特装車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

特装車(とくそうしゃ)とは、自動車メーカーが生産した自動車(完成車)に対し、特定の用途や目的の為に部品や装置を取付けたり、ボディシャシに対して改造を加えられたものを指す。

商用車[編集]

商用車においては、貨物自動車やトラックのシャーシの上に通常の荷台ではなく、多種多用途な装備を架装したりマイクロバスを改造した自動車のこと等を指す。 具体的にはアルミバン・冷凍・冷蔵車キャリアカータンクローリーコンクリートミキサークレーン車などが挙げられるが、これらの車両は、自動車メーカーにおいて製造されたキャブ付きシャーシを用いて、架装メーカーが用途に応じた装備の設計・製作・取付加工を施し、車検を通した上でユーザーに引き渡されるのが通常である。一般的には、荷台の無いキャブ付き裸シャーシから架装されることがほとんどであり、実際に荷台を下ろし架装物を載せることはごく少数である。

乗用車[編集]

完成車に対し自動車メーカー、あるいは自動車メーカー系の架装メーカーによって、専用エアロパーツエンジンサスペンション等への換装、ボディの改造が施されて販売される車両についても、自動車メーカーでは特装車として扱う事がある[1]。また、高齢者や体の不自由な人向けの福祉車両に改造される車両も特装車の範疇に入る。

その他[編集]

特装車は自動車メーカーによってある程度仕様を設定しカタログモデル化されているものもあるが(特に商用車。冷凍・冷蔵車キャリアカークレーン車など)、顧客によって用途や目的が多様な事から設定外の仕様を求められる事も珍しくない事もあり、自動車メーカーの生産工場による量産は不向きである。しかし近年ではこれまで架装メーカーで改造を行っていた部分を含め、自動車メーカーの生産工場で標準車と同じライン上で生産する(つまり、生産工場を出荷後に架装メーカーによる改造を必要としない)ケースが出てきた。[2]。 また、キャブ付きシャーシや一部装備品の取付除外など、予め自動車メーカー側で架装メーカーでの改造作業に適した特装ベース車が生産される事もある。

主なメーカー[編集]

自動車メーカー系[編集]

トヨタ[編集]

日産自動車[編集]

マツダ[編集]

三菱自動車工業[編集]

ホンダ[編集]

スバル(富士重工業)[編集]

  • 桐生工業 - 主にスバルブランド車の架装や富士重工業で行ってきたバス車体架装車のアフターサービスを行う。

いすゞ[編集]

日野自動車[編集]

三菱ふそう[編集]

その他[編集]

架装車体製造メーカー[編集]

その他[編集]

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]