トヨタ車体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ車体株式会社
TOYOTA AUTO BODY CO.,LTD.
TOYOTA AUTO BODY logo
Toyota Auto Body head office 16-05 (3).JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7221
2011年12月28日上場廃止
名証1部 7221
2011年12月28日上場廃止
略称 TY、TAB
本社所在地 日本の旗 日本
448-8666
愛知県刈谷市一里山町金山100番地
設立 1945年8月31日
(トヨタ車体工業株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 9180301014276
事業内容 トヨタ車の企画・開発・生産
代表者 増井敬二(取締役社長)
資本金 103億71百万円
発行済株式総数 117,046,786株
売上高 1兆6615億1100万円(2018年03月31日時点)[1]
営業利益 135億6200万円(2018年03月31日時点)[1]
経常利益 139億0700万円(2018年03月31日時点)[1]
純利益 103億9600万円(2018年03月31日時点)[1]
純資産 2379億1400万円(2018年03月31日時点)[1]
総資産 5225億4000万円(2018年03月31日時点)[1]
従業員数 連結 17,511名
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車 100%
主要子会社 岐阜車体工業 100%
トヨタ車体精工 66.4%
関係する人物 水嶋敏夫(元社長)
網岡卓二(元社長)
岩瀬隆広(元社長)
外部リンク www.toyota-body.co.jp
特記事項:従業員数・その他の経営指標は2015年3月期
テンプレートを表示
トヨタ車体 コムス

トヨタ車体株式会社(トヨタしゃたい、: TOYOTA AUTO BODY CO.,LTD.)は、主にミニバン商用車SUVを製造する日本の自動車メーカーである。トヨタ自動車の完全子会社であり、トヨタグループ13社のひとつ。トヨタグループ内では「TY」の略称で表記される。

本社は愛知県刈谷市一里山町にあり、同敷地内に富士松工場がある。

概要[編集]

トラックボディの専門メーカーとしてトヨタ自動車工業(当時)から1945年に分離独立し発足。2004年には当社と同じくトヨタ系列であったアラコの車両組立事業と統合した(現・吉原工場)。2012年1月よりトヨタ自動車の完全子会社。現在はトヨタ車のミニバン、商用車、SUVなどの企画、開発から生産までを手掛ける完成車メーカーとなっている。

その他、福祉車両(ウェルキャブ)や特装車、超小型電気自動車(EV)、燃料電池自動車MIRAI」向け燃料電池スタック部品[2]の開発、生産なども手掛けている。特に、超小型EV「コムス」[3]はトヨタ車体独自ブランドとして展開している。

沿革[編集]

  • 1945年昭和20年)
    • 8月 - トヨタ自動車工業から刈谷工場が分離独立し、トラックボディ専門のトヨタ車体工業株式会社として発足。
    • 12月 - 商号を刈谷車体株式会社に変更。
  • 1947年(昭和22年) - 荒川鈑金工業株式会社を設立(旧アラコ)。
  • 1953年(昭和28年) - 商号を現在のトヨタ車体株式会社に変更。
  • 1960年(昭和35年) - 寿工場操業開始(旧アラコ)。
  • 1962年(昭和37年) - 吉原工場操業開始(旧アラコ)。
  • 1964年(昭和39年) - 富士松工場操業開始。
  • 1974年(昭和49年) - エース産業株式会社を設立。
  • 1988年(昭和63年) - タイにタイオートワークス株式会社を設立(現・トヨタオートワークス株式会社)。
  • 1990年平成2年) - 株式会社トヨタ車体研究所を設立。
  • 1992年(平成4年) - トヨタ車体精工株式会社を設立。
  • 1993年(平成5年) - いなべ工場操業開始。
  • 1995年(平成7年) - インドネシアにスギティークリエーティブス株式会社を設立。
  • 1997年(平成9年) - 台湾に春翔欣業株式会社を設立。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月 - タイにタイオートコンバージョン株式会社を設立。
    • 10月 - アラコ株式会社の車両組立事業と統合
  • 2005年(平成17年)
    • 1月 - トヨタ・チーム・アラコ(TTAR)の後を継ぎ、チーム・ランドクルーザー・トヨタ・オートボデー(TLC)としてダカールラリーに参戦
    • 9月 - インドネシアにトヨタオートボデートーカイエクストゥルージョン株式会社を設立。
    • 11月 - マレーシアにトヨタオートボデーマレーシア株式会社を設立。
  • 2007年(平成19年)
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - トヨタ自動車の完全子会社となる。
    • 12月 - タイ子会社のトヨタオートワークスにてハイエース、インドネシア子会社のスギティークリエーティブスにてNAV1(日本名ノア)の車両生産を開始。
  • 2013年(平成25年)
    • 2月 - インドネシアにレジンプラッティングテクノロジー株式会社を関東化成工業との合弁で設立。

拠点[編集]

富士松工場正門
開発センター(本社・富士松工場内)

関連会社[編集]

国内[編集]

  • 株式会社東海特装車(愛知県安城市)
  • エース産業株式会社(愛知県刈谷市)
  • 株式会社トヨタ車体研究所(鹿児島県霧島市)
  • トヨタ車体精工株式会社(愛知県高浜市)
  • 東海部品工業株式会社(愛知県刈谷市)
  • 岐阜車体工業株式会社(岐阜県各務原市)
  • 株式会社エル・エス・コーポレーション(愛知県刈谷市)
  • TABMEC株式会社(愛知県刈谷市)
  • 株式会社イナテック(三重県いなべ市)
  • ライフクリエイション株式会社(愛知県豊田市)
  • 株式会社ライフサポート(愛知県安城市)


海外[編集]

  • スギティークリエーティブス株式会社(インドネシア)
  • 春翔欣業株式会社(台湾)
  • タイオートコンバージョン株式会社(タイ)
  • トヨタオートボデートーカイ エクストゥルージョン株式会社(インドネシア)
  • トヨタオートボデーマレーシア株式会社(マレーシア)
  • トヨタオートワークス株式会社(タイ)
  • オートパーツマニュファクチャリングミシシッピ株式会社(アメリカ合衆国)
  • 嘉興豊実福祉汽車部件有限公司(中華人民共和国)
  • レジンプラッティングテクノロジー株式会社(インドネシア)


ダカール・ラリー[編集]

2018年ダカールで部門優勝を収めたランドクルーザー

同社は旧アラコの「Toyota Team ARaco」(トヨタ・チーム・アラコ、TTAR)時代に引き続き、ランドクルーザーを用いて「Team Land Cruiser TOYOTA AUTO BODY」(TLC)としてダカール・ラリーへの参戦を継続している。市販車部門ディーゼルクラスにおいて2005年 - 2011年に6連覇、2014年 - 2019年に6連覇を達成している[4]

また単に勝利するだけでなく、廃油から精製したバイオディーゼルのみを用いての連続完走も果たしている。 

企業スポーツ活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]