日本フルハーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本フルハーフ株式会社
NIPPON FRUEHAUF COMPANY,LTD.
NIPPON FRUEHAUF.jpg
日本フルハーフ社製の各種バン・関連製品に付されているマーク
Nippon-Fruehauf Head Office 2013.JPG
本社(厚木工場)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NFC
本社所在地 日本の旗 日本
243-0281
神奈川県厚木市上依知上ノ原3034番地
北緯35度30分39秒東経139度21分5.4秒座標: 北緯35度30分39秒 東経139度21分5.4秒
設立 1963年(昭和38年)10月19日
業種 輸送用機器
法人番号 8021001020283
事業内容 被牽引車、各種自動車用車体、各種コンテナ及び関連製品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 昼間弘康
資本金 10億250万円
主要株主 日本軽金属ホールディングス 66%
いすゞ自動車 34%
外部リンク http://www.fruehauf.co.jp/
テンプレートを表示

日本フルハーフ株式会社(にっぽんフルハーフ)は、神奈川県厚木市上依知上ノ原に本社を置く物流関連の製造事業者である。

概要[編集]

1963年日本軽金属いすゞ自動車の折半出資により、米国フルハーフ社の技術を導入して設立された[1]。現在も発行済み株式のうち66%を日本軽金属ホールディングスが、残りの34%をいすゞ自動車が保有している[2]。このため日本軽金属ホールディングスの子会社の一つとして数えられる。アルミバントレーラ冷凍車特殊車両海上コンテナ鉄道コンテナ航空コンテナ、プラントパッケージなどの製造・販売を行っているほか、2011年からは海上コンテナ製造の技術と経験を活かしたISOコンテナデータセンターの開発を開始した[3]。社名の「フルハーフ」は、1914年にフォード・モデルTを牽引車として初めてトレーラーを作った、デトロイトの鍛冶屋、オーガスト・フルハーフに由来する[1]

日本フルハーフ社では毎年5月第3日曜に厚木本社工場で敷地を開放してバラの観賞会を行っていて、地元はもとより遠方からも来場者が訪れる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本フルハーフ/会社沿革”. 2012年2月16日閲覧。
  2. ^ 日本フルハーフ/会社情報”. 2012年2月16日閲覧。
  3. ^ 日本フルハーフ/ISOコンテナデータセンターを開発 ISO CONTAINER DATA CENTER”. 2012年2月16日閲覧。
  4. ^ ばら観賞会”. 2012年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]