日産・NT450アトラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産・アトラス > 日産・NT450アトラス
日産・NT450アトラス
FBA#W/FEA#W/FEB#W/FDA#W/FGA2W型
2012年11月登場型 フロント
NISSAN NT450 ATLAS H44 2014 001.jpg
2012年11月登場型 ダンプ4WDフルスーパーロー
Nissan NT450 ATLAS DUMP 4WD FULL SUPERLOW (H44) front.JPG
Nissan NT450 ATLAS DUMP 4WD FULL SUPERLOW (H44) rear.JPG
乗車定員 3/6/7人
ボディタイプ 2/4ドアトラック
エンジン 3.0L 4P10(T2) 直噴ディーゼルICターボ
3.0L 4P10(T4) 直噴ディーゼルICターボ
駆動方式 FR(後輪駆動)/4WD(四輪駆動)
変速機 6AMT/5MT
サスペンション フロント:リーフリジット/独立懸架
(独立懸架は2019年7月改良型の一部車種のみ)
全長 4,690 - 6,870mm
全幅 1,695 - 2,220mm
全高 1,990 - 2,570mm
ホイールベース 2,500 - 3,850mm
車両重量 2,170 - 3,150kg
製造事業者 三菱ふそうトラック・バス
姉妹車 三菱ふそう・キャンター(8代目)
UD・カゼット
先代 日産・アトラス20系
-自動車のスペック表-

NT450アトラス(エヌティーよんごうまるアトラス)は、三菱ふそうトラック・バスが生産し、日産自動車が販売している小型・中型トラックである。

概要[編集]

日産が販売する「アトラス」のうち、最大積載量2-4tクラスのアトラス20系(4代目は社内型式で区別されており、最大積載量1-1.5tクラスの「アトラスF24」に対して、「アトラスH43」の別名があった)がモデルチェンジされ、車種名を「NT450アトラス[1]へ改名、ベース車両が3代目(H42型)・4代目(H43型)のいすゞ・エルフから三菱ふそう・キャンター(以下、8代目キャンター)へ変更された。

8代目キャンターに対してエンブレムやデカール類で違いがあり、特にフロントフェイスに関しては、フロントグリル上の右側に車名エンブレムが配されている[2]。また、発売当初、エンジン進化型エコカー「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」の車種となっていたこともあり、両側のフロントドア下に「PURE DRIVE(ハイブリッド車は「PURE DRIVE / HYBRID」)」エンブレムが装着されていた[3]が、2016年7月の一部仕様変更で「PURE DRIVE」が廃止されたため、カゼット同様に装着されなくなった。

なお、車両型式はOEM供給元の三菱ふそうトラック・バス流の型式となるが、日産での社内型式はアトラス20系の型式が引き継がれ、H44型となる。

歴史[編集]

2012年11月8日
車種名を「NT450アトラス」に改め、フルモデルチェンジを発表(2013年1月8日発売)[4]
エンジンは3.0Lディーゼルエンジンの4P10型となり、低燃費と環境性能を両立。トランスミッションは5速マニュアルに加え、トラック唯一のデュアルクラッチを採用した機械式6速オートマチックミッション「DUONIC(デュオニック)」を設定。クラッチ操作不要の2ペダル方式を採用したことでオートマチック限定免許でも運転でき、マニュアル操作に不慣れな者でも簡単に運転できる。湿式多板クラッチの採用でスムーズな坂道発進とアクセル操作なしでクリープ走行時の速度コントロールを実現した。先代でもラインナップされていたハイブリッド車も設定されており、超薄型モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載。発進時はモーターのみで走行して実用燃費向上に寄与する。全車「低排出ガス車(平成21年基準排出ガス規制10%低減レベル)」認定を取得し、「平成27年度燃費基準(アイドリングストップ搭載車は平成27年度燃費基準+5%、ハイブリッド車は平成27年度燃費基準+10%)」を達成した。
2014年9月11日(参考)
UDトラックスが8代目キャンターをベースにしたカゼットの販売を開始し、3姉妹車種となる。
2015年4月24日
一部改良(2015年6月4日販売開始)[5]
平ボディ、シャシー、ダンプ、ダンプ架装用シャシー、タンクローリー車架装用シャシーに最大積載量3tの4WD車を新設。さらに、一部仕様のみに標準装備されていた運転席アームレストを全車に拡大して標準装備されたほか、MT車には坂道発進補助装置のメーカーオプション設定を追加した。
2016年7月6日
一部仕様向上[6]
一部仕様のみに標準装備されていたアイドリングストップシステムを全車に拡大して標準装備したほか、「DUONIC」搭載車にはヒルスタートアシスト機能を追加。内装ではブラックとシルバー基調に変更し、運転席シートにはサイドサポートの追加や座面クッション拡大の改良を行った。また、ダンプ・ダンプシャシー・高所シャシー・塵芥シャシー・ハイブリッド塵芥シャシーなどの一部を除く全車にはトレイ類(運転席オーバーヘッド・中央席センター)やマガジンラックといった収納スペースを標準化した。
2019年7月2日
一部仕様向上[7]
平成28年排出ガス(ポスト・ポスト新長期)規制をクリアするとともに、平成28年度排出ガス規制値よりもNOx・PM共に30%低減レベルを達成。燃費性能の向上により、全車「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
安全面が強化され、VDC(TCS機能を含む、キャンターでの車両安定性制御装置に相当)、インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)、LDW(車線逸脱警報)が全車標準装備された。NT450アトラスのインテリジェント エマージェンシーブレーキは動いている歩行者にも検知が可能な高精度ミリ波レーダー方式で、フロントバンパー中央に搭載されているため、フロントのナンバープレートの位置が左側にオフセットされた。
そのほか、シングルキャブ車には電動パーキングブレーキのオプション設定が追加され、車両総重量6tクラスモデルではフロントサスペンションをリーフリジットから独立懸架に変更。AM/FMラジオは全車Bluetoothに対応した。
なお、今回の一部仕様向上に伴い、ハイブリッドモデルが廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国内向け車種で車種名にNISSAN TRUCKを意味した"NT"が付くものはNT100クリッパーに次ぎ2車種目となる
  2. ^ 8代目キャンターではフロントグリルの真上に「FUSO」ロゴが配されており、「CANTER」の車名ロゴはフロントグリル内の右側に小さく配置されている
  3. ^ ベース車のキャンターではこの部分に「BlueTEC」エンブレムが装着されている。同じキャンターのOEM車であるUD・カゼットには何も装着されていない。
  4. ^ “新型「NT450アトラス」を新発売” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2012年11月8日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-6f45218f83bb273cf11fbc2a8c24113f-121108-02-j 2019年7月3日閲覧。 
  5. ^ “「NT450アトラス」を一部改良” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2015年4月24日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-dd7bda9ffbf5f1e17e415b01b9000f51-150424-01-j 2019年7月3日閲覧。 
  6. ^ “「NT450アトラス」を一部仕様向上” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2016年7月6日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/160706-01-j?lang=ja-JP 2016年7月6日閲覧。 
  7. ^ “「NT450アトラス」の一部仕様向上を発表” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2019年7月2日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/190702-01-j?lang=ja-JP 2019年7月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]