日野自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日野自動車株式会社
Hino Motors, Ltd.
Hino logo.svg
Headquarters of Hino Motors in Hinodai 20141221.jpg
本社・日野工場
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7205
1949年5月16日上場
名証1部 7205
1954年5月上場
略称 日野、HINO
本社所在地 日本の旗 日本
191-8660
東京都日野市日野台三丁目1番地1
設立 1942年昭和17年)5月1日
(日野重工業株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 8013401000626
事業内容 トラック・バスの製造販売
トヨタ自動車株式会社からの受託生産
代表者 代表取締役会長 市橋保彦
代表取締役社長 下義生
資本金 727億1,700万円(2018年3月31日時点)
発行済株式総数 5億7,458万850株(2018年3月31日時点)
売上高 連結:1兆8,379億8,200万円
単独:1兆3,305億7,300万円
(2018年3月期)
営業利益 連結:803億3,100万円
単独:327億8,500万円
(2018年3月期)
純利益 連結:513億610万円
単独:352億5,500万円
(2018年3月期)
純資産 連結:5,528億4,800万円
単独:3,847億3,600万円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結:1兆2,951億9,100万円
単独:8,200億500万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 連結:3万2,719人
単独:1万2,622人
(2018年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車(株):50.1%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口):6.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口):4.3%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 (株)トランテックス:100%
(株)武部鉄工所:51.7%
(株)ソーシン:96.2%
東京日野自動車(株):99.9%
大阪日野自動車(株):100%
関係する人物 蛇川忠暉(元社長)
湯浅浩(元社長)
白井芳夫(元社長)
市川正和(元会長)
加藤光久(元取締役)
寺師茂樹(取締役)
木部信彦(元整備士)
外部リンク http://www.hino.co.jp/
テンプレートを表示

日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語:Hino Motors, Ltd.)は、主にトラックバスといった商用車製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車連結子会社トヨタグループ16社のうちの一つ。 日本のトラック・バス業界最大手。日経平均株価及びJPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。

概要[編集]

日野・プロフィア ダンプトラック
左はブルーリボンシティ、右は2代目ポンチョ

主にトラックバスなどの商用車の生産を手がけ、トヨタブランドの小型乗用車や小型、普通トラックSUVなどの受託生産も行っている。また親会社のトヨタが陸上自衛隊へ納入する73式中型トラックやトヨタ向けディーゼルエンジンの生産、あるいは軍用ハイブリッドシステムの共同開発も行っている。

2004年3月期の連結決算では、売上高が1兆円を突破。2018年も1兆8379億円で過去最高益を更新している[1]。日本国内の大型・中型トラック販売では2018年現在、44年連続シェアトップを誇る。また大型トラック顧客満足度調査において9年連続で1位を記録。小型トラックでも、4年連続で1位を記録している。また2007年には海外向け販売台数が国内向けを上回り、現在は総販売台数の7割以上を海外向けが占めている。台湾タイインドネシアマレーシアパキスタンペルー等ではトップシェアを誇っている。2013年には、世界で初めてハイブリッドトラック・バスのグローバルでの累計販売台数が1万台を突破した。世界の大型トラック製造メーカーの中でも毎年生産台数トップ10にランクしている。

1965年にトヨタ自動車の傘下に入り、2001年にはトヨタが株式の過半数を取得して子会社化された。合理化のためにバス部門はすでにいすゞ自動車と経営統合しており、2004年10月に日野自動車・いすゞ自動車共同出資の新会社(ジェイ・バス)に移行、いすゞと共通の車両をジェイ・バスより供給される形態となっている(日野は観光バス、いすゞは路線バスを開発して相互供給する)。なお、いすゞはもとは日野の母体になった会社でもあり、また現在はトヨタ自動車との資本提携関係にあるため日野との関係も深い。同時に、西日本車体工業(西工)へのシャーシ供給を取りやめている。2006年から一部の路線車に限り、西工へのシャーシ供給が再開したが、それも2010年西工の解散と共に終了した。また、2018年4月には商用バス・トラックの分野でフォルクスワーゲンと包括的な提携をすることが発表されている[2]

東京都八王子市の日野自動車21世紀センター内に、日野オートプラザという日本で唯一のトラック主体の企業博物館を持っている。

沿革[編集]

東京瓦斯電気工業株式会社(瓦斯電 = がすでん)が今日の日野自動車の母体とされている。

東京瓦斯電気工業はその名の通り、明治時代末期から大正時代にかけ、普及期にあったガス・電気器具を生産。また第一次世界大戦時には海外から薬莢の大量受注などにより業績を伸ばし、航空機用国産エンジン「神風」なども生産している。さらに「TGE」(Tokyo Gas Electric Engineering Co. の頭字語)のブランドで、日本でも初期の自動車量産に取り組んだ。

1930年代、大型車両生産を強化しようとする国策により、東京瓦斯電気工業株式会社の自動車部と自動車工業株式会社、および共同国産自動車株式会社とが合併し、ヂーゼル自動車工業(現・いすゞ自動車、設立当初は東京自動車工業株式会社)を設立した。そのほか、瓦斯電を母体とした会社にはトキコ小松ゼノアなどがある。

その後、戦時体制下の国策により、総合車両メーカーのヂーゼル自動車工業から特殊車両製造部門の日野製造所が分離独立させられることになり、日野自動車の元となる日野重工業を設立させ、九七式中戦車などの軍需車両の製造を行わせた。企業系譜としてはいすゞ自動車の分派ではあるが、日野製造所が星子勇ら瓦斯電系出身の技術者を主軸とした製造拠点であったことから、日野自動車では自社のルーツを瓦斯電に求めている。

終戦後の1946年には、ディーゼルエンジン技術を生かして当時としては異例の超大型トレーラートラック・バスを開発、次いで1950年以降は通常シャーシ(単車)の大型ディーゼルトラック・バスの生産も開始して、母体企業のいすゞと競合する大型車両業界の有力メーカーとなった。

1953年には、フランスルノーの技術供与を受け、小型乗用車ルノー・4CVノックダウン生産を行い、後に完全国産化を果たした。その後自社開発のリアエンジンRR駆動)小型乗用車コンテッサ」、ピックアップトラックブリスカ」、前輪駆動で4輪独立懸架ワンボックスカーコンマース」など、先進的な車を開発、生産していたが、1966年トヨタ自動車との提携以後は、再びトラック・バスの開発・生産に特化して現在に至っている。

年表[編集]

TGE-A
日野ルノー4CV

モータースポーツ[編集]

HINO Team SUGAWARAのダカール・ラリーマシン(2011年)

1960年代の乗用車を開発していた頃は、「日野プロト」「日野GTP」などと呼ばれるプロトタイプレーシングカーを開発してレースに参戦していた。

1990年以降日本国内の大型車メーカーでは唯一、ダカール・ラリーに「日野・レンジャー」で参戦している。オペレーションはダカール出場のギネス記録を保持する菅原義正と息子照仁のチーム、「チームスガワラ」である。1997年のダカール・ラリーではトラック部門総合では史上初となる1・2・3位を独占するなど好成績を上げている。その後設定された排気量10リッター未満クラスにおいては、2018年大会で9連覇を達成している[8]

また2000年代にインディカー・シリーズの強豪チームであるチーム・ペンスキースポンサーシップ契約を締結していたこともある[9]

生産拠点[編集]


古河新工場[編集]

2010年12月22日、茨城県開発公社より茨城県古河市名崎4112番1外の古河名崎工業団地(旧NTT名崎無線送信所跡地、古河市立名崎小学校南側)を約59億円で取得した(2009年1月に予約していた)。2012年〜2020年にかけて、新工場を建設する。まずは海外輸出のKD工場を2012年まで移管する予定である[11]。最終的には2020年までに日野工場の全ての機能を古河新工場に移管して、日野工場を閉鎖する予定[7]

車種一覧[編集]

現行の車種・製品[編集]

トラック[編集]

バス[編集]

バスについては、トヨタ自動車いすゞ自動車からのOEM車種もあるが、ジェイ・バスから日野自動車・いすゞ自動車の両社に同一製品が供給される統合車種に移行が進んでいる。

太字の車種は、いすゞ自動車より供給されたもの。

その他[編集]

産業用ディーゼルエンジン[編集]

クレーン杭打ち機フォークリフトロードローラープレジャーボート小型船舶エンジン、コンプレッサー発電機用として国内外各社にエンジンを供給している。

型式 内径×行程(mm) 排気量 出力(PS)
W04C-T 104×113 3,839 50 - 81
W04D 104×118 4,009 35 - 63
W04D-T 104×118 4,009 50 - 85
W04D-TI 104×118 4,009 69 - 118
型式 内径×行程(mm) 排気量 出力(PS)
J08C 114×118 7,961 74 - 129
J08C-T 114×118 7,961 119 - 173
J08C-TI 114×118 7,961 118 - 177
  • K系 - 直列6気筒エンジン
型式 内径×行程(mm) 排気量 出力(PS)
K13C-T 135×150 12,882 189 - 239
K13C-TI 135×150 12,882 231 - 278
K13D 137×150 13,267 127 - 177
K13D-T 137×150 13,267 160 - 199

世界各国向け製品[編集]

  • 700シリーズ - 基本的にはプロフィアであるが、地域特性に合わせ、日本では見られないものもある。
  • 600シリーズ - 北米に特化して生産されているボンネットトラック
  • 500シリーズ - 基本的にはレンジャーであるが、地域特性に合わせ、日本では見られないものもある。
  • 300シリーズ - デュトロ。

過去の生産車種・製品[編集]

トラック[編集]

  • トレーラートラックT10型・T20型
  • 大型トラックTH型(4X2)
  • 大型トラックTE型(4X2)
  • 大型トラックWD型(前1軸・後1軸 4X4)
  • 大型トラックZC型(前1軸・後2軸 6X6)
  • 大型トラックTC型(前2軸・後1軸 6X2)
  • 大型トラックZM型(前1軸・後2軸 6X4)
  • 大型トラックKF型(前1軸・後2軸 6X2)
  • 大型トラックKS型(前2軸・後2軸 8X4)
  • 大型トラックKB型(4X2)
  • 大型トラクタHE型(4X2)
  • 大型トラクタHH型(前1軸・後2軸 6X4)
  • 構内専用ダンプWP型(前1軸・後2軸 6X4)
  • 重ダンプZG型(前1軸・後1軸 4X2)
  • レンジャー2
  • スーパードルフィン
  • スーパードルフィン プロフィア
  • 輸出仕様車では1995年まで「エコノディーゼル(ECONO DIESEL) 」シリーズで販売していた。

バス[編集]

廃止された型式および車名を示す。

乗用車[編集]

商用車[編集]

オート三輪[編集]

オート三輪三井精機工業製で1960年代初頭まで日野で販売された。

  • オリエント
  • ハンビー
  • ハスラー

産業用ディーゼルエンジン[編集]

  • P系 - P09-TD・P09C-TD
  • EP系 - EP100-T

その他[編集]

販売会社[編集]

  • 北海道日野自動車(札幌・札幌北・旭川・室蘭・苫小牧・千歳・空知・小樽・岩見沢)
  • 函館日野自動車(函館)- 函館トヨペットグループ
  • 東北海道日野自動車(釧路・帯広・北見・網走・中標津・紋別)
  • 青森日野自動車(青森・八戸・弘前・十和田・むつ)
  • 岩手日野自動車(盛岡・花北・水沢・一関・宮古・大船渡)
  • 宮城日野自動車(仙台・石巻・古川・大河原)
  • 西東北日野自動車(秋田・山形・庄内・横手・大館・能代・米沢・新庄)
  • 福島日野自動車(福島・いわき・郡山・会津・相双・白河)
  • 茨城日野自動車(土浦・つくば・茨城・ひたちなか・守谷・古河・岩瀬・鹿島)
  • 栃木日野自動車(宇都宮・那須・足利・小山・真岡)
  • 群馬日野自動車(前橋・高崎・太田・上武・吉岡)
  • 千葉日野自動車(千葉・習志野・成田・柏・市原・木更津・長沼・銚子)
  • 東京日野自動車(大宮・熊谷・川越・足立・八王子・江戸川・瑞穂・六郷・板橋・新狭山・朝霞・松伏・岩槻)
  • 横浜日野自動車(横浜・川崎・湘南・相模原・瀬谷・厚木・港北)
  • 山梨日野自動車(甲府・田富・笛吹)
  • 新潟日野自動車(新潟・新発田・長岡・上越・糸魚川・六日町)
  • 富山日野自動車(富山・高岡・入善・砺波)
  • 石川日野自動車(金沢・七尾・小松)
  • 長野日野自動車(長野・松本・小諸・飯田)
  • 福井日野自動車(福井・敦賀・)
  • 岐阜日野自動車(岐阜・各務原・本巣・大垣・多治見・美濃加茂・高山) - 西濃運輸グループで、以前は株式上場(名証二部)していた。
  • 静岡日野自動車(静岡・沼津・富士・藤枝・袋井・浜松・清水)
  • 愛知日野自動車(名古屋・港・半田・豊橋・岡崎・豊田・小牧・一宮)
  • 三重日野自動車(四日市・津・伊勢・上野・尾鷲・桑名)
  • 滋賀日野自動車(栗東・彦根・長浜)
  • 京都日野自動車(京都・舞鶴)
  • 大阪日野自動車(大阪・東大阪・南大阪・中央・寝屋川・臨海)
  • 神戸日野自動車(神戸・姫路・尼崎・明石・小野・淡路・但馬)
  • 奈良日野自動車(奈良)
  • 和歌山日野自動車(和歌山・田辺・新宮)
  • 島根日野自動車(松江・米子・鳥取・出雲・石見・益田)
  • 岡山日野自動車(岡山・岡山西・岡山東・倉敷・津山)
  • 広島日野自動車(坂・西条・福山西・福山東・呉・三次・西風新都・廿日市・本郷)
  • 山口日野自動車(山口・下関・岩国・宇部・周南・萩出)
  • 徳島日野自動車(徳島)
  • 香川日野自動車(高松・丸亀)
  • 愛媛日野自動車(松山) - 伊予鉄グループ
  • 高知日野自動車(高知・中村)
  • 九州日野自動車(福岡・古賀・糸島・北九州・久留米・筑豊・佐賀・長崎・佐世保・大分・中津)
  • 熊本日野自動車(熊本・大津・八代)
  • 南九州日野自動車(宮崎・鹿児島・鹿児島南・川内・鹿屋・都城・日向)- 鹿児島トヨタ自動車グループ
  • 沖縄日野自動車(豊見城・中部・北部)

主要子会社[編集]

  • 日野エンジニアリングアネックス
  • 日野ロジスパック
  • 日野ヒューテック
  • 日野テクニカルサービス
  • 日野トレーディング
  • 日野ユートラック&エンジニアリング
  • 日野コンピューターシステム
  • 日野ハーモニー
  • 日野セールスサポート
  • 福島製鋼
  • 理研鍛造
  • ソーシン
  • 武部鉄工所
  • トランテックス
  • 明友機工
  • 埼玉鋳造工業
  • 吉沢鉄工所
  • セリオ
  • 日車物流

主要関連会社[編集]

宣伝・広告[編集]

1980年代前半の「風のレンジャー」と称されたレンジャーCM桂歌丸佳那晃子ジャンボ鶴田の3人を起用した。続く1986年発売のレンジャー+5 のCMには「日野」つながりで日野皓正の曲をBGMに使用した。1989年のレンジャーフルモデルチェンジの際には、トラックのイメージ一新を狙い、ダイアン・レインを起用した。また1990年代前半にはスーパードルフィンのCMにケニー・Gの曲にイルカのCGイラストが流れるもの、1992年のモデルチェンジ時には役所広司出演のCMも流れた。1990年代後半のデュトロ発売当時はともさかりえがCMに出演していた。2004年以降はポパイが同CMに起用されており、「走れ!歌謡曲」の影響があってか文化放送で比較的多く(1日中)流れていた。近年はTBSラジオニッポン放送でもCMを流す。かつて放送されていたABCラジオ近鉄バファローズアワーでは試合中継の際にスポンサーとなっていた。これは大阪近鉄バファローズの親会社であった近畿日本鉄道近鉄バス)との関係が深いためである。

2010年代は「トントントントン日野の二トン」という軽快なキャッチフレーズと対照的な、堤真一リリー・フランキーの繰り広げるシュールギャグのCMが人気を集めている。

トラックだけでなく、バスのCMも流す事もあった。モデルチェンジ時に制作され、セレガ(初代)のCMはバブル期の1990年ということもあり、大々的な宣伝活動を行っていた。

テレビCMは、フジテレビの「ご存知 女ねずみ小僧」・「新・座頭市」・「大空港」・「裸の街」・「欽ちゃんの9時テレビ」・「江戸の用心棒」・「超潜入!リアルスコープハイパー」・「ボクらの時代」・「おじゃマップ」・「VS嵐」・「フジテレビ水10ドラマ」・「FNSの日」、関西テレビの「にじいろジーン」、TBSの「ドラマチック22」・「ブロードキャスター」・「さんまのスーパーからくりTV」、日本テレビ火曜8時枠時代劇24時間テレビ 「愛は地球を救う」のスポンサーも務めていたが、「踊る!さんま御殿!!」の番組途中で降板するも、2011年10月にテレビ東京系列の「乃木坂って、どこ?」、ミニ番組「ひるパパ」で久々にテレビ番組のスポンサーになった(提供コメントでは「日野・デュトロ」と読み上げている。沖縄での日本テレビ火曜夜8時枠でのCMは沖縄テレビで放送された)。また、2013年4月にTBSの「水曜プレミアシネマ」に1992年以来のスポンサーとして提供するようになった。

JFN系列土曜もしくは日曜5:00〜13:00の時報CMにも起用されている。

書籍・雑誌ではバスラマ・インターナショナルに書籍広告を出している。バブル期には漫画ゴラクに広告を出していた。

1995年1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)発生時は近畿地方のテレビ・ラジオのCMを自粛する処理で対応し、それ以外のエリアでは通常通りCMを流していたが、2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、未曾有の災害と東京電力福島第一原子力発電所での事故などの被害を受けて3月15日 - 4月21日まで全てのラジオCMを自粛した。4月22日にラジオCMを再開するも当面は企業CMや緊急災害時のトラック運転に対する心構え、燃料の節約に関するお願いなど「日野自動車が今、何かできること」を宣伝していた。7月1日より主力トラックのデュトロの新CMを制作、放送すると同時にイメージタレントに佐々木蔵之介柳沢慎吾新山千春を起用したテレビCMスポットとラジオCMを流している。この3人には実家が自営業であるという共通点があり、特に佐々木の実家佐々木酒造は実際にデュトロハイブリッドのユーザーでもある。また、ブランドCMとして、ダカールラリーへの挑戦「明日を止めないために」を放送している。

キャッチフレーズ[編集]

  • ディーゼル車は日野(1970年代〜1980年代)
  • 新しい時代はいつも日野から始まる(1980年〜1986年頃)
  • 夢はいつでも地球サイズ(1990年代前半、CI採用前まで使用)
  • 性能は、環境のために(1994年〜2006年頃)

日野工業高等学園[編集]

日野工業高等学園は、日野自動車株式会社が職業能力開発促進法に基づき運営する認定職業訓練による職業能力開発校で、東京都日野市にある。もとは1951年4月に、労働基準法に基づき、中学校卒業後入社した社員を対象とした3カ年教育の技能者養成所で、事業内職業訓練施設として認定される。これを1959年6月に「日野自動車工業高等学園」と改称。1962年11月から、学校教育法に基づき文部大臣の指定を受けて指定技能教育施設となり、東京都立八王子工業高等学校との連携を開始。1964年4月には、科学技術学園高等学校と連携を開始した。1970年代後半から1980年代にはしばらく休止していたが、1991年3月に「日野工業高等学園」として機械科と板金科の2科で再開、また、4月には専修コースを設置した。その後自動車整備科、電気制御回路組立科を追加した。2003年に専修コースの募集は休止したが、2018年現在は、機械加工科、塑性加工科、製造設備科、自動車製造科の4科で運営されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日野、世界販売過去最高を更新…通期見通し上方修正 4-12月期決算 自動車 ビジネス 企業動向 2018.1.31 Wed 19:16
  2. ^ トヨタ離れ?ライバルVWと手を組む日野の道理 モータージャーナリスト 御堀直嗣 2018年4月19日 07時55分
  3. ^ 四屯自動貨車は、大阪砲兵工廠及び東京砲兵工廠が試作を重ねた後、生産型がこの年制式制定された。TGE-A型は、瓦斯電が輸入、架装、販売を取り扱っていた米国のリパブリック社(en:Republic Motor Truck Company)のトラックを参考に独自開発した。[1]
  4. ^ a b 日本の自動車技術240選 - TGE-A型 軍用保護自動貨車
  5. ^ 日野自・古河工場が操業 茨城新聞
  6. ^ “電動トラックで日野とVW提携 供給・開発を検討”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 11. (2018年9月19日) 
  7. ^ a b 「象徴」閉鎖に衝撃 日野自動車工場移転へ 朝日新聞 2011年1月21日
  8. ^ 日野自動車 ダカールラリー
  9. ^ 日野自動車、ペンスキーレーシング社とインディ・カー・レースのスポンサー契約締結
  10. ^ トヨタ車体吉原工場から移管。
  11. ^ 日野自動車の成長に向けての取り組み日野自動車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]