トヨタ・エスティマエミーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ・エスティマ > トヨタ・エスティマエミーナ

エスティマ エミーナEstima Emina )及びエスティマ ルシーダEstima Lucida )は、トヨタ自動車がかつて製造・販売していたミニバンタイプの乗用車である。

概要[編集]

エミーナとルシーダは姉妹車。初代エスティマを小さくした車種である事から、「子エスティマ」の愛称が付いていた。

この項ではエミーナとルシーダの両車種について記述する。

1990年5月12日に発売され、その卵をイメージさせる未来的なスタイルで注目を集めた初代エスティマであったが、そのボディサイズは当時の日本では大きすぎるものであった。「長さはともかくとして、横幅を何とかしてほしい」という意見から、トヨタはこの車種を開発した。本家のエスティマと同様、乗用ワゴン専用設計のため、エミーナ/ルシーダとも商用バンの設定はなかった。

歴史[編集]

初代(1992年-1999年)[編集]

トヨタ・エスティマエミーナ
トヨタ・エスティマルシーダ
TCR1#G/TCR2#G/CXR1#G/CXR1#G型
エスティマエミーナ
前期型(1992年1月 - 1994年12月)
Toyota Estima Emina 001.JPG
エスティマルシーダ
前期型(1992年1月 - 1994年12月)
1992 Toyota Estima-Lucida 01.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1992年1月-1999年12月
乗車定員 7-8人
ボディタイプ 4ドア ミニバン
エンジン ガソリン
2TZ-FE 2.4L L4 DOHC
ディーゼルターボ
前期・中期型
3C-T 2.2L L4 SOHC
後期型
3C-TE 2.2L L4 SOHC
駆動方式 MR/4WD
変速機 コラム4速AT/フロア5速MT
サスペンション 前:ストラット式スタビライザー付)
後:ダブルウィッシュボーン式
(Gラグジュアリー/G/S)
後:ラテラルロッド付4リンク式
(エルセオ/Xラグジュアリー/Xリミテッド/X/F/D/アエラス)
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,790 - 1,910mm
ホイールベース 2,860mm
車両重量 1,550 - 1,840kg
最小回転半径 5.6m
先代 トヨタ・マスターエースサーフ(エミーナ)
後継 トヨタ・エスティマT(2代目)(エミーナ)
トヨタ・エスクァイア (エミーナ)
トヨタ・エスティマL(2代目)(ルシーダ)
-自動車のスペック表-

1992年1月発売。 当時の日本国内では、1991年6月に発売された日産・バネットセレナが人気を博していた。当時で言う本家のエスティマは、先述の通り同車の対抗馬とするにはあまりにも大きすぎたため、全幅を狭めて5ナンバーサイズ枠に縮小(ただし、ガソリン車は排気量が2,400ccのため3ナンバー登録となる)し、また、差別化のためフロントグリルやテールランプ、内装も、本家とは若干違うデザインのものを採用した上で発売した。雑誌などでエスティマの幅を縮めたエミーナ、ルシーダと表現されているが、元々エスティマ開発当初から5ナンバー版のナローモデルは用意されていた。前述の日産バネットセレナの好調を見て、廉価グレードを増やし発売された。エスティマがシングルグレードであったのに対し、エミーナ/ルシーダは、ビニールシート仕様の廉価版「D」[1]から、エスティマと同様の豪華さの高級版「G」まで幅広いグレード体制とし、前期型にはエスティマと同じ4独の足回りを持つスポーツグレード「S」も用意された[2]トヨタ店カローラ店の併売だった本家にあわせ、トヨタ店では「エスティマエミーナ」、カローラ店では「エスティマルシーダ」の呼称を用いていた。子エスティマの愛称がつき、本家のは親エスティマと呼ばれる。また、セレナに対抗するためパーツ(特に内外装系)も本家エスティマより安いものを使用するなど、徹底的なコストダウン策を打ち、本家との違いをアピールした。にもかかわらず、価格は、お世辞にも安いとは言えなかった。それでも旧来のキャブオーバー式のワンボックスカーに違和感を感じていた層にとっては、スタイリッシュな子エスティマはヒットを記録することとなった。

競合車であるバネットセレナに対して同程度の値段に設定したこと、セレナより室内が広いことや旧来のワンボックス車にはなかったスタイリッシュな外観などがウリとなって、ピーク時にはルシーダが約1万2,000台、エミーナは約8,000台もの月間販売台数を記録して月間4,000台程度だったバネットセレナに大差をつけていた。しかし、巨額の開発費をかけた割に利益率は低く、なかなかモデルチェンジをさせてもらえず、さらに、1994年10月にホンダ・オデッセイが発売されると状況は一変し、販売台数は減少してしまい、この事を気にモデルライフ後半では、タウンエース/ライトエースノアに主力のバトンを明け渡すことになってしまう。

しかし、数度に渡るマイナーチェンジ特別仕様車の投入で商品力の低下を最小限に食いとどめていたものの、本家エスティマのモデルチェンジを1ヶ月後に控えた1999年12月26日をもって統合、並びに販売終了となった為、5ナンバーモデルであるエミーナ・ルシーダは、一代限りで終了となった。これにより他人数乗りミニバンのMT車が国産車から消滅した。

ステアリングコラム式のAT車とは違い、MT車は操作しやすくするためにフロア式に変更されている。これによりウォークスルー機能はなくなっている。 また、パーキングブレーキはAT車、MT車共にハンドブレーキ式だが、レバーが運転席右側という特異な場所に設置されている。[3]  


車名の由来[編集]

  • ESTIMAは英語で「尊敬すべき」というestimableより名づけられた。
    • 「EMINA」は英語で「卓越した、抜き出た、高名な」という意味をもつeminentをもとに、「LUCIDA」は英語で「星座の中の一番明るい星」という意味を持つlucidをもとに作られた造語。

取り扱い販売店[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この廉価グレードは積載量は少ないが、安価であったため一部の建設業者で社用車及び貨物車として使用されることもあった
  2. ^ 4独は前期型「G」にも採用されていた。
  3. ^ このようなパーキングブレーキの配置例は、国産車では三菱・ミニキャブの6代目前期型、ホンダ・S-MXなど少数である。