トヨタ・マークIIクオリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・マークIIクオリス
SXV2#W/MCV2#W型
1997年4月発売型
1997 Toyota Mark II Qualis 01.jpg
Toyota-mark2 qualis-rear.jpg
1999年8月改良型
1999 Toyota Mark II Qualis 01.jpg
販売期間 1997年4月 - 2002年1月
乗車定員 5人
ボディタイプ ステーションワゴン
エンジン V型6気筒 3.0/2.5L
直列4気筒 2.2L
駆動方式 FF / 4WD
変速機 4速AT/5速MT
サスペンション 4輪ストラット
全長 4,790mm
全幅 1,785mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,470-1,570kg
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク
姉妹車 トヨタ・カムリグラシア
先代 トヨタ・マークIIワゴン
後継 トヨタ・マークIIブリット
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

トヨタ・マークIIクオリスMARK Ⅱ QUALIS)は、トヨタ自動車がかつて製造していたステーションワゴンタイプの乗用車である。なお、インドで現地生産・発売されていた多目的乗用車「トヨタ・クオリス」、及び韓国の自動車メーカー・起亜が海外市場にて発売する「キア・クオリス」との関連性はない。

概要[編集]

1997年4月にそれまでX70系ベースで生産されてきたマークIIワゴンのフルモデルチェンジ版。車名こそマークIIを名乗るが、ハードトップのマークIIとは別物で、カムリグラシアの姉妹車でもある。ベースはMCV20系ウィンダムで歴代マークIIの中では最初で最後のFF車(もしくはそれをベースとした4WD)であった。エンジンもマークIIのものではなく、カムリと共通の直4・2.2L(5S-FE型)とV6・2.5L(2MZ-FE型)、それにウィンダム(日本国外ではレクサス・ES)に搭載していたV6・3L(1MZ-FE)の3種類。2.2Lと2.5Lには4WDも設定された。基本的にはモノグレード+パッケージオプションの構成だが、基本装備はトヨタらしく充実しており前席エアバッグやABS等はどのグレードでも標準。オプションとしてサイドエアバッグやプライバシーガラス、スカイフックTEMS等が用意された。3LのみサンルーフやTRC、CDナビゲーション付きマルチAV、スカイフックTEMS等が標準だが、他グレードでもオプションとしても選べた。

歴史[編集]

前期型(1997年-1999年)[編集]

1997年4月14日、X70型マークIIワゴンの後継として販売開始。先行して販売されたカムリグラシアの姉妹車であるが同時期のマークIIセダンのフロントフェイスの特徴が良く出ている。Lクラスのワゴンとしても最大級の広さを誇るが上部の絞り込みが強く実用面の評価は低い。だが1984年から継続販売されていた旧マークIIワゴンはもとより、同時期のライバル車種と比較してもかなりスタイリッシュかつシンプルなエクステリアデザインだった。CMのキャッチコピーは「ALL DAYS WAGON」CMソングにはシカゴの「Hard to Say I'm Sorry」を起用したりスタイリッシュな演出がなされた。1998年8月、マークIIのマイナーチェンジに合わせて一部変更。廉価グレードのホイールキャップが同時期のマークII(x100系 後期型)の物に変更される。

後期型(1999年-2002年)[編集]

1999年8月にマイナーチェンジが行われ、前後デザインの一部変更と専用内装色やオートレベリング付きHIDヘッドライト装備のスポーティ仕様「ツアラーエディション」が追加される。同時に3LエンジンのVVT-iの採用や2.5LエンジンにもECT-iEが拡大(以前は3Lエンジンのみ)される等機能の充実が施される。2002年1月には後継車としてマークIIブリットが発売に伴い販売終了。それとともに、駆動方式が再びFR(後輪駆動)に変更された。

販売店舗[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

https://web.archive.org/web/19970618193506/http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/MarkIIwagon/