日産・ピノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スズキ・アルト > 日産・ピノ
日産・ピノ
HC24S型
社内型式 TA0型
S フロント
Nissan Pino 01.JPG
E リア
NISSAN PINO rear.jpg
販売期間 2007年-2010年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン K6A型 0.66L 直3 DOHC
駆動方式 FF/4WD
最高出力 40kW (54PS) /6,500rpm
最大トルク 61N·m (6.2kgf·m) /4,000rpm
変速機 4速AT/3速AT/5速MT
サスペンション 前: ストラット式
後: I.T.L
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm(FF車)
1,510mm(4WD車)
ホイールベース 2,360mm
車両重量 730-820kg
製造事業者 スズキ
別名 スズキ・アルト(6代目)
※OEM供給元
マツダ・キャロル(5代目)
-自動車のスペック表-

ピノ (PINO) は、日産自動車2007年から2010年まで販売していた軽自動車である。スズキからのOEM車種で、ベース車は6代目アルト。同様にスズキからマツダにOEM供給されていた5代目キャロルとも姉妹車になる。

概要[編集]

日産は2006年6月に、スズキとの間で完成車の相互供給に関する提携強化策を発表していた。その中の一環として、軽自動車ラインナップ強化を目的としてモコスズキ・MRワゴン)、クリッパー三菱・ミニキャブ/タウンボックス)、オッティ三菱・eK)に次ぐ、日産4番目の軽自動車として2007年1月から販売を開始した。相互供給の関係で、スズキは日産からセレナのOEM供給を受け、ランディをピノと同日に発売した。

20代前半の女性をメインターゲットに想定し、日産の乗用車では一番安い86.1万円(E・5MT車)からの価格設定としていた。また、日産の安全基準に基づき、全車にABSを標準装備していた。発売時には月販2,500台を目標としていると発表された。さらに、ソニープラザとのコラボレーションにより「pinoshop.jp」のアドレスでオンラインショップも開設された(2018年現在では三井不動産リアルティ株式会社が運営する会員制カーシェアリングサービスのサイトとして運用されている)。

アルトやキャロルと異なる点として、日産車特有のフロントグリルを採用した他、バンパーやホイールキャップのデザイン、シート生地等を変更している。

2009年12月16日にベース車であるスズキ・アルトが、翌17日にOEM車であるマツダ・キャロルが相次いでフルモデルチェンジし、ピノは旧型のまま販売を続けていたが、2010年1月29日にカタログラインナップから削除され、販売を終了した。また、フルモデルチェンジを受けていなかった為に3年の短命であった。

ラインアップ[編集]

グレード体系は「S」と「E」の2種類(4WD車は「S FOUR」並びに「E FOUR」となる)で、「S/S FOUR」はアルトの「G II」に、「E/E FOUR」はアルトの「X」に相当する。(但し、両グレードとも同じフロントフェイスを採用する)なお、アルトの「E」、「E II」に相当するグレードや商用モデルのバンは用意されない。

「E」、「E FOUR」はフルレンジ電子制御4速ATを採用している他、内装も一部変更、ドアサッシュもブラックアウト仕様となる。「S」および「S FOUR」にはそれぞれ3速ATと5速MTの2種類が用意された。

初代 HC24S型(2007年-2010年)[編集]

2007年1月22日
販売開始[1]
2008年6月
仕様変更により、ボディカラーが変更。
(補足)2009年12月
アルトとキャロルが新型にフルモデルチェンジ。
2010年1月
販売終了に伴いホームページの掲載終了[2]

車名の由来[編集]

イタリアの作家・カルロ・コッローディ童話作品、「ピノキオ」から付けられた。

出典[編集]

  1. ^ 新型軽自動車「PINO(ピノ)」を発売 - 日産自動車 2007年1月22日
  2. ^ 日産:ピノ [ PINO 軽自動車 Webカタログ ホーム] - 日産自動車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]