82 PS)/6,000 rpm
EM47型
100 kW (136 PS)
/3,183-8,500 rpm
MM48型
50 kW (68 PS)
/4,775-10,024 rpm
最大トルク HR12DE型
103 N·m (10.5 kgf·m)
/4,800 rpm
EM47型
300 N·m (30.6 kgf·m)
/0-3,183 rpm
MM48型
100 N·m (10.2 kgf·m)
/0-4,775 rpm
変速機 非搭載(モーター直結)
サスペンション
前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
車両寸法
ホイールベース 2,580 mm
全長 4,045 mm (G)
4,125 mm (NISMO)
全幅 1,735 mm
全高 1,510 mm (G)
1,505 mm (NISMO)
車両重量 1,260 kg (G・FF)
1,370 kg (G・4WD)
1,270 kg (NISMO)
その他
生産工場 追浜工場
系譜
先代 E12型ノート
「MEDALIST/e-POWER MEDALIST」(G、直接上)
「NISMO/e-POWER NISMO」(NISMO、直接上)
日産・ティーダ(C11型、間接上)
日産・ティーノ(V10型、間接上)
テンプレートを表示

概要[編集]

E13型ノートの派生車種として開発された。全長は4,045mmでノートから不変だが[2]、全幅をノートから+45mm、全高を「X」・「X FOUR」から+5mmそれぞれ拡大した。全幅が1,700mmを超えるため、ノートシリーズでは初の3ナンバー登録となる。ノートより上位に位置する事や内外装のデザイン、先代ノートとメダリストよりベース車との差が多い事から(特にメダリストをノートの1グレードとする場合)、パルサーティーダの後継とされることも多い。ベースとなっているE13型ノート同様、全車「e-POWER」を搭載するが、ガソリンエンジン・駆動用モーターともに出力を変更。ノートが最高出力116PS・最大トルク280N・mのフロントモーターに対し、最高出力136PS・最大トルク300N・mのフロントモーターを採用したことで、最高出力は20PS、最大トルクは20N・m向上している[3]

外観はヘッドランプについては、ノートより形状がシャープになりLED式が標準装備となった。シグネチャーLEDポジションランプにはアクセントを、そしてターンレンズには日産車初となるシーケンシャル機能を追加。リアコンビネーションランプは横一文字に点灯するLED式となった。アルミホイールは17インチにサイズアップして標準化し、切削加工の上に樹脂パーツ加飾が施され、軽量化と剛性アップの両立が図られた専用デザインとなる。また、国内で販売される日産車では5例目となる新CIマークを採用[4]。ボディカラーはノートとラインナップが一部異なり、モノトーンはノートに設定のホワイト、スーパーブラック、ガーネットレッドカラークリアパール(特別塗装色)、オペラモーブメタリックの4色が設定されない代わりに、ノートでは「AUTECH」専用色であるミッドナイトブラックパール(特別塗装色)やオーラ専用色のステルスグレーパール(特別塗装色)を追加した9色。2トーン(特別塗装色)はノートに設定の2種[5] に加え、ガーネットレッドカラークリアパール/スーパーブラック、ミッドナイトブラックパール/サンライズカッパーメタリック、ノートでは「AUTECH」専用色となるピュアホワイトパール3コートパール/スーパーブラックの3種を加えた5種がそれぞれ設定される。

内装では、アームレスト(フロントセンター・フロントドア)、インストパネル、ドアトリム加飾にツイード調織物(アームレストとインストパネルはステッチ付で、インストパネルは合皮との組み合わせ)を、インストロアとコンソールには木目調フィニッシャー(コンソールはイルミネーション付)をそれぞれ採用。フロントドアのIRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスを遮音仕様にするなど静粛性を高めている。機能面ではT33型ローグで採用済の12.3インチ・アドバンスドドライブアシストディスプレイが採用され、2眼メータースタイルのClassicモードと、中央のコンテンツが最大限大きく表示されるEnhanceモードとの表示切替が可能となるほか、日本初となるヘッドレスト内蔵型BOSE製スピーカーを搭載し、ワイドレンジドアスピーカーやツイーターと組み合わせた8つのスピーカーとDSP内蔵アンプで構成された「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」がメーカーオプション[6] として設定された。

グレード体系は「G」と「G leather edition」の2グレードが用意され、4WD車は「G FOUR」と「G FOUR leather edition」となる。「G leather edition」・「G FOUR leather edition」では、シート地が本革となり、リアセンターアームレスト(カップホルダー2個付)を追加。内装色はブラックに加えてエアリーグレーの選択が可能となる。ノート同様にオーテックジャパン扱いの「助手席回転シート」も設定され、ベース車グレードは「G」と「G FOUR」の2種類が設定される。

NISMO仕様 [7][編集]

オーラにはカスタムモデルとして「NISMO」が設定された。外観はフロントグリル、バンパー(フロント・リア共)、ルーフスポイラーを専用品に変え、17インチアルミホイールは高い空力性能を確保しつつワイドリム化。LEDフォグランプはフロントに加えてリアにも装備され、フロントは5灯の薄型デザインとなり、リアは7灯のドット状デザインとなる。ドアミラーはレッドとなり、サイドシルプロテクターを装備。「NISMO」の専用エンブレムはマットクロームとマットレッド塗装の表面処理を施した新デザインを採用した。ボディカラーは、モノトーンはスーパーブラックのみ、2トーンはガーネットレッドカラークリアパール/スーパーブラック、ピュアホワイトパール3コートパール/スーパーブラックに加え、「NISMO」限定色となるダークメタルグレーメタリック/スーパーブラックとブリリアントシルバーメタリック/スーパーブラックを加えた4種で展開される。
内装はダークトーンとレッドアクセントの色調とし、シート地は「NISMO」ロゴの刺繍やレッド・グレーのコンビネーションステッチを施したファブリック/合皮コンビに、ステアリングはレッドセンターマーク・レッドステッチ・ガンメタクローム加飾を施した本革・アルカンターラ[8] 巻に、アドバンスドドライブアシストディスプレイは「NISMO」ロゴと赤いパワーメーターの専用カラーを採用した専用品となる。メーカーオプションには、RECARO製スポーツシートが用意されている(持込み登録で、オーテックジャパン扱い)。
e-POWERは「NISMO」専用にチューニングされ、ドライブモードは通常の「ノート オーラ」の「SPORT」モードよりも加速力を高め、減速力を少し低くした「NISMO」モードが設定され、既存の「ECO」モード・「NORMAL」モードも加速力を高めた「NISMO」専用設計となる。また、オーバーハングをフロント・リア共に延長され、サスペンションをローダウン化、リアスポイラー形状の最適化等が行われたことでダウンフォースを増大。タイヤはミシュラン製のスポーツタイヤ「PILOT SPORT 4」を、リアショックアブソーバーはツインチューブ式よりも受圧面積が大きく、ガス圧が高いモノチューブ式が採用され、サスペンションとショックアブソーバーをチューニング。操舵安定性や乗り心地向上を図るため、補剛パーツが追加された。

年表[編集]

2021年6月15日
E13型ノートの派生車種として「ノート オーラ」の名で発表された[9]。発表会ではゲストとしてCMにも起用された中谷美紀が出席した[10]。なお先立つ6月12日に日本経済新聞から日産の高級セダン「スカイライン」の開発中止の記事が出ており[11]、同じく出席していた副社長の星野朝子より正式に否定された。

2021年8月17日[編集]

秋発売予定の「NISMO」が発表された[12]。また、6月に発表済みの「ノート オーラ」は「NISMO」の発表に合わせて当日より販売が開始された。

2021年9月8日[編集]

発売から約3週間で受注台数が1万台を突破したことが発表された[13]

ギャラリー[編集]

車名の由来[編集]

「ノート」(NOTE)については日産・ノートの項を参照。

サブネームである「オーラ」(AURA)は、英語で「雰囲気」「香気」の意。また、ドイツ語の“AURA(アウラ)”には「複製されたものにない、オリジナルだけが持つ輝き」という意味もある。このクルマが、見る人を惹きつける唯一無二の輝きを放つ存在になるようにという思いも込められている[14]

脚注[編集]

  1. ^ 予約好調の日産「ノート オーラ」が狙う、国産車市場の空白地帯日経X TREND(Yahoo!ニュース2021年9月22日)
  2. ^ NISMOは4,125㎜。
  3. ^ ともにFF車の場合
  4. ^ ノート、リーフADアリアに次いでの5例目。
  5. ^ オペラモーブメタリック/スーパーブラック 2トーン、ビビットブルーメタリック/スーパーブラック 2トーン
  6. ^ NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)やプロパイロット(ナビリンク機能付)などとのセットオプションとして設定
  7. ^ 2WD車のみの設定で4WD車の設定はなし。
  8. ^ アルカンターラ製スエード調人工皮革を使用
  9. ^ “新型車「ノート オーラ」を発表” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2021年6月15日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-7e94e6bc94121889c0b58aa9b6147365-210615-01-j 2021年6月15日閲覧。 
  10. ^ 株式会社インプレス (2021年6月15日). “日産、中谷美紀さんが“一瞬で恋に落ちた”新型「ノート オーラ」発表会” (日本語). Car Watch. 2021年10月8日閲覧。
  11. ^ 日産、「スカイライン」開発中止 SUVへシフト” (日本語). 日本経済新聞 (2021年6月12日). 2021年10月8日閲覧。
  12. ^ “「ノート オーラ NISMO」を発表 あわせて「ノート オーラ」を発売” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2021年8月17日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-f34959dc65fa6147308490ca57075105-210817-01-j 2021年8月17日閲覧。 
  13. ^ “新型車「ノート オーラ」、発売から3週間で受注1万台を突破” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2021年9月8日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-93a33f4b8e6462d7cb9e10107e138d84-210908-01-j 2021年9月8日閲覧。 
  14. ^ 因みに、日産と関係が深いインパルにも同様の理由で命名されたアルミホイール(インパルアウラ)がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]