トヨタ・ハイメディック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の救急車 > トヨタ・ハイメディック

ハイメディックHIMEDIC)は、トヨタ自動車が販売している高規格救急車である。日本国内の市場占有率は最大である。

歴史[編集]

初代(1992-1997年) UZH132S・138S[編集]

トヨタ・ハイメディック(初代)
UZH13#S型
Ambulance himedic.jpg
乗車定員 7人
ボディタイプ 4ドア1ボックス
エンジン 1UZ-FE型 V型8気筒 4カムDOHC 3,968 cc 220 PS
駆動方式 FR/4WD
変速機 4速AT
全長 5,345 mm
全幅 1,810 mm
全高 2,490 mm
車両重量 2,880 kg(2WD)
ベースモデル ハイエース(100系)
-自動車のスペック表-
  • 1992年5月 - 救急救命士法施行後、初となる国産高規格救急車として「トヨタ救急車・ハイメディック」を発売する。
  • 1994年 - フルタイム4WDを追加し、6穴スポークホイールを採用する。
  • 初期型はデジタルメーターが設定されていたがマイナーチェンジによりアナログメーターに変更された。初期型は設定されていないが、簡易救助器具を格納するボックスが途中から標準装備で設定された。
  • 初代はハイエーススーパーロングをベースに改造し、車体を115ミリメートル拡幅、エンジンはハイエースおよび2B型トヨタ救急車に設定のない、初代セルシオ用のV型8気筒4.0リッターの1UZ-FEが搭載[注釈 1]された。
  • ハイエースおよび2B型トヨタ救急車は数回外観のモデルチェンジ が行われたが、ハイメディックの外観は2代目に移行するまで初期のままであった。
  • 登場から20年以上が経過して廃車又は海外に譲渡されるなどしており、一部は病院や地方自治体、消防学校などに現存する。
  • サイレン音は現行のモデルと異なり、「フィーヨーサイレン」[注釈 2]と俗称も散見される。初期型はハイメディックと同じハイエースベースのトヨタ救急車が存在するがこちらは当時のバンに準ずる外観であり、ハイメディックとの差別化を図っていた。

2代目(1997年-2006年) VCH32S・38S[編集]

トヨタ・ハイメディック(2代目)
VCH3#S型
Ichikawa-Ambulance.JPG
リア
Himedic-rear.jpg
乗車定員 7人
ボディタイプ 4ドア1.5ボックス
エンジン 5VZ-FE型 V型6気筒 4カムDOHC 3378cc 180PS
駆動方式 FR/4WD
変速機 4速AT
全長 5610mm
全幅 1800mm
全高 2490mm
車両重量 2260kg(2WD)/2390kg(4WD)
ベースモデル グランビア
-自動車のスペック表-
  • 1997年5月8日 - 初のフルモデルチェンジ。コストのかかりすぎた初代の反省から、コストダウンによる利益率のアップと、初代のフィードバックから使いやすさの向上を図った。グランビアおよび欧州の新しい衝突安全基準を満たすためにセミキャブオーバー化された欧州仕様ハイエースロングボディとデザイン・メカニズムの大部分を共用する。前面に張り出した警光灯は初代からのデザインポイントである。
    • 内装もグランビアから流用された。ステアリングは当初2本スポークだったが、途中の小改良で4本スポークになった。
    • シフトレバーはコラムシフトになり、前後左右のウォークスルーが可能になった。パーキングブレーキは初代同様レバー式。
    • 特徴的な装備として4WSが装備され、狭い路地における車体の取り回し性能が向上した。
  • 1999年8月17日 - トヨタ救急車(2B型)をフルモデルチェンジすると共に、高規格仕様のハイメディックを一部改良し、販売を開始した。
    • 静かにドアを閉めることが可能なイージークローザーをバックドアに加え、スライドドアにもオプションで設定。排気管の横出しにより、救急活動時の排出ガスの影響を軽減した。
  • 2002年5月 - マイナーチェンジにより、救急車初の良-低排出ガス車の認定を受ける。
  • 2004年8月 - 輝度不足からこれまで実現が難しいと言われたフロント・リアのLED式赤色灯を小糸製作所と共同開発し、オプション装備に追加。
  • 2005年3月28日 - 規制に適合するため、ヘッドランプレベリング機構(マニュアル)とフォグランプが下部に移動、フロントアンダーミラーの標準装備などが行われた。
  • フロントバンパーにエアロパーツを装備した車両も少数ながら秋田市消防本部などに存在した。
  • 自治体に配備されたほとんどの車両は現役を退いて予備車または廃車になっており、消防車と同じ朱色に塗り替えて広報車や指揮車などに改装された車両や、民間へ払い下げられ赤色灯部分を白く塗った患者搬送車になったり、アフリカ東南アジアなどの開発途上国に払い下げまたは寄贈され、現地の救急車として活躍する車両[注釈 3]も見られる。


3代目(2006年-) TRH221S・226S[編集]

トヨタ・ハイメディック(3代目)
TRH22#S型
前期型(2型)
Kiryu-Ambulance.JPG
中期型(3型)
Kamagaya-Ambulance.JPG
後期型(4型)
Toyota HiMedic Front.jpg
乗車定員 8人
ボディタイプ 5ドア1ボックス
エンジン 2TR-FE型 直列4気筒 DOHC 2693cc 151PS
駆動方式 FR/4WD
変速機 4速AT
全長 5600mm (リアステップ含む)
全幅 1880mm
全高 2490mm
車両重量 2880kg(2WD)
室内高 1850mm
荷室長
荷室幅
3560mm
1730mm
-自動車のスペック表-
  • 2006年4月27日 - フルモデルチェンジを実施(2B型を含む)(1型)。
    • 再びハイエース(スーパーロング+両側スライドドアの組み合わせで設定がある日本国外への輸出用200系)がベース車両となり、初代と同様のキャブオーバースタイルに戻った。これにより、サイズは2代目に比べ全幅は80 mm 拡大し、全長は10 mm 減少した(全幅は歴代モデルで一番大きい、全高は変わらず)。エンジンの排気量出力トルクなどは2代目に比べて減少した。ハイルーフにFRP製でなくプレス鋼板を採用し工数と生産コストを抑え、車輌の販売価格は2代目に比べ約300万円低減した。前面に張り出した警光灯は初代から続くデザイン上のポイントである。
    • ハイメディックのみならず、トヨタ救急車(2B型[注釈 4]もハイエーススーパーロングハイルーフより200 mm ほどかさ上げした専用架装により室内高1900 mm を確保している。
    • 救急自動車初の2列目の両側スライドドア(運転席側は救助器具、バッテリー、酸素ボンベ、工具、ゴミ箱保管場所のため搭乗口ではない)と手洗い器の位置を見直すことにより、2代目より広い患者室が実現した。患者室の室内幅ではパラメディックに劣るものの、室内長はセミキャブオーバースタイルのパラメディックを上回っている。これにより8人乗りが実現している(2代目は7人乗り)。
    • 患者室に関しては、従来モデルでは収納場所がバラバラだったバックボードとスクープストレッチャーを同時に収納できるボックスを装備。患者室の標準シートカラーがオレンジとなった(初代・2代目の患者室のシートカラーはグリーン)。
    • 救急自動車(高規格・2B型含む)初の「国土交通大臣認定平成17年基準排出ガス50%低減レベル車」の基準を取得した。このほか、ステアリング&ブレーキペダル後退低減機構や最近のトヨタ車に多く設定されつつあるWILコンセプトシートを採用し、環境面や安全面においては2代目より大幅に向上している。
    • シフトレバーインパネシフトに、パーキングブレーキはステッキ式になり、さらにウォークスルー性が向上した。
    • 2代目のモデル末期からオプション設定された、LED方式の警光灯を全車に標準装備している。
    • 寒冷地仕様においてはトヨタ車の通例通り、北海道・東北地区に納車される車両は標準装備となっている。そのため3型まで右側の後退灯の箇所にリアフォグランプが装備されレンズ内が赤色になっているため、外観から寒冷地仕様と識別できたが、4型からリアフォグランプはオプションとなった。
    • 前期型(1型)・(2型)、中期型(3型)車両の更新が全国の地方公共団体で始まっており、第一線を退いてきている。第一線を退いた後は予備車になったり、民間に払い下げられて患者搬送車劇用車になっている車両も見られる。
  • 2009年3月 - 一部改良(2型)。
    • バッテリー収納庫の形状を変更
    • 救急隊員用の後向き1人掛シートの座面を約100 mm 高くするとともに、横向き3人掛シート横に救急活動用パッドを設置し活動スペースを拡大
    • 大型フロント散光式警光灯内の左右側面にLEDランプを追加
  • 2010年7月29日 - マイナーチェンジ(2B型を含む)(3型)。
    • フロント周り(フロントバンパー・ヘッドランプ・フロントグリル)のデザインを変更すると共に、ディスチャージランプ(ロービーム・オートレベリング機構付)をオプション設定に追加した。
    • フロントシートなどの内装色をダークグレーに変更した。
  • 2012年4月16日 - 一部改良(2B型を含む、5月7日販売開始)。
    • フロントルームランプにドアを閉めた後でも一定時間点灯するイルミネーテッドエントリーシステムを採用した。
  • 2013年11月27日 - マイナーチェンジ(2B型を含む、12月9日販売開始)(4型)。
    • フロント周り(フロントバンパー&グリルヘッドランプ)を変更し、LEDヘッドランプ(ロービーム)のオプション設定を追加。リア側面のスライドドアウィンドウを凹凸の少ないプラグ式に変更したことで一体感のあるサイドビューになった。
    • 内装ではセンタークラスターパネルのデザインを変更し、平均燃費や外気温度などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。
    • 利便性向上のため、バックドアイージークローザーを採用した。

車名の由来[編集]

この車両のベースモデルとなるハイエースのハイと、パラメディック救急救命士などの医療従事者の意)を合わせた造語。

艤装・製造・販売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ そのため、別名V8(ブイハチ)救急車とも呼ばれる。
  2. ^ 1990年代前半当時の佐々木電機製作所(現 パトライト)製救急車用電子サイレンアンプを採用した車両は初代ハイメディックと同じ「フィーヨーサイレン」音。
  3. ^ ハイメディックは日本でのみ販売されている車両の為、本来海外には存在しない車両である。
  4. ^ ハイメディックとトヨタ救急車(2B型)は、この3代目で屋根の架装と赤色灯がハイメディックと共通化されたため、ボディシェルにおける両車の識別はできなくなった。当然ながら、車内装備(防振ベッドや車内右側収納などの高規格救急車専用設備)は2B型と異なる。
  5. ^ 現在はトレッサ横浜になっている。
  6. ^ ベースとなっているハイエースはトヨペット店の扱いとなっているためにトヨタ店でのハイエースの販売実績はないに等しい。但し、東京都では東京トヨタ東京トヨペットで併売されている。

出典[編集]

関連項目[編集]