Toyota Safety Sense

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Toyota Safety Sense
Toyota COROLLA Axio HYBRID G"W×B" (DAA-NKE165-AEXEB) front.jpg
採用日 2015年3月
現在 カローラアクシオ/フィールダーアクアシエンタヴォクシーなど
採用国 日本の旗 日本 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 など

Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)は、トヨタ自動車衝突回避支援パッケージである。なお、ブレーキとアクセルの踏み間違え事故防止機能はトヨタではインテリジェントクリアランスソナーといい、別である。

第一世代[編集]

ここでは、日本国内向けに展開されている「Toyota Safety Sense P」及びレクサス車向けの「Lexus Safety System+」及びその機能強化型の「Lexus Safety System +A」、「Toyota Safety Sense C」、及び関連技術である「ITS Connect」について説明する。

Toyota Safety Sense C[編集]

カローラフィールダー 1.5X

コンチネンタル・オートモーティブが開発を担当し、2015年3月カローラアクシオ/フィールダーのマイナーチェンジで初搭載された。カメラとレーザーレーダーを単体のコンパクトユニットに統合し、以下の3つの安全デバイス(および1つの付帯機能)によって構成される[1]

なお、上位版である「P」が第二世代の「Toyota Safety Sense」へ移行したことに合わせ、当システムも2018年4月に行われたアクアの一部改良以降は名称から「C」が外され、プリクラッシュセーフティシステムにおいて歩行者(昼間のみ)の検知に対応した[2]

プリクラッシュセーフティシステム
進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、衝突が予測される場合は警報を発して回避操作を促す。約30km/h〜80km/hでの走行中にブレーキを踏むとアシスト機能が働き、踏力がない場合でも自動ブレーキが約10km/h〜80km/hの車速域で作動し、約30km/h減速させる。
レーンディパーチャーアラート
道路上の白線をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱するとブザーおよびディスプレイ表示で警報を発する。
オートマチックハイビーム
先行車や対向車などを認識して、ハイビームとロービームを自動で切り替えるシステム。
先行車発進告知機能
停車中、先行車が発進しても自車が発進しない場合にブザーおよびディスプレイ表示で知らせる。

採用車種[編集]

アベンシス Li
シエンタ 1.5X

搭載順に掲載。“◯”が付与されるものは歩行者検知機能付きのものを装備。

光岡自動車
マツダ

過去の搭載車種[編集]

生産が終了された車種である。

Toyota Safety Sense P (Lexus Safety System+)[編集]

ランドクルーザー ZX

デンソーが開発を担当し、2015年8月のランドクルーザーのマイナーチェンジで初搭載された。「C」のレーザーレーダーからミリ波レーダーに変更され、車種によって一部の機能の有無が異なるが、以下の5つのデバイスで構成される[6]。当初はデンソー製のユニットのみが搭載されていたが、C-HRからは「C」と同様にコンチネンタル製ユニットが採用され、以降は2社の分担で担当されることとなる[7]。「C」と同じく、2018年5月のC-HRのマイナーチェンジ以降は第二世代に合わせて名称から「P」が外された。

プリクラッシュセーフティーシステム
進路上の先行車や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突が予測される場合は警報を発して回避操作を促す。約30km/hから80km/hで走行中にブレーキを踏むとアシスト機能が働き、踏力がない場合でも自動ブレーキが約10km/hから80km/hの車速域で作動し、約30km/h減速させる。また、初期の「C」とは異なり昼間時の歩行者検知機能を備えている。
レーダークルーズコントロール
ミリ波レーダーを使用して先行車の速度と同調させる。一部車種は全車速追従機能を備える。
レーンディパーチャーアラート
道路上の白線をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱すると、ブザーとディスプレイ表示で警報を発する。プリウスにはステアリング制御機能が追加されている。
オートマチックハイビーム
先行車や対向車などを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。
アダプティブハイビームシステム
一部車種のみ。インナーミラー内蔵の光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプを判別し、先行車や対向車にハイビームを当てないように部分的に遮光する。

Lexus Safety System +A[編集]

「Lexus Safety System +」に更なる安全装備及び機能強化を行ったモデル。2017年秋発売のLSから設定された[8]。「+」の単眼カメラとは異なり、4代目LSにも設定されたステレオカメラが装備される。

Lexus Safety System +から追加された装備は以下の通り。

歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援
従来のプリクラッシュセーフティに加え、「歩行者注意喚起」は世界初となる歩行者の存在する方向を表示するのと同時に、大型カラーヘッドアップディスプレイで注意喚起を行う。「アクティブ操舵回避支援」は、それでも避けきれない状態でブレーキ制御に加え操舵制御で回避が可能な場合、警報とブレーキ制御に加えて自動で操舵制御を行うことで、衝突回避あるいは衝突被害の軽減を支援するシステム。
Lexus CoDrive
レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシストに加えてレーンチェンジアシストを連携させ、高速や自動車専用道でのドライバーの運転負荷を減らす。下記の3つで構成されている。
レーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト(LTA)
レーダークルーズコントロール時に車線維持に必要な運転操作の支援を行うもの。カメラの白線検知だけで無く先行車の走行軌跡も利用して車線を認識出来ない場合でも支援を行うシステム。ナビの情報を基にカーブへの進入速度が速すぎる場合の自動減速も行う。
レーンチェンジアシスト(LCA)
ドライバーの方向指示レバーを合図に、道路状況をセンサーとカメラで監視して操舵・加減速を行い安全な車線変更の支援を行う。
ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)
LTA制御中、ドライバーの無操作状態が続くと音・表示・緩減速でドライバーに警告を促し、それでも反応が無い場合はハザードとホーンで車外に警告、その後自車線内に減速停止。かつヘルプネット通報とドア解錠を行って救命要請も自動で行われ、早期のドライバー救命・救護に寄与するもの。
上下2段式アダプティブハイビームシステム
片側に上段8個、下段16個のLEDを搭載し、各LEDの消灯と点灯で従来のアダプティブハイビームシステムよりもエリアをきめ細かく調整、最適な配光でハイビーム照射機会を増やし、夜間の視認性を向上させる。
フロントクロストラフィックアラート
前側方レーダーで交差する車両が接近している方向を大型カラーヘッドアップディスプレイで注意喚起、それでも前進しようとした場合はブザーとディスプレイで警告を行う。
ロードサインアシスト
カーナビの地図情報及びカメラで標識情報を取得、ヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイに表示する。

採用車種[編集]

搭載順に掲載。“◯”が付与されるものは「Toyota Safety Sense」として装備。「※」は全車速追従式レーダークルーズコントロール、「△」はレーダークルーズコントロール非装着。

トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店車
レクサス店車

+AはLexus Safety System +A装備車。

  • LS(2017年10月 フルモデルチェンジから、ベースグレードを除き+A)※
  • NX(2017年9月 マイナーチェンジから)※
  • CT(2017年8月 マイナーチェンジから)
  • LC(2017年3月 導入時から)※
  • IS(2016年10月 マイナーチェンジから)
  • GS / GS F(2015年11月 マイナーチェンジから)※[9]
  • RX(2015年10月 フルモデルチェンジから)※
  • LX(2015年8月 導入時から)※
ダイハツ工業
日野自動車

過去の搭載車種[編集]

生産が終了された車種である。

第二世代[編集]

Toyota Safety Sense[編集]

2017年11月、大幅な機能強化を行った新世代の予防安全パッケージとして発表[11]。名称およびパッケージとしての展開は「Toyota Safety Sense」に統一された上で、第一世代の「P」を機能強化したものとして、以下の点を追加している。

  • カメラとレーダーが機能強化されることで、プリクラッシュセーフティでは「夜間歩行者」、「自転車運転者」の検知機能が追加された。
  • カメラが標識を読み取ってインストルメントパネルに表示するロードサインアシストの追加。
  • レクサス車向け「Lexus Safety System +A」で採用されている、レーダークルーズコントロール使用時に同一車線内を通行できるようアシストするレーントレーシングアシストの採用。

2018年1月発売のアルファード及びヴェルファイアから設定された[12]

Lexus Safety System +[編集]

2018年3月に、ジュネーブモーターショーで新型クロスオーバー「UX」の発表と同時に設定された[13]。第1世代の構成を踏襲するが、主な違いとして「Lexus Safety System +A」でも搭載されている衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」、主要な道路標識を読み取ってメーターとヘッドアップディスプレイ内に表示するロードサインアシスト等を新たに搭載している。

採用車種[編集]

ITS Connect[編集]

ITS Connect
Toyota Crown Majesta S210.jpg
クラウンマジェスタ
採用日 2015年10月[14]
現在 プリウスクラウンなど
採用国 日本の旗 日本 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

専用の通信機能を利用した運転支援システムの名称。TSSP/LSS+装着車や、レーダークルーズコントロール装着車にメーカーオプション設定している(自動ブレーキではない)。

2015年10月、クラウンおよびクラウンマジェスタのマイナーチェンジを行った際に初採用された[14]。以下では、車同士の通信機能を「CVSS」、車と路側装置の通信機能を「DSSS」と呼称している。

CVSS[編集]

通信利用型レーダークルーズコントロール
先行車から提供される加減速情報を利用し、車間距離や速度の変動を押さえる機能[15]
緊急車存在通知
サイレンを鳴らしている緊急車両が存在する場合に、方向、距離、緊急車両の進行方向を知らせる機能[15]

DSSS[編集]

信号通信利用型エコアクセルガイド
赤信号で停車することが予測される場合に、無駄な加速をしないよう通知する機能[15]
信号発進待ち準備案内
赤信号で停車している際に、待ち時間の目安を表示する機能[15]
赤信号注意喚起
赤信号の交差点に接近しても加速し続けている場合に注意喚起を行う機能[15]
右折時注意喚起
対向車や歩行者がいる際に発進しようとした場合に注意喚起を行う機能[15]

採用車種[編集]

トヨタ車
レクサス車

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トヨタの最新技術”. トヨタ自動車. 2016年5月26日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ TOYOTA、アクアに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用”. トヨタ自動車. 2018年6月20日閲覧。
  3. ^ リューギ”. 光岡自動車. 2016年6月8日閲覧。
  4. ^ 公式サイト上では「Safety Sense C」と表記されている。
  5. ^ マツダ、新型「ファミリアバン」を発売 - マツダ 2018年6月21日(2018年6月21日閲覧)
    本モデルチェンジよりサクシードのOEM。
  6. ^ トヨタの最新技術”. トヨタ自動車. 2016年5月26日閲覧。
  7. ^ 小川計介 (2016年12月12日). “Automotive Report Continental社がデンソーを猛追 トヨタの自動ブレーキ戦略”. 日経テクノロジーオンライン. 2016年12月16日閲覧。
  8. ^ LEXUS、新型LSに搭載予定の予防安全技術を公表-交通事故死傷者ゼロを目指し、先進の予防安全技術を採用- - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2017年6月26日
  9. ^ GS Fは2017年8月一部改良から※。
  10. ^ 公式サイト上では「Toyota Safety Sense」の呼称が用いられず、機能ごとの説明のみを記載する。
  11. ^ トヨタ自動車、普及型予防安全パッケージ、「Toyota Safety Sense」第2世代版を2018年より導入 - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2017年11月29日(2017年12月25日閲覧)
  12. ^ TOYOTA、アルファード、ヴェルファイアをマイナーチェンジ - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2017年11月29日(2017年12月25日閲覧)
  13. ^ LEXUS、ジュネーブモーターショーで新型クロスオーバー「UX」をワールドプレミア - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2018年3月6日(2018年3月6日閲覧)
  14. ^ a b TOYOTA、クラウンをマイナーチェンジ-同時に“マジェスタ”シリーズを一部改良-”. トヨタ自動車 (2015年10月1日). 2016年6月13日閲覧。
  15. ^ a b c d e f トヨタの最新技術”. トヨタ自動車. 2016年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]