トヨタ・ビスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・ビスタ
Toyota Vista 2000.jpg
5代目セダン N200(2000年改良型)
概要
販売期間 1982年2003年
ボディ
ボディタイプ 4ドアノッチバックセダン
4ドアハードトップセダン
5ドアリフトバックセダン
5ドアステーションワゴン
駆動方式 FF/4WD
系譜
先代 トヨタ・セリカカムリ
後継 トヨタ・アベンシス
テンプレートを表示

ビスタVISTA)は、トヨタ自動車1982年から2003年まで生産していた乗用車。「ビスタ」は日本国内専用の名称であった。

また、この項目では以下のモデルについても記述する。

概要[編集]

1982年4月に、トヨタ初のエンジン横置きFF[注釈 2]化され、同年3月から販売開始されていたV10型カムリ姉妹車として登場する。トヨタ自動車の5番目の販売チャンネルとして1980年4月に新設されたトヨタビスタ店[注釈 3]で販売していた。

初代 V1#型(1982年-1986年)[編集]

トヨタ・ビスタ(初代)
V1#型
1stVista.jpg
セダン(1984年発売型)
概要
販売期間 1982年4月1986年8月
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアリフトバックセダン
駆動方式 前輪駆動
パワートレイン
エンジン 2S-ELU型 直4
3S-GELU型 直4
1S-LU型 直4
→1S-iLU型 直4
1C-TL型 直4 ディーゼルターボ
→2C-TL型 直4 ディーゼルターボ
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション
前:
マクファーソンストラット
後:
パラレルリンクストラット
車両寸法
ホイールベース 2,600 mm
全長 4,415 mm
全幅 1,690 mm
全高 1,395 mm
車両重量 1,065 kg
その他
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル セダン2000VX 5速MT(1982年発売型)
系譜
先代 トヨタ・セリカカムリ
テンプレートを表示
  • 1982年昭和57年)4月、同時期にモデルチェンジで前輪駆動化されたカムリ(2代目)の姉妹車として登場。ボディーバリエーションは、当面はカムリ同様1.8 L(1S-LU型・100 ps)4ドアセダン5速MTのみの設定。グレードはVC/VL/VE/VXの4機種で、各グレード名のVはVistaの頭文字である。VEとVXにはパワーウインドウも付いた。輸出用はフロントグリル下部のVISTAバッジがTOYOTAとなり、「カムリ」として販売された。北米市場を主眼として開発されたため、同排気量、同車格の国内向けモデルとは相違があり、当時の日本車としては非常に珍しい後席3点式シートベルトを備える反面、内外装の意匠はごく簡素で、ステアリングコラムのチルト機構も省略されている。テレビCM出演者は1982年(昭和57年)発売型は多岐川裕美松平健[注釈 4]で、1984年発売型はビートたけし[注釈 5]だった。
  • 1982年(昭和57年)8月ファストバックセダンの5ドアリフトバックが発売された。前年の東京モーターショーに参考出品された「F120」の市販化モデルでもあった[注釈 6]。4ドアセダンに比べ5ドアは全高が低く抑えられた。同時に、既存の1.8 L車に4速ATと2000 EFI2S-ELU型・120 ps)も追加される。2000 EFIのAT車は、電子制御式が採用された。
  • 1983年(昭和58年)8月、1.8 Lターボディーゼル1C-TL型・73 ps)追加。
  • 1984年(昭和59年)6月、マイナーチェンジで内外装の変更とともに(3S-GELU型 190 ps)DOHCエンジンがラインナップに加えられた(グレードは2.0VSツインカムおよび2.0VXツインカム)。なお、日本車初の横置き前輪駆動DOHC搭載車でもあった。1.8 Lガソリンエンジン車のエンジン燃料供給装置がCi(電子制御シングルポイントインジェクション)化された。また、特別仕様車であったVLエクストラがカタログモデルに昇格した。VEと特別仕様車のVEエクストラはVFに統合された。
  • 1985年(昭和60年)3月、ビスタ店5周年特別仕様車「グランドエクストラ」が4ドア・5ドア双方に設定された。
  • 1985年(昭和60年)8月、ターボディーゼルが2.0 L(2C-TL型 88 ps)化された。

販売終了前月までの新車登録台数の累計は10万6294台[1]

2代目 V2#型(1986年-1990年)[編集]

トヨタ・ビスタ(2代目)
V2#型
Toyota vista sv21 2.0vx 1 f.jpg
ハードトップ(1986年発売型)
概要
販売期間 1986年8月1990年7月
設計統括 宮川昭一
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアハードトップ
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
パワートレイン
エンジン 3S-FE型 直4
3S-GE型 直4
1S-i型 直4
→4S-Fi型 直4
2C-T型 直4 ディーゼルターボ
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション
前:
マクファーソンストラット
後:
パラレルリンクストラット
車両寸法
ホイールベース 2,600 mm
全長 4,520 mm
全幅 1,690 mm
全高 1,370 mm
車両重量 1,210 kg
その他
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル ハードトップ2000VX 5速MT(1986年発売型)
テンプレートを表示

1986年8月登場。キャッチコピーは「さわやかに、インテリジェント・ハードトップ。ウェルカム ニュービスタ」。市場で人気を得られなかった先代の反省から車格感の向上と車種構成の見直しを主眼としたモデルチェンジとなった。姉妹車のカムリと同様の、2.0Lにハイメカツインカムを初搭載した。先代で不人気だった5ドアリフトバックを廃し、代わりにビスタ店の顔となる日本専用モデルとして当時流行していた4ドアピラードハードトップを加えた。4ドアハードトップのスタイリングは、同時期のカリーナEDマークIIの影響を受けたものだった。

4ドアセダン・4ドアピラードハードトップというラインナップは、その後5代目でステーションワゴンのアルデオに切り替わるまで2代目から4代目の3世代に渡って販売され続けた。スポーティモデルとして「GT」を設定し、スポーツツインカムエンジンの3S-GE型を搭載した。ボディカラーは「スーパーホワイトII」「グレーメタリック」「ダークレッドマイカ」「ライトベージュメタリック」「ブラウンメタリック(セダンのみ)」「グレイッシュブルーメタリック(ハードトップのみ)」「ブルーマイカ」「アーバンシルエットトーニング」と呼ばれるシルバーとガンメタのツートンカラー(ハードトップのみ)、「パールフレグランストーニング」と呼ばれるホワイトパールのツートンカラーの計8色から選べた。このうち同時期のGX71マークIIで流行したマルーンの内装色はスーパーホワイトIIとダークレッドマイカで選択可能であった。

国外仕様は「カムリ」名義であったが、意匠はビスタのセダンと共通であった。国外仕様の車種構成についてはトヨタ・カムリ#歴史参照。

4ドアハードトップは日本専売であったが、当時、「VISTA 4ドアハードトップ」、「CAMRY PROMINENT 4ドアハードトップ」、「Lexus ES」(米国仕様)の3車種は、事実上の共通車種として生産過程も共通であり、いずれの場合であっても、サイドウインドーには、「TOYOTA」、「LEXUS」のロゴが、上下に併記されていた。

  • 1987年8月、VLエクストラをベースに、パワーウィンドウと集中ドアロックを装備したETOILE(エトワール)を追加。
  • 1987年10月、初の2.0L 四輪駆動車が登場。VRとVLエクストラの5速MTに設定される。
  • 1988年8月、マイナーチェンジが行われた。フロントバンパーとグリル、リアテールの意匠変更。1.8L車もハイメカツインカム(4S-Fi型・105PS)に変更、四輪駆動車に4速ATが追加された。ボディカラーは新設定の「シルバーメタリック」と「ブラキッシュブルーマイカメタリック」と「パールフレグランストーニングII」と呼ばれるホワイトパールのツートンカラーと「サイレントブルートーニング」と呼ばれるブラキッシュブルーとシルバーのツートンカラー(ハードトップのみ)の4色を含む「スーパーホワイトII」「グレーメタリック」「レッドマイカ」「ライトベージュメタリック」の計8色から選べた。
  • 1989年5月、特別仕様車 ETOILE V(エトワール ブイ)を発売。
  • 1989年6月、最上級 グレードVXに、特別仕様車VXリミテッドを設定した。
  • 1990年1月、特別仕様車 ETOILE V(エトワール ブイ)とVXリミテッドを一部改良。

販売終了前月までの新車登録台数の累計は35万8020台[2]

3代目 V3#型(1990年-1994年)[編集]

トヨタ・ビスタ(3代目)
V3#型
3rdvista.jpg
ハードトップ(1990年発売型)
概要
販売期間 1990年7月1994年7月
設計統括 宮川昭一
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアハードトップ
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
パワートレイン
エンジン 3S-GE型 2.0L 直4 DOHC
3S-FE型 2.0L 直4 DOHC
4S-FE型 1.8L 直4 DOHC
2C-T型 2.0L 直4 SOHC ディーゼルターボ
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション
前:
マクファーソンストラット
後:
パラレルリンクストラット
車両寸法
ホイールベース 2,600 mm
全長 4,600-4,630 mm
全幅 1,695 mm
全高 1,380-1,395 mm
車両重量 1,160-1,390 kg
その他
姉妹車 トヨタ・カムリ(4代目)
販売終了前月までの新車登録台数の累計 18万642台[3]
テンプレートを表示
  • 1990年7月11日発表・発売。ボディはV20と同様にセダンとハードトップの2種類であった。全般的にはキープコンセプトであったが、前年に登場したセルシオの設計思想やノウハウが生かされ、なめらかな曲線を採用したフラッシュサーフェイスボディとなり洗練度が大幅に向上しただけでなく、バブル期に開発されたモデルなので内外装の品質・耐久性・装備の充実度など全てにおいて歴代最高のクオリティと高級さを持っているのが最大の特徴。キャッチコピーは「時代は「快」へ。DRIVING AMENITY」。煌びやかな豪華さや数百馬力のパワーなど、表に見えるものだけが品質じゃない、オーナーの優しく包み込むようなクルマを目指した。具体的な装備品には「車速感応型4WS」、「4輪ABS」、「運転席エアバッグ」、「パワーシート」、「エレクトロニックディスプレイメーター」、「ワイヤレスドアロック」、「運転席助手席シートベルトバックル照明」、「フルコンシールドワイパー」、「超音波雨滴除去機能付き電動格納式リモコンドアミラー」、「チルト&スライド電動式ガラスムーンルーフ」、「オートドライブ(クルーズコントロール)」、の採用などであり、現在のクルマでは当たり前となった装備をビスタが先駆けて装備したものもあれば、逆に廃止になってしまった装備も多い。4ドアハードトップボディと、4ドアセダンボディをラインアップする。エンジンは直列4気筒の3S-FE型2Lハイメカツインカムと3S-GE型2Lスポーツツインカム、4S-FE型直列4気筒1.8Lハイメカツインカム、2L-TE型ディーゼルターボの4種類が用意される。ミッションは4速ATと5速マニュアルの2種、フルタイム四輪駆動の設定もある。車速感応型4WSは低速時は前後逆方向に、高速時は同方向へ舵を取り、小回りと走行安定性を向上させた。グレードは上から「GT」、「VX」、「VR」、「Étoile」、「VE」、「VL」。当時のハードトップブームとバブル景気に乗り、ファミリー層・熟年層を中心に好調な売れ行きを示した。ボディカラーは「スーパーホワイトII」「アメジストシルバーメタリック」「ダークブルーイッシュグレーマイカ」「レッドマイカメタリック」「ミディアムターコイズオパール」「グレーシャスパールトーニング」と呼ばれるホワイトパールとゴールドのツートンカラー、「ドレッシーナイトトーニング」と呼ばれる濃い紫のツートンカラーの計7色。
  • 1991年5月、VXに本革シートがオプション設定された。
  • 1991年12月、特別仕様車「VXリミテッド」が登場。
  • 1992年7月、マイナーチェンジが実施され、フロントバンパー・グリル・テールランプ・シートモケット生地の意匠が変更された。またVXに新デザインの14インチ樹脂ホイールキャップが採用。3S-GE型スポーツツインカムエンジン搭載のGTは廃止され、GTの後継として3S-FEハイメカツインカムエンジン搭載のVXツーリングパッケージが設定された。その他、側面衝突時の安全対策としてサイドドアビームを全車に標準装備したほか、代替フロン使用のオートエアコンを標準装備した。ボディカラーは大幅に差替えが行われ、「グレイッシュグリーンメタリック」、「ダークグリーンマイカ」、「グレイッシュパープルメタリック」、「ライトベージュメタリック」、「オリーブブリーズトーニング」と呼ばれるグレイッシュグリーンとガンメタのツートンカラーの5色が新たに設定され計8色となった。
  • 1994年1月、特別仕様車「VXリミテッド」が復活。
  • 1994年6月[4]、生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
  • 1994年7月、4代目と入れ替わって販売終了。

4代目 V4#型(1994年-1998年)[編集]

トヨタ・ビスタ(4代目)
V4#型
1994 Toyota Vista 01.jpg
ハードトップ(1994年発売型「シルバーメタリック」)
概要
販売期間 1994年7月1998年7月
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアハードトップ
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
パワートレイン
エンジン 3S-FE型 2.0L 直4 DOHC
4S-FE型 1.8L 直4 DOHC
3C-T型 2.2L 直4 SOHC
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション
前:
マクファーソンストラット
後:パラレルリンクストラット
車両寸法
ホイールベース 2,650 mm
全長 4,620-4,650 mm
全幅 1,695 mm
全高 1,390-1,405 mm
車両重量 1,150-1,310 kg
その他
姉妹車 トヨタ・カムリ(5代目)
販売終了前月までの新車登録台数の累計 10万1899台[5]
テンプレートを表示
  • 1994年7月登場。バブル崩壊後の設計であったため実用とコスト本位の設計思想に転換され、至れり尽くせりであった30系に比べ装備も「TEMS」、「テレスコピックステアリング」、「超音波雨滴除去ドアミラー」、「シートベルトバックル照明」、「フルコンシールドワイパー」が廃止されたほか、内外装の質感もやや低下した。その代わりにホイールベースを50ミリ延長させたことにより定評の室内空間の広さはさらに増した。ボディバリエーションはハードトップをメインに据えセダンはαX(アルファエックス)に集約された。装備系ではTRCを新設定。また「エレクトロニックディスプレイメーター」に代わって「オプティトロンメーター」をVX系に新設定した。最初で最後の2.2Lディーゼルターボ(3C-T型)に四輪駆動車が40系のみ存在。ボディカラーは「スーパーホワイトII」「シルバーメタリック」「ライトグレージュメタリック」「ダークグリーンマイカ」「ダークブルーマイカメタリック」「シルキーパールトーニング」と呼ばれるホワイトパールのツートンカラー、「マジェスティックグレートーニング」と呼ばれるダークブルーイッシュグレーとガンメタのツートンカラーの計7色。
  • 1996年5月、マイナーチェンジが行われ外観をリフレッシュした。同時期にデビューしたイプサムに合わせ4S-FE型(1.8L)および3S-FE型(2.0L)の各ガソリンエンジンが改良を受け、ピストンおよびコンロッドの形状見直しよりドライバビリティが向上した。また、インテリア等の品質も見直された。ボディカラーは「スーパーホワイトII」「シルバーメタリック」「フラクセンマイカメタリック」「ダークグリーンマイカ」「ダークブルーマイカグラファイト」「シルキーパールトーニング」と呼ばれるホワイトパールのツートンカラー、「マジェスティックグレートーニング」と呼ばれるダークブルーイッシュグレーとガンメタのツートンカラーの計7色。
  • 1998年6月[6]、生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
  • 1998年7月、5代目にバトンタッチして販売終了。

5代目 V5#型(1998年-2003年)[編集]

トヨタ・ビスタ(5代目)
V5#型
1998 Toyota Vista 01.jpg
セダン N180 1998年販売型
1998 Toyota Vista 02.jpg
セダン N200 1998年販売型
(リア)
概要
販売期間 1998年7月 - 2003年10月
デザイナー トヨタ第2デザインセンター
河津スタジオ
ボディ
乗車定員 5-6名
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
プラットフォーム トヨタ・MCプラットフォーム
パワートレイン
エンジン 3S-FSE型 2.0L 直4
1ZZ-FE型 1.8L 直4
3S-FE型 2.0L 直4
1AZ-FSE型 2.0L 直4
変速機 4速AT
サスペンション
前:
マクファーソンストラット
後:
トーションビーム
(前輪駆動)
ダブルウイッシュボーン
(四輪駆動)
車両寸法
ホイールベース 2,700 mm
全長 4,645 mm
全幅 1,695 mm
全高 1,505 mm
車両重量 1,220-1,380 kg
その他
新車登録台数の累計 13万4748台[7]
系譜
後継 トヨタ・アベンシス(T270/270W型)
テンプレートを表示
  • 1998年7月1日、フルモデルチェンジで登場した5代目は、従来モデルから大きく変貌を遂げ、今までのカムリとの姉妹車関係を解消し[注釈 8]、完全な日本国内専用の独立した車種となった。アルデオのテレビCMには石塚英彦勝俣州和赤星昇一郎(各「アルデオ星人」名義)の3人がそれぞれ出演し、一方のセダンのテレビCMには中山エミリ(「美・スター姫」名義)が出演していた。カムリが3ナンバーボディとなったのに対し、ビスタは5ナンバーのままであった。ラインナップも主力であった4ドアハードトップが廃止された。代わりに、ステーションワゴンのアルデオをラインナップの中心に据えた。
  • このモデルでは「ビスタ アルデオVISTA ARDEO)」が設定された。これは歴代のビスタ史上、最初にして最後のステーションワゴンである。全高が1,500mm台に達し、セダン、ワゴン共にコラムシフトを採用するなど、ミニバン市場を意識したかのような造りとなっている。全車4速ATを採用している。ホイールのハブ穴は5穴に変わりはないものの、ホイールのP.C.Dが3代目(V30型)および4代目(V40型)の114.3mmから初代(V10型)および2代目(V20型)と共通の100.0mmに変更となった。センターメーターを採用しており、その中にはマルチインフォメーションディスプレイが埋め込まれている。また、上級グレードにはバーグラフ式のタコメーターが標準装備となる。プラットフォームはトヨタ・MCプラットフォームを採用する。ボディカラーはセダン・アルデオともに「スーパーホワイトII」「シルバーメタリック」「シルバーメタリックグラファイト」「ブラックマイカ」「レッドマイカ」「ダークグリーンマイカ」「ブルーマイカメタリック」の計7色を共通設定。
  • 1998年12月 特別外板色に「エクセレントパールトーニング」と呼ばれるホワイトパールとシルバーのツートンカラーを採用したセダン特別仕様車「ExcellentEdition」が登場。
  • 1998年12月 特別外板色に「スーパーホワイトパールマイカ」を採用したアルデオ特別仕様車「ExcellentEdition」が登場。
  • 1999年1月 エアロをまとったセダン特別仕様車「ActiveSports」が登場。
  • 1999年7月 この頃からCMが切り替えられテレビCMに鶴田真由が出演(ただしアルデオのみ)。「ExcellentEdition」が特別仕様車「ExcellentEditionV」に進化。6人乗り仕様の「マルチパーパスベンチシート」が設定された。
  • 2000年4月、マイナーチェンジ。1.8Lの1ZZ-FE型エンジンが大幅に仕様変更され、若干出力が向上した。また、前後のデザイン・内装の意匠変更が行われた。マルチパーパスベンチシート仕様がセダン、アルデオ共に正式追加された(セダン/アルデオの中間グレードおよび標準グレードに設定)。ボディカラーはセダン・アルデオともに「ダークブルーマイカメタリック」が新設定され、「ブラックマイカ」と「ブルーマイカメタリック」が廃止された計6色の設定となった。
  • 2000年12月 特別外板色に「クリスタルパールトーニングII」と呼ばれるホワイトパールとシルバーのツートンカラーを採用したセダン特別仕様車「ExcellentEdition」が登場。
  • 2000年12月 特別外板色に「スーパーホワイトパールマイカ」を採用したアルデオ特別仕様車「ExcellentEdition」が登場。
  • 2001年8月、一部改良。2.0L・D-4エンジン搭載車のエンジンがこれまでの3S-FSE型から新開発の1AZ-FSE型に換装された。
  • 2001年12月、セダン特別仕様車「エクストラパッケージ」、アルデオ特別仕様車「Sパッケージ」が登場。
  • 2002年4月、一部改良。四輪駆動車の3S-FE型エンジンを1AZ-FSE型・D-4に換装。
  • 2002年9月、最後のセダン特別仕様車「Vパッケージ」・アルデオ特別仕様車「Lパッケージ」が発売された。
  • 2003年7月[8]、生産終了。在庫分のみの対応となる。
  • 2003年10月6日、英国工場製のアベンシスの販売が開始された。これにより、ビスタの販売が終了し、5代21年の歴史に幕が下ろされた。翌年には、同モデルの車名を冠したトヨタビスタ店もネッツ店に統合された。

車名の由来[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 初代はシャリオ、2代目はRVR
  2. ^ トヨタ初のFFであるコルサターセルエンジン縦置き(二代目まで)。
  3. ^ 専売車種となるビスタは開業当時は存在せず、ビスタの発売まではセリカカムリを販売。また、ビスタ店がなかった沖縄県では、トヨタオート沖縄(のちのネッツトヨタ沖縄)で取扱う。
  4. ^ 初期のテレビCMは出演者なし。
  5. ^ 後に中期型までの9代目カローラシリーズセダンフィールダー)のCM出演を経て前期型の14代目クラウンシリーズ(ロイヤル、アスリート)のCMに出演した。
  6. ^ 日本向けビスタの5ドアリフトバックは、最初で最後の設定でもあった。純粋なビスタの5ドア車は1998年(平成10年)のステーションワゴン版「ビスタアルデオ」まで一時不在になる。
  7. ^ 全体的からすれば、2代目ウィンダムがトヨタ最後の4ドアハードトップにあたる。
  8. ^ 余談だが、旧ビスタ店では、ネッツ店移行後の2017年に10代目カムリの取り扱いが開始された。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第35号5ページより。
  2. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第95号11ページより。
  3. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第67号7ページより。
  4. ^ ビスタ(トヨタ)1990年7月~1994年6月生産モデルのカタログ” (2020年1月14日). 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第40号15ページより。
  6. ^ ビスタ(トヨタ)1994年7月~1998年6月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月14日). 2020年1月14日閲覧。
  7. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第23号11ページより。
  8. ^ ビスタ(トヨタ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月14日). 2020年1月14日閲覧。

関連項目[編集]