トヨタ・MR-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ・MR-S
ZZW30型
前期型 北米仕様
(1999年10月 - 2002年8月)
Toyota MR2 Spyder.jpg
後期型(2002年8月 - 2007年9月)
2002 Toyota MR-S 02.jpg
販売期間 1999年10月-2007年9月
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン 1ZZ-FE型 1.8L 直4
駆動方式 MR
最高出力 140PS/6,400rpm
最大トルク 17.4kgm/4,400rpm
変速機 5速MT / 5速セミAT(前期型)
6速MT / 6速セミAT(後期型)
サスペンション 前後:ストラット式
全長 3,895mm
全幅 1,695mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 970 - 1,020kg
先代 トヨタ・MR2
後継 トヨタ・86(実質。5年の空白期間あり)
プラットフォーム トヨタ・NBCプラットフォーム
-自動車のスペック表-

トヨタ・MR-S(エムアール-エス)とは、トヨタ自動車が製造・販売していた2シーターの自動車である。手動ソフトトップのオープンタイプスポーツカーで、MR2の後継車で、初代MR2から3代目になる。セントラル自動車が製造した。

概要[編集]

2代目のMR2はパワースペック競争の結果、シャーシとエンジンの関係から挙動がピーキーであった。本車型は他車のコンポーネントを流用し、エンジン出力は控えめだが軽量化により加速と運動性の良さ、オープンドライブ、など運転を楽しめるライトウェイトスポーツカーに仕上げた。最適な重量配分を得るために後部トランクを撤廃[1]し、シート背面にラゲッジスペースを備える。

前輪駆動車のパワーユニットを後方に平行移動する手法で部品などを流用している。トランスアクスルが後輪の直上、エンジンはその前方とかなりリア寄りに置かれ、前後重量配分も後部が重い。車重は当初は1,000kgを下回っていたが、強化された衝突安全アセスメントに対応などのためマイナーチェンジで補強されて最終的に当初よりも40kg程度重量が増加している。サスペンションは前後ともストラット式サスペンションである。

車名は、日本国外向けも含めてMR-Sに変更する計画であったが英語圏でMrs.(ミセス)に通じてスポーツカーにそぐわず、日本国外のヨーロッパとオーストラリアはMR2が継続された。米国向けはオープンカーとなったことを明確にするため、MR2スパイダーとなった。日本国内でスパイダーの商標はダイハツ工業が保有している。フランス向けは初代よりMRとして輸出されていた。MR-Sの"MR"はミッドシップMidship Runabout )を指している。

スペシャルティカー市場が縮小して年間生産台数は2006年に1,000台程度となり、2007年7月末に生産終了した。総生産台数は77,840台で、他社同クラスのオープン2シーターモデルと比較して少ない。生産中止前に、ブラックカラーのレッドトップやメッキ風エアインレットガーニッシュなどの特別仕様を設定したFinal versionが1,000台限定で販売された。

国内向け車型は、トヨタマークがステアリングのみ刻印されており、エクステリアは一切なく「MR」を図案化したエンブレムがある。

スタイル・機構[編集]

エンジン[編集]

全車とも、直列4気筒DOHCで排気量1,800cc、最高出力140馬力/6,400rpm、最大トルク17.4kgm/4,400rpmの1ZZ-FEエンジンを搭載する。

トランスミッション[編集]

MTと国産量産車初のシーケンシャルマニュアルトランスミッション (SMT) が設定され、MTは初期型が5速、マイナーチェンジ以降は6速である。日本ではSMTはAT限定免許の運転対象である。

歴史[編集]

  • 1995年 - MR-Sの原型となる4人乗りコンセプトカーのMR-Jがモーターショーで発表される。
  • 1997年 - コンセプトカーMR-Sが東京モーターショーで発表される。基本スペックは1999年発表の量産モデルとほぼ同一だが、外観デザインの細部は異なる。
  • 1999年10月 - 発売する。
  • 2000年8月 - SMTモデルとトップグレードのVエディションを追加する。
  • 2002年8月 - 5速のミッションが6速に、タイヤサイズがF185/55R15,R205/50R15→F185/55R15,R215/45/R16に、フォグランプを追加、ヘッドランプとテールランプを変更、シート形状を穴あきタイプに、ボディ剛性を強化、サスペンション剛性を強化、インテリアを変更、などマイナーチェンジされる。
  • 2004年1月 - ボディ剛性を強化して車重が30kgほど増加する。
  • 2005年12月 - フォグランプインジケーターを追加し、テールランプとブレーキランプの配置が入れ替わる。
  • 2006年11月、ベース車を2007年1月に生産終了し、特別仕様車「Vエディション ファイナルバージョン」を1,000台限定で発売する。
  • 2007年7月 - 生産を終了して在庫のみの対応となる。
  • 2007年9月 - スポーツカー不振のため販売を終了してモデルを廃止する。

取扱い販売店[編集]

モータースポーツ[編集]

GT300仕様

全日本GT選手権(JGTC)SUPER GT GT300クラスで、aprが 2000年から2008年まで運用。ちなみに同マシンはフロントにトヨタのエンブレムがついており、トヨタのセミワークスとしての参戦となる。トイ・ストーリーカーズとのコラボレートモデルも存在した。2001年からはMR-S二台体制で参戦。2003年から、2006年を除いてARTA・ガライヤとの三台体制となった。エンジンは3S-GTEの直4ターボ、2006年からはV6/3.5リッター自然吸気の2GR-FEに換装されている。

2002年に新田守男/高木真一組、2005年に佐々木孝太/山野哲也組、2007年に石浦宏明/大嶋和也組と3度チャンピオンに輝いた。

その他ラリーやジムカーナでもプライベーターが運用していた。

車名の由来[編集]

Midship Runabout Sportsopencar」ミッドシップ・ランアバウト(ラナバウト)・スポーツオープンカーの頭文字から創作された造語。エムアールエスと読む。

MR-Sをベースにしたカスタムカー[編集]

Abflug MR-X
  • TMI・VM180ザガート - イタリアのカロッツェリア、ザガートが外観をデザインし、モデリスタが製造・販売した限定車(100台限定)。398~450万円。
  • カセルタ - 日本のデザイン会社、モディーが外観をデザインし、モデリスタが製造・販売した限定車(150台限定)。350~388万円。
  • 横浜スタジアムリリーフカー - トヨタテクノクラフトが手がけた。日産・エスカルゴの後継として2000年に導入。ビジター用とホーム用の2台がある。SMT。2016年シーズンをもって退役(後継車種は日産・リーフ)。
  • モノクラフトGT300 - オートバックスが企画したカスタムカー。上記のJGTC参戦マシンを再現。ドラマ「西部警察 SPECIAL」でもアルファロメオ・156等と共に警察車両(劇用車)として使用された。使用パーツは2002年シーズンのARTAのものを公道向けに修正。3ナンバーサイズに拡大する為、構造変更検査が必要になる。
  • MR-S turbo tuned by TTE - Toyota Team Europeの制作したターボ車。
  • MR-S with VTEC - HALF WAYによる、ホンダ・インテグラタイプR搭載のK20A(220PS)に換装したコンプリートカー。
  • MR-S ロッテ"BLACK BLACK" - ロッテガムブラックブラック20周年記念のキャンペーンとして1名にプレゼントされた。モデリスタによりボディ・ハンドル・シート・サイドパネルがカスタマイズされた。
  • MR-X - 日本のデザインブランド Abflugによる、コンプリートカー。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『90年代国産車のすべて』三栄書房、34頁参照

関連項目[編集]