レクサス・LM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レクサス・LM
GGH31/AYH36型
Lexus LM 002 (cropped).jpg
フロント
Lexus LM 004 (cropped).jpg
リア
概要
製造国 日本の旗 日本三重県
販売期間 中華人民共和国の旗 中国2020年2月24日
ボディ
乗車定員 4・7名
ボディタイプ 5ドアミニバン
駆動方式 四輪駆動
パワートレイン
エンジン 2AR-FXE
2,494cc 直列4気筒 DOHC
2GR-FE型(香港仕様)
3,456cc V型6気筒 DOHC
2GR-FKS
3,456cc V型6気筒 DOHC
モーター 前システム:105kW
後モーター: 50kW
最高出力 システム最高出力:120kW
最大トルク 198N・m 4,000rpm
変速機 電気式無段変速機
サスペンション
-
車両寸法
ホイールベース 3,000mm
全長 5,040mm
全幅 1,850mm
全高 1,945mm
車両重量 2,590-2,815kg
その他
姉妹車 トヨタ・アルファード(3代目)
トヨタ・ヴェルファイア(2代目)
テンプレートを表示

LM(エルエム、Lexus LM)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランドレクサスが、中国大陸香港マカオ台湾東南アジア、およびインド向けに販売している大型LLクラスの4・7人乗りミニバン型高級乗用車である。製造はトヨタ車体いなべ工場が担当している。日本では未発売だが、一部のディーラーから逆輸入する事で台湾モデルを購入出来る。

概要[編集]

LM 350

レクサス初のミニバンであり、セダンのLS、クーペのLC、SUVのLX、ヨットのLYに次ぐ5番目のフラッグシップモデルでもある[1]

トヨタブランドから発売されているアルファード/ヴェルファイア(所謂「アルヴェル」)とボディシェルを含めたプラットフォームとエンジンミッションを共有する兄弟車種であるが、細部に亘る設計や品質は、吸音材の違いによる静粛性の差異や内外装の製造基準など、全般においてレクサス車たるLMの方が高い。

グレード[編集]

現在中国ではLM300hの7人乗りと4人乗りの二グレード構成で販売されている。両者の外観に差はなく、内装によって差別化されている。[3]

LM300h 七座雋雅版[編集]

アルファード、ヴェルファイアの「Executive Lounge」に相当する装備をもったグレード。2+2+3の7人乗り。価格は116万6000元(約1800万円)。

LM300h 四座御世版(Emperor Suite)[編集]

アルファード、ヴェルファイアのモデリスタコンプリート車「Royal Lounge」に相当する装備をもったグレード。しかし、「Royal Lounge」の液晶ディスプレイ 24インチに対してこちらは26インチであり、専用設計となっている。 2+2の4人乗りで、7人乗りグレードとの大きな違いは前後席間にパーテーションが装備されている点である。また、パーテーションには先述の液晶ディスプレイや前後席連絡用の窓、サウンドシステムなどが装備されている。前後席連絡用の窓は、スイッチ操作でスモークをかけることが出来る他、開閉できる。価格は146万6000元(約2200万円)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]