光岡自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社光岡自動車
Mitsuoka Motor Co., Ltd.
Mitsuoka Viewt pic3.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 光岡
本社所在地 日本の旗 日本
939-8212
富山県富山市掛尾町508番地3
北緯36度39分46.4秒 東経137度12分34.0秒 / 北緯36.662889度 東経137.209444度 / 36.662889; 137.209444座標: 北緯36度39分46.4秒 東経137度12分34.0秒 / 北緯36.662889度 東経137.209444度 / 36.662889; 137.209444
設立 1979年昭和54年)11月
業種 輸送用機器
法人番号 8230001003153
事業内容 開発車事業
正規新車ディーラー事業
中古車事業
代表者 光岡章夫代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 231億円
(2017年度12月期:国内グループ実績)
純利益 7億0700万7000円
(2021年12月31日時点)[1]
総資産 127億9552万4000円
(2021年12月31日時点)[1]
従業員数 480名
(2020年度12月末:国内グループ全体)
主要部門 正規輸入車ディーラー事業
主要子会社 株式会社ファーレン富山
ミツオカモータースアメリカInc.
外部リンク https://www.mitsuoka-motor.com/
テンプレートを表示

株式会社光岡自動車(みつおかじどうしゃ、英語:Mitsuoka Motor Co., Ltd.)は、富山県富山市に本社を置く日本の自動車メーカーおよび中古車・輸入車ディーラーである。

日本メーカー製の乗用車[2]の外観や内装を取り替えるなどした改造車を自社工場で生産するという、他の自動車メーカーには見られない特徴を持ち、その他三菱ふそうバス製造(富山市)とトノックス神奈川県平塚市)に委託製造している[3]

概要[編集]

BUBU505-C(1985年発売)

創業は1968年昭和43年)2月[4]。創業者の光岡進(みつおか・すすむ、1939年〈昭和14年〉 -)は富山日産自動車を経て富山日野自動車のディーラー勤務だった[4]1966年(昭和41年)に日野自動車トヨタ自動車工業と業務提携により商用車専業となり、乗用車担当だった進は接待漬けの商用車販売が肌に合わず、不本意ながら退職・独立を決意する。

創業当初は市内の馬小屋を借り受けて板金塗装自動車整備業を生業としていたが、「中古車を価格の安価な他地域から仕入れてきて販売する」現在の中古車販売業のさきがけとなるビジネスモデルを展開し、BUBU(ブブ)の店舗名称を用い全国展開するまでに事業を成長させた。その後、社長の自動車への思いが昂じて1979年(昭和54年)に法人化[4]して、開発部を設置。1982年(昭和57年)2月に50ccエンジンを搭載して自動二輪免許・原付免許で運転が可能なゼロハンカー「BUBUシャトル」を発表。富山市にあるタケオカ自動車工芸に開発を依頼してBUBUシャトル50を販売してゼロハンカーシリーズを展開した。

1985年(昭和60年)に道路交通法が改正されてゼロハンカーは自動二輪免許・原付免許で運転できなくなり、製造工場を閉鎖し[4]、一切の在庫を専門学校に寄付するなどして処分した。一方でアメリカ車並行輸入販売を開始し、訪米視察で訪れたロサンゼルスで見かけたレプリカカーに興味を持ち、フォルクスワーゲン・タイプ1をベースとした1台を日本に持ち帰る。これを公道で走らせるべくパイクカーの開発を開始。これがタイプ1の改造車として認可され、1987年(昭和62年)に「光岡・BUBUクラシックSSK」を発表した。この改造ノウハウが後の「ラ・セード」「ビュート」「ガリュー」などに繋がる。

1994年平成6年)に、「ニア・セブン」などと呼ばれるロータス・スーパーセブンを模したオリジナル車「ゼロワン」を発表して組立車として認可され、その後に型式指定を受けたことにより、光岡自動車は10番目の国産自動車メーカーとして認められる[4]。並行してパイクカーの販売も継続展開。「優雅」(ユーガ)、「凌駕」(リョーガ)、「我流」(ガリュー)など、独特のスタイリングを持った和名の車を続々と発表した。

オロチ・ヌードトップロードスター(2005東京モーターショー)

2001年(平成13年)に、参加基準が緩和された東京モーターショーへ初出展した。デザインスタディのショーカーとして大蛇(オロチ)を発表すると、独特のデザインが注目され、少ないながらも要望を受け市販化に繋がる。

2003年(平成15年)に商用車ショーも含めて3回目となる東京モーターショーで、大蛇のロードゴーイングバージョン、新型ミドルクラスセダン「ヌエラ」、「ゼロワン・コンセプト」をそれぞれ出展した。オロチのエンジンは、当初予定したV6エンジンが排ガス規制強化に対応できないことなどから、ホンダから供給を受けられず、トヨタ製となった。2005年(平成17年)の東京モーターショーでオープンカー版「オロチ・ヌードトップロードスター」を発表している。

現在製造する車は、ベース車両の設定によりAT仕様が中心だが、2008年(平成20年)発売の「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02セダン/ワゴン」、2014年(平成26年)発売の「リューギ(セダン)」、2016年(平成28年)発売の「リューギワゴン」は、それぞれMT仕様が設定された[注釈 1]。ほかに市場で流通しているアコードユーロRの中古車をベースとしてMTのヌエラを製造した事例もある。

受注台数は2006~2017年が400台前後、2018年は500台を超え、2021年は1120台で23年ぶりの1千台超えとなった[3]

自社の製造販売以外に、新車・直輸入車・中古車の販売を行うBUBUグループを経営する。グループは、2000年(平成12年)にロンドンタクシーインターナショナル社の総輸入元となり、2004年(平成16年)にマレーシアTDカーズMGレプリカカーの扱いを開始した。

部門別売上比は、開発車事業7%、正規輸入車ディーラー事業54%、ブブ中古車事業39%である。

2010年(平成22年)に電気自動車(EV)「雷駆」を発表。

2011年(平成23年)に三輪EV「雷駆-T3」の実証試験を実施し、2012年(平成24年)に販売開始。

2012年(平成24年)3月28日 - 4月8日までタイ王国で開催された第33回バンコク・インターナショナル・モーターショーで16台を受注した。

グループ会社[編集]

  • (株)北海道ブブ:北海道で各種輸入車の正規ディーラーを運営。2011年に光岡自動車より分離独立。光岡自動車とは別資本となっている。2021年3月、グループ統括会社「株式会社MIDアルファホールディングス」を設立して持株会社制に移行。
  • (株)M.I.D.:北海道ブブのグループ会社。首都圏で各種輸入車の正規ディーラーを運営。
  • (株)ファーレン富山:富山・岐阜県フォルクスワーゲン・アウディの正規ディーラーを運営。
  • ミツオカモータースアメリカInc.
  • ミツオカモータータイランドCo.,Ltd.
  • ミツオカモーターセールスタイランドCo.,Ltd.

拠点(グループ)[編集]

キットカー K-1

北海道、宮城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都、神奈川県、愛知県、富山県、大阪府兵庫県福岡県、米国(ロサンゼルス)、タイ(バンコク)

キットカー[編集]

光岡では「キットカー」と呼ばれる、自分で組み立てる50ccクラスの小型車の開発も手がけていたが、販売については、会長の光岡進と社長の光岡章夫(みつおか・あきお、1951年-)との間で意見の相違があった。章夫は利益の上がらないキットカーの販売は取りやめるべきとしていた一方、会長の進はキットカーこそが光岡自動車の創業の意義であるとし継続を主張していた。結局、進のほうが折れた。

その後50ccのキットカー「K-3」を100台だけ限定生産し、2006年11月にキットカー「K-4」の受注を開始、限定220台で発売、この「K-4」を最後に光岡自動車はミニカーから撤退した。

車種一覧[編集]

現行モデル [編集]

車種 初登場年 現行型 備考
発表 マイナーチェンジ
セダン
Mitsuoka Ryugi.jpg
Ryugi EX
リューギ(流儀)EX 2019年
(2014年)
2019年11月19日 トヨタ・カローラアクシオEXがベース
The frontview of Mitsuoka K13 Viewt 12ST.JPG
Viewt
ビュート(美遊人) 1993年 2012年5月23日(3代目) 2020年10月22日 日産・マーチがベース
クーペ/コンバーチブル
GazouBoshu.png
Himiko
ヒミコ(卑弥呼) 2008年 2018年2月22日(2代目) マツダ・ロードスターがベース
Mitsuoka Rockstar (5BA-ND5RC tuned) front.jpg
Rock Star
ロックスター[5] 2018年 2018年10月9日 マツダ・ロードスターがベース
ハッチバック/ステーションワゴン
GazouBoshu.png
Viewt nadeshiko
ビュート なでしこ 2015年
(1993年)
2015年7月16日 2020年10月22日 ビュートのハッチバック版
日産・マーチがベース
Mitsuoka Ryugi Wagon 15ST (DBA-NZE161G) front.jpg
Ryugi WAGON EX
リューギ ワゴンEX 2019年
(2014年)
2019年11月14日 リューギEXのステーションワゴン版
トヨタ・カローラフィールダーEXがベース
SUV/クロスオーバーSUV
GazouBoshu.png
Buddy
バディ 2020年 2020年10月26日 トヨタ・RAV4がベース[3]

認定中古車モデル[編集]

  • ヒミコ(初代)(2008年 - 2018年)
  • ビュート(3代目)(2012年 - )
  • リューギ(2014年 - 2021年)
  • ビュート なでしこ(2015年 - )
  • ガリュー(5代目)(2015年 - 2020年)
  • リューギ ワゴン(2016年 - 2021年)

生産・販売終了モデル [編集]

BUBU502

輸入車[編集]

特販課[編集]

電気自動車[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ リューギのベースとなるカローラアクシオカローラフィールダーの各2WD車はそれぞれMTの設定がある。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]