トヨタ・MR-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ・MR-S
ZZW30型
前期型 北米仕様
(1999年10月 - 2002年8月)
Toyota MR2 Spyder.jpg
後期型(2002年8月 - 2007年7月生産終了)
2002 Toyota MR-S 02.jpg
販売期間 1999年10月 -
2007年7月(生産終了)
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン 1ZZ-FE型 1.8L 直4
駆動方式 MR
最高出力 140PS/6,400rpm
最大トルク 17.4kgm/4,400rpm
変速機 5速MT / 5速セミAT(前期型)
6速MT / 6速セミAT(後期型)
サスペンション 前後:ストラット式
全長 3,895mm
全幅 1,695mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 970 - 1,020kg
先代 トヨタ・MR2
プラットフォーム トヨタ・NBCプラットフォーム
-自動車のスペック表-

トヨタ・MR-S(エムアール-エス)とは、トヨタ自動車が製造・販売していた2シーターの自動車である。オープンタイプ(手動ソフトトップ)のスポーツカーで、MR2の後継車である(初代MR2から数えると3代目になる)。なお、この車種の製造に関してはMR2同様、セントラル自動車(現・トヨタ自動車東日本)が担当していた。

概要[編集]

2代目のMR2はパワースペック競争に巻き込まれた結果、シャーシの熟成が間に合わず、挙動が読み辛いうえにピーキーなクルマとなってしまった。MR-Sではその反省に立ち、他車のコンポーネントを流用しつつ、パワーは控えめであるが軽量化による加速と運動性の良さ、オープンドライブなど、運転が楽しめるライトウェイトスポーツカーに仕上げた。そのため、MR2にはあった後部トランクが最適な重量配分を得るために撤廃され[1]、代わりにシート背面にラゲッジスペースを備えている。

先代のMR2と同様に前輪駆動車のパワーユニットを後方に平行移動する手法で部品等を流用している。MR2同様にトランスアクスルが後輪の直上、エンジンはその前方とかなりリア寄りに置かれ、前後重量配分も後部が重い。徹底した軽量化により、当初は1,000kgを切る重量で作られたが、強化された衝突安全アセスメントへの対応などのためマイナーチェンジで補強が行なわれ、最終的には当初よりも40kg程度重量が増加している。サスペンションもまたMR2同様に前輪駆動車のフロントサスペンションに多いストラット式サスペンションがリア側にも採用されている。

車名は日本国外向けも含めてMR-Sという名前に変更する計画があったが、英語圏ではMrs(ミセス)の意味となり、スポーツカーに相応しくないという理由で、日本国外(欧州・豪州)ではMR2が継続された。

米国向けはオープンカーとなったことを明確にするため、MR2スパイダーとなった。なお日本国内ではスパイダーの商標はダイハツが保有。またフランス向けは初代よりMRの名称として輸出されていた。なおMR-Sの"MR"はミッドシップMidship Runabout )を指している。

売れ行きはさほど伸びず、2006年には年間生産台数が1000台程度まで落ち込み、スペシャルティカー縮小の影響もあって、2007年7月末に生産終了となった。総生産台数は77,840台で、他社の同クラスのオープン2シーターモデルと比較すると少ない。また、生産中止前にFinal versionが1000台限定で販売された。(ブラックカラーのレッドトップやメッキ風エアインレットガーニッシュなどの特別仕様が設定)MR-Sの終了と同時に、トヨタはスポーツカー事業から一時撤退したことになり、同事業は2012年のトヨタ・86まで待つこととなった。

なお、国内向けのエクステリアにはトヨタマークが一切なく(車内のステアリングにのみ描かれている)、代わりに「MR」を図案化したエンブレムがある。

スタイル・機構[編集]

エンジン[編集]

全車に排気量1,800cc、最高出力140馬力/6,400rpm,最大トルク17.4kgm/4,400rpmの1ZZ-FEエンジン(直列4気筒DOHCVVT-i)を搭載。同エンジンは100kg程度と軽量であり、セリカのSS-Iなどにも搭載されている他、2010年までロータス・エリーゼにも搭載された。

トランスミッション[編集]

MTセミATのシーケンシャルマニュアルトランスミッション(SMT)の2種類があり、初期型は5速、マイナーチェンジ以降は6速となっている。ATの設定はないが、SMTは日本の法律上ではATの扱いであるため、AT限定免許で運転は可能。国産量産車では初めてのSMT搭載車である。

歴史[編集]

  • 1995年 - MR-Sの原型となるMR-Jという4人乗りのコンセプトカーがモーターショーで発表される。
  • 1997年 - MR-Sという名前のコンセプトカーが東京モーターショーで発表される。基本スペックは1999年発表の量産モデルとほぼ同一だが、外観デザインの細部は異なる。
  • 1999年10月 - 発売。
  • 2000年8月 - シーケンシャルMTモデルを追加。トップグレードのVエディション追加。
  • 2002年8月 - マイナーチェンジ。変更点はミッション変更(5速→6速)。タイヤサイズ変更(F185/55R15,R205/50R15→F185/55R15,R215/45/R16)。フォグランプ追加。ヘッドランプ&テールランプ変更。シート形状を穴あきタイプに変更。ボディ剛性強化。サスペンション剛性強化。インテリア変更など。
  • 2004年1月 - さらにボディ剛性を強化したため、車重が30kgほど増加した。
  • 2005年12月 - フォグランプインジケーター追加。テールランプとブレーキランプの配置入替。
  • 2006年11月、ベース車を2007年1月に生産終了、特別仕様車「Vエディション ファイナルバージョン」を1000台限定で発売し、2007年7月での生産終了を発表。
  • 2007年7月 - 折からのスポーツカー不振のため、生産終了およびモデル廃止。これによって、トヨタブランドとしてのスポーツカーのラインナップが消滅し、2012年4月のトヨタ・86発売までの間同事業から事実上一時撤退する事となった。また、これによりトヨタの新車購入可能な6速MT車も一旦姿を消すことになった(後にオーリスのRSで6速MTが復活)。

取扱い販売店[編集]

車名の由来[編集]

Midship Runabout Sportsopencar」ミッドシップ・ランアバウト(ラナバウト)・スポーツオープンカーの頭文字から創作された造語。エムアールエスと読む。

MR-Sをベースにしたカスタムカー[編集]

GT300仕様
Abflug MR-X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『90年代国産車のすべて』三栄書房、34頁参照

関連項目[編集]