トヨタ・デリボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
デリボーイ
トヨタ・デリボーイ
(KXC10V/CXC10V型)
販売期間 1989年 - 1995年
乗車定員 2/5名
ボディタイプ ウォークスルーバン
エンジン 1500ガソリン5K-II
2000ディーゼル2C-III
駆動方式 FR
変速機 3速AT
4速AT
5速MT
全長 4,385 mm
全幅 1,650 mm
全高 1,980 mm
ホイールベース 2,500 mm
車両重量 1,200kg~1,350kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

デリボーイDeliboy)は、トヨタ自動車が製造していたセミキャブオーバータイプのバンである。

概要[編集]

「日本初の大衆クラスのウォークスルーバン」と謳い、当時のトヨタオート店から発売された。 既に発売されていたクイックデリバリーの縮小版といった趣きで、右側がヒンジドア、左側がスライドドア、後部ドアが観音開きのウォークスルーバンである。

主に配送や移動販売車などに使われた。トランスミッションはコラム5速MTとコラム3速 (1500cc) / 4速 (2000ccディーゼル) ATがあった。エンジンは1500ガソリン5K-IIと2000ディーゼル2C-IIIである。駆動方式はFRのみで4WDの設定は無かった。

基本的にライトエーストラックなど、1トン積み商用車の流用部品で構成されている。

車体設計の一部と生産はアラコに委託されていた。

業務用としての活躍は殆ど見られなくなったが、製造中止から10数年経った現在もトランスポーターや独特の雰囲気からかカスタムカーのベース車として人気がある。グレードは乗車定員と内装の違いで、2人乗りが201と202、5人乗りに501と502があった。パワーウインドウは設定されていない。助手席は折り畳み式、後部座席は左右分割式で左半分は側面に折り畳み式を採用していた。荷室の窓もグレードにより有無がある。

セミキャブオーバーのため、キャブオーバーよりも必然的にスペース効率が悪い、ドア枚数が少ない、助手席が質素過ぎた等が生産中止・販売不振の原因として挙げられる。

歴史[編集]

販売店[編集]

関連項目[編集]