アラコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラコ株式会社は、かつて存在したコーチビルダー・部品メーカーである。トヨタ自動車株式会社の子会社であった。

2004年平成16年)10月1日吸収分割により、トヨタ車体株式会社に車体部門を承継させた後、同日に、シート部門を豊田紡織株式会社(現・トヨタ紡織株式会社)らと合併し消滅した。

なお2015年(平成27年)7月1日に、トヨタ紡織株式会社の子会社である株式会社KYOEIARACOが、アラコ株式会社に商号変更した。本稿では主に2004年に消滅した旧・アラコ株式会社について述べる。

沿革[編集]

旧・アラコ株式会社[編集]

現・アラコ株式会社[編集]

  • 1974年(昭和49年) 協栄産業株式会社として設立
  • 2004年(平成16年) 株式会社KYOEI ARACOへ商号変更
  • 2015年(平成27年) アラコ株式会社へ商号変更

拠点(旧・アラコ)[編集]

研究・開発・実験[編集]

生産[編集]

  • 吉原工場(愛知県豊田市):車体組み立て、プレス型保管
  • 寿工場(愛知県豊田市):シートAssy生産
  • 猿投工場(愛知県豊田市):車体組み立て、特装
  • 豊橋工場(愛知県豊橋市):ドアトリムAssy生産
  • アラコ九州・本社工場(佐賀県神埼市神埼町):トヨタ自動車九州向けシート、ドアトリムAssy生産

関連企業[編集]

主な製品(旧・アラコ)[編集]

生産受託していた車[編集]

その他[編集]

原付四輪電気自動車「エブリデー コムス」のシステムは、電気自動車ミニカーである、「実車版チョロQ」(CQモーターズ)に供給されていた。

外部リンク(旧・アラコ)[編集]