トヨタ・アーバンクルーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トヨタ・アーバンクルーザー
トヨタ・アーバンクルーザーハイライダー
2022 Toyota Urban Cruiser Hyryder V Hybrid (India) front view.jpg
3代目
概要
別名 トヨタ・ist(初代)
サイオン・xD
スズキ・ビターラブレッツァ(初代)
スズキ・グランドビターラ(3代目)
販売期間 2008年 -
ボディ
ボディタイプ 5ドア ハッチバック(初代)
5ドア クロスオーバーSUV(2代目 - )
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
テンプレートを表示

アーバンクルーザーURBAN CRUISER )は、トヨタ自動車が販売する乗用車である。また、アーバンクルーザーハイライダーURBAN CRUISER HYRYDER)は2022年からの商標である。

初代 XP110型(2008年 - 2014年)[編集]

トヨタ・アーバンクルーザー(初代)
XP110型
2011 Toyota Urban Cruiser D-4d 1.4 Front.jpg
フロント
2011 Toyota Urban Cruiser D-4d 1.4 Rear.jpg
リア
概要
別名 サイオン・xD
トヨタ・ist(2代目)
販売期間 2008年 - 2014年(生産終了)
ボディ
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン位置 フロント
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
パワートレイン
変速機 6速MT
車両寸法
ホイールベース 2,460 mm
全長 3,930 mm
全幅 1,725 mm
全高 1,525 mm
4x4:1,540 mm
車両重量 1,120-1,275 kg
テンプレートを表示

初代アーバンクルーザーは、2008年のパリモーターショーで発表されたサイオン・xDの姉妹車である。日本ではトヨタブランドでイストとして販売された。最大の競合車種はスズキ・SX4である。

2代目(2020年 - 2022年)[編集]

トヨタ・アーバンクルーザー(2代目)
2021 Toyota Urban Cruiser Mid (India) front view.png
フロント
2021 Toyota Urban Cruiser Mid (India) rear view.png
リア
概要
別名 スズキ・ビターラブレッツァ(初代)
販売期間 2020年 - 2022年
ボディ
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン位置 フロント
車両寸法
ホイールベース 2,500 mm
全長 3,995 mm
全幅 1,790 mm
全高 1,640 mm
車両重量 1,115-1,150 kg
テンプレートを表示

2代目アーバンクルーザーは、スズキが欧州展開する見返りとして供給されたモデルである。スズキ・ビターラブレッツァの姉妹車で、日本では販売されていない。エンジンは1.5Lガソリンモデルのみで、ビターラブレッツァに設定されている1.3Lディーゼルモデルは設定されていない[1][2]

3代目(2022年 - )[編集]

トヨタ・アーバンクルーザーハイライダー(3代目)
2022 Toyota Urban Cruiser Hyryder V Hybrid (India) front view.jpg
Vハイブリッド
概要
別名 スズキ・グランドビターラ(3代目)
販売期間 2022年7月1日 -
ボディ
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
駆動方式 2WD/4WD
パワートレイン
変速機 5速MT/6速AT
車両寸法
ホイールベース 2,600 mm
全長 4,365 mm
全幅 1,795 mm
全高 1,635 mm
テンプレートを表示

3代目は車名を「アーバンクルーザー・ハイライダーURBAN CRUISER HYRYDER)」に改め、2022年7月1日にインドで発表された。同年8月からトヨタ・キルロスカ・モーターで生産が開始される[3]

本代ではスズキとの共同開発車両となり、スズキからは3代目グランドビターラとして同年7月20日発表された。トヨタ・キルラスカ・モーターで生産され、それぞれの両ブランドで販売される。

外観はトヨタのSUV共通となるグローバルデザインを採り入れ、ヘッドランプはLED式のプロジェクトタイプに同じくLEDのデイタイムライニングランプを上下で挟み込むように配置し、フロントフェイスはロアグリルにワイドトラペゾイダル、アッパーグリルにクロームガーニッシュを施したクリスタルアクリルを採用した[4]

パワートレインはハイブリッドシステム「THS」とスズキ製のマイルドハイブリッドシステムの2種類が用意され、スズキ製エンジンに「THS」を組み合わせている。搭載されるのは、1.5 L直列4気筒エンジンにモーターを組み合わたもので、トランスミッションは「e-ドライブトランスミッション」を採用。モーターのみの単独走行が可能なEVモードも備えている。マイルドハイブリッドシステムはスズキ製の1.5 L K型エンジンにモーター機能付発電機「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(ISG)」を組み合わせ、トランスミッションは6ATと5MTが用意される。駆動方式は2WDのほか、マイルドハイブリッドモデルでは4WDも設定される[4]

装備面ではヘッドアップディスプレイや360度カメラ&ビュー、コネクテッドカー機能を採用。リアシートはリクライニング機構を備えた6:4分割可倒式を採用しており、エアコンベントやUSBポートも備えている[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Pratik Rakshit (22 August 2020). "Toyota Urban Cruiser compact SUV revealed ahead of launch, bookings open now". indiatoday.in (英語). 2020年8月22日閲覧
  2. ^ Uli Baumann (5 August 2020). "Toyota Urban Cruiser-Comeback: Für Indien auf Suzuki-Basis". auto-motor-und-sport.de. 2020年8月22日閲覧
  3. ^ トヨタの新型SUV、スズキとの提携から生まれる…インド発表”. Response. (2022年7月4日). 2022年7月15日閲覧。
  4. ^ a b c トヨタの新SUV、スズキと共同開発…『アーバンクルーザー・ハイライダー』インド発表”. Response. (2022年7月12日). 2022年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]