この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

トヨタ・ヤリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トヨタ・ヤリス
2020 Toyota Yaris Hybrid E-Four (Red).jpg
発売に先駆け、箱根駅伝にて広報車として登場した4代目ヤリス
販売期間 1999年 -
製造国 日本の旗 日本フランスの旗 フランス
ボディタイプ 3/5ドアハッチバック
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
先代 トヨタ・スターレット
テンプレートを表示

ヤリスYaris)は、トヨタ自動車が生産・発売するBセグメントコンパクトカーである。

概要

1999年に発売。初代~3代目までの日本では、『ヴィッツ』の名称で発売されていたことで知られる。初代から20周年となる2020年発売の4代目からは、2017年から復帰している世界ラリー選手権(WRC)で「ヤリスWRC」の名称で参戦していることや、フルモデルチェンジでの心機一転を図り、国内でもヤリスに名称が統一された。また型式名称の命名規則もこの4代目で変更されている。

2018年の売上33万7000台のうち6割超の21万9000台を欧州で、2割超の8万7000台を日本で売り上げるという偏った市場構成となっており、トヨタの世界戦略車の中では日本市場も重視した車作りがされているモデルである[1]

海外では多数の派生車を持っており、セダンの『ヤリスセダン』、クロスオーバーSUVの『ヤリスクロス』(東南アジア限定)、『ヤリスL クロスオーバー』(中国限定)などがある。またタイでは日欧とは全く異なるコンパクトカーの『ヤリス』が販売されているほか、Bセグメントのほとんど売れない北米ではMAZDA2(デミオ)のOEM版に『ヤリス』、MAZDA2セダンのOEM版に『ヤリスiA』の名称をつけて販売している。加えて2020年には4代目ヤリスをベースとした欧州・日本向けの『ヤリスクロス』が発表されている。2020年6月現在までに新GA-Bプラットフォームを用いたトヨタ車は3車種が発表されているが、その全てが「ヤリス」を車両名称に含んでいる。このように世界中の様々なボディ形状のトヨタ車に名づけられているという点ではカローラに近いブランド性がある。

なお4代目発売とほぼ同時に、ラリーカーのホモロゲーションモデルである『GRヤリス』が披露されているが、こちらも上記の派生車同様に全くの別設計であり、本記事で述べるヤリスとは別の車である。

初代 - 3代目

3代目アジア仕様(XP150型)

トヨタ・ヤリス(3代目アジア仕様)
NSP150L/151R/152L型
2017年販売型 中国仕様ヤリスL
Toyota Yaris L hatch facelift 01 China 2018-03-20.jpg
2017年販売型 中国仕様ヤリスL 後部
Toyota Yaris L hatch facelift 02 China 2018-03-20.jpg
製造国 中華人民共和国の旗 中国
タイ王国の旗 タイ
インドの旗 インド
ブラジルの旗 ブラジル
 台湾
販売期間 2013年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
4ドア セダン(ATIV)
エンジン 6NR-FE型 1.3L 直4 DOHC(中国仕様)
7NR-FE型 1.5L 直4 DOHC(中国仕様)
3NR-FE型 1.2L 直4 DOHC(タイ仕様)
駆動方式 前輪駆動
最高出力 1.2L 86PS/6,000rpm
1.3L 95PS/6,000rpm
1.5L 109PS/6,000rpm
最大トルク 1.2L 11.0kgf·m/4,000rpm
1.3L 12.3kgf·m/4,000rpm
1.5L 14.1kgf·m/4,400rpm
変速機 5速MT
4速AT
CVTSuper CVT-i
サスペンション 前:
マクファーソンストラット
後:
トーションビーム
全長 4,115mm
4,425mm(ATIV)
全幅 1,700mm
1,730mm(ATIV)
全高 1,475mm
ホイールベース 2,550mm
プラットフォーム トヨタ・Bプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

日本・欧州・北米仕様とは全く別の専用ボディを纏い、当初は5ドアのみが展開された。全長×全幅×全高は4,115×1,700×1,475mmと全高以外は日本・欧州・北米仕様よりも一回り以上大きく、更にホイールベースは2,550mmと日本・欧州・北米仕様よりも40mm延長されている。

2013年10月22日にまずタイで「ヤリス」として発表され、その後、2013年11月に中国で「ヤリスL」、2014年8月に台湾で「NEWヤリス」として順次発表・発売を開始した。タイ仕様は同国政府認定エコカーに指定されるべく、エンジン排気量を1.2Lのみとし、エコカーとして最適なチューニングが行われている。中国仕様と台湾仕様には1.5Lの1NZ-FEエンジンに4速ATのみを組み合わせるが、台湾仕様は2016年5月の改良で4速ATから7速マニュアルモード付Super CVT-iに換装された。

2016年11月、広州モーターショーにおいてハッチバックのマイナーチェンジ、および4ドアセダンの追加投入を発表[2]。その際、セダンのみで展開していたヴィオスにハッチバックの『ヴィオスFS』が追加され[3]、ヤリスLを販売する広汽トヨタとヴィオスを販売する一汽トヨタにおいて、ハッチバックとセダンの両タイプを展開する形となった。

2017年8月、タイ市場でセダンボディの『ヤリスATIV(エイティブ)』を追加。同社のヴィオス(2013年販売型)とは異なるボディが与えられ、タイ市場では両モデルを併売する形を取った。2018年以降、タイや中国以外の地域のヴィオスはヤリスATIVに準じた外観に順次変更されている。ヴィオスでは搭載エンジンが1.5リットルの2NR-FBEなのに対し、ヤリスATIVでは1.2Lの3NR-FEとなるなどエントリークラス寄りの位置付けとされた。

2017年9月、タイでハッチバックがビッグマイナーチェンジ。ボディパネルを大幅に更新しており、先月発売したATIVに準じた外観となった。その後台湾、インドネシア南アフリカ中東などでも順次マイナーチェンジを実施、同様の外観に変更されている。

2018年2月、デリーモーターショーにおいてセダンのインド投入を発表[4]カルナータカ州バンガロール近郊のビダディに立地するトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)第2工場で現地生産され、5月に販売が開始された[5]

2018年6月、ブラジル投入を発表[6]サンパウロ州のソロカバ工場で現地生産され、ハッチバックは6月半ば、セダンは7月に販売が開始される予定となっている。


4代目(KSP210/MXPA1#/MXPH1#)(2020年- )

トヨタ・ヤリス(4代目)
KSP210/MXPA1#/MXPH1#型
1.5G 4WD フロント(GRパーツ装着車)
The frontview of Toyota YARIS G 4WD (5BA-MXPA10-AHFGB) with GR PARTS.jpg
1.5G 4WD リア(GRパーツ装着車)
The rearview of Toyota YARIS G 4WD (5BA-MXPA10-AHFGB) with GR PARTS.jpg
1.5G 4WD インテリア(GRパーツ装着車)
The interior of Toyota YARIS G 4WD (5BA-MXPA10-AHFGB) with GR PARTS.jpg
製造国 日本の旗 日本岩手県
フランスの旗 フランス
販売期間 2020年2月10日 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン 1KR-FE型:
996cc 直列3気筒 DOHC
M15A-FKS型:
1,490cc 直列3気筒 直噴DOHC
M15A-FXE型:
1,490cc 直列3気筒 DOHC
駆動方式 FF / 4WD
モーター 1NM型 交流同期電動機
(ハイブリッドのみ)
1MM型 交流同期電動機
(リア、E-Fourのみ)
最高出力 エンジン
1KR-FE型:51kW (69PS)/6,000rpm
M15A-FKS型:88kW (120PS)/6,200rpm
M15A-FXE型:67kW (91PS)/5,500rpm
モーター
1NM型:59kW (80PS)
1MM型:3.9kW (5.3PS)
最大トルク エンジン
1KR-FE型:92N・m (9.4kgf・m)/4,400rpm
M15A-FKS型:145N・m (14.8kgf・m)/4,800 - 5,200rpm
M15A-FXE型:120N・m (12.2kgf・m)/3,800 - 4,800rpm
モーター
1NM型:141N·m (14.4kgf·m)
1MM型:52N·m (5.3kgf·m)
変速機 CVT(Super-CVT、1.0Lガソリン)
ギア機構付きCVT(Direct Shift-CVT、1.5Lガソリン)
6速MT(1.5Lガソリン2WD車)
電気式無段変速機(ハイブリッド)
サスペンション 前:ストラット式サスペンション
後:トーションビーム式サスペンション(FF[7]
 ダブルウィッシュボーン式
(FF[8] / 4WD)
全長 3,940 mm
全幅 1,695 mm(日本)
1,745 mm(欧州)
全高 1,500 - 1,515 mm(日本)
1,470 mm(欧州)
ホイールベース 2,550 mm(日本)
2,560 mm(欧州)
車両重量 940 - 1,180 kg
先代 (3代目)ヴィッツ
プラットフォーム GA-Bプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

TNGA戦略において最後発となる、『GA-Bプラットフォーム』の採用車第1号である。チーフエンジニアは11・12代目カローラシリーズ、2代目オーリスの製品企画主査を担当した末沢泰謙。製品コンセプトは「Ready To Go!」で、キャッチフレーズは「YARIS & GO!」。

デザインは「小さく、美味しく、それでいて面がすごくふくよかでツヤがある」というイメージで作られた『黒豆号』というモチーフがベースとなっている[9]。デザインコンセプトは「B-ダッシュ」で、Bには「BOLD(大胆)」「BRISK(活発)」「BOOST(加速)」「BEUTY(美)」「BULLET(弾丸)」などの意味が込められており、躍動感が重視された。製品としてはかつて「安かろう悪かろう」が一般的であったコンパクトカーの概念を覆した初代をオマージュし、「ボディの大小によるヒエラルキーにとらわれないクルマ」「ファーストカーとして選んでもらえるクルマ」を目指した。後部座席は先代に比べると割り切られた作りで、ファミリーカーというよりはドライバーズカー、パーソナルカーとしての面が強い。

日本仕様車では幅が5ナンバーサイズに抑えられている。また、電動パーキングブレーキやシフトブーツが採用されていない。また欧州仕様車はホイールが5穴なのに対し、日本仕様車は4穴となる。またハイブリッド仕様車において、欧州仕様では3ナンバーボディのためフェンダー周りが日本仕様と比較し、ややもっこりしておりスタイリングの躍動感がより高められているほか、3代目ヴィッツ同様サイドフェンダー部に「HYBRID」エンブレムが装着されているのに対して日本仕様車では装着されていない。

メカニズム

トヨタ車初の新技術として、ダイナミックフォースエンジンの一環として開発された既存の直列4気筒のM20A型を基に、シリンダーを1気筒分差し引いてそのまま直列3気筒化したM15A型、1.5L版の4代目THS-Ⅱ、座席位置を記憶する『イージーリターンシート』、座席を横に向けて乗り降りしやすいようにする『ターンチルトシート』、白線がなくてもスペースを記憶してできる高度駐車支援機能『Advanced Park』(アドバンストパーク)、交差点での右折時の直進車や右左折後の歩行者、横断自転車や自転車への追突にも対応した衝突被害軽減ブレーキなどが採用されている。またコンパクトカーとしては初となる、電気式4WDシステムの『E-Four』がラインナップされており、駆動系を収めるためにこの仕様のみリアサスペンションが2リンク式ダブルウィッシュボーンとなる(あくまで省スペースのためであり、性能追求型ではない[10])。

新プラットフォームの効果により重心は15mm下げられ、ねじり剛性も30%向上するなど、走りの質感が大幅に改善された。またハイブリッド仕様は先代の1,100kgから1,050kgへと50kg軽量化されている。

エンジンは1.0Lガソリン(1KR-FE型)、1.5Lガソリン(M15A-FKS型)、1.5Lハイブリッド(M15A-FXE型)の3種類で、GA-Bプラットフォームの制約上全て直列3気筒のガソリンエンジンとなる。1KR-FEとハイブリッド車専用のM15A-FXEはポート噴射、M15A-FKSは直噴となる。いずれもアトキンソンサイクルを採用するが、M15A-FKSは吸排気可変バルブタイミングシステム(VVT-i)により、スロットル開度が大きい領域ではオットーサイクルに近いパワーを出す。M15A-FXEは最大熱効率40%に到達している。1KR-FEは唯一、先代からのキャリーオーバーとなるが若干の改良が施されており、、全域でリーンバーンを採用することで燃費向上を見込んでいる[11]。このほか、M15A-FKSに限りアイドリング時の振動対策として1次バランサーシャフトが採用され、エンジン回転数が一定の領域に達すると自動的にバランサーシャフトが切り離される仕組みとなっている[12]点に加え、車体側におけるエンジンマウントの取り付け位置の最適化がなされている。

トランスミッションは1.0LがSuper CVT-i、1.5LガソリンがダイレクトシフトCVTと6速MT、1.5Lハイブリッドが電気式無段変速となる。なお6速MTは自動ブリッピング機能が付与される『iMT』ではない。また発売前に世間を騒がせていた踏み間違い事故の対策により、アクセルとブレーキの距離を離しているため、ヒール&トウは従来より難しくなっている。SuperCVT-iは1KRと同じく一世代前だがブラッシュアップが進んだ技術で、レシオカバレッジが5.6:1から6.53:1と大幅に改善されている。

リアサスペンションはフォルクスワーゲンをよく研究し、トレーリングアームを前後方向に並行する形で配置するというマウント手法を採用した。またフロントサスペンションはエンジンの3気筒化により設計の自由度が高くなったため、フリクションが改善されている[13]

メーターTFT液晶パネルを用いた二眼のデジタル式だが、ベースグレードの「X"Bパッケージ"」「X」「HYBRID X」のみアナログ式となる(ただし、ガソリン車に限りデジタル式、アナログ式を問わず、全車タコメーターが標準装備)。また最上級の「Z」「HYBRID Z」のみカラーヘッドアップディスプレイをオプション装備できる。ディスプレイオーディオは、全グレードに標準装備される。

設計者自らトヨタの世界ラリー選手権(WRC)活動拠点であるフィンランドに赴き、ヤリスWRCの補強構造を参考にしてボディが設計されている。またラリーカーとしての改造もしやすいように設計されており、前提に例えばサブストロークを増やしてもドライブシャフトとサイドメンバーを干渉させない改造が容易にできるよう、サイドメンバーのレイアウトが決定されている[14]。また『凄腕技能養成部』の大阪晃弘が設計初期の段階から加わって「乗り味」を作り込んだ。

ハイブリッドのEV走行可能速度は130km/hまで向上。電気モーターが従来より30%の出力アップが図られただけでなく、リチウムイオンセルも2倍の充電能力を持ったリチウムイオンバッテリーに切り替わったため、実燃費に近いとされるWLTCモードでありながらプリウスJC08モードに迫る36km/Lを叩き出す。これは発売時WLTCモードの国産車最高記録となる。1KR-FEとM15A-FKSは市街地でも十分な燃費を確保できている(市街地モード14.7~16.1km/L)ということと、エンジンの始動音が煩わしいという消費者の要望から、既存のRAV4カローラセダンカローラツーリングの各コンベンショナルモデルと同様、アイドリングストップを採用していない[15]

先進安全装備は「X"Bパッケージ"」を除く全車にToyota Safety Senseを標準装備。昼夜の歩行者にも対応できる"プリクラッシュセーフティ"や前述の新機能のほか、時速30km/h以上で作動するレーダークルーズコントロール(同社のコンパクトカーとしては初)、先行車発進告知機能、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストなども含まれる。2020年4月からのオートライト義務化の法改正に伴ってヘッドライトのスイッチは無くなっているが、一手間かければ強制的にオフにすることは可能である[16]

年表

  • 2019年令和元年)
    グレード体系はガソリン車・ハイブリッド車共通で、「X」・「G」・「Z」を設定(ハイブリッド車は「HYBRID X」・「HYBRID G」・「HYBRID Z」となる)。なお、「Z」は1.5Lのみの設定となり、「X」の1.0L車には、エントリーモデルの「Bパッケージ」が設定される[19]
  • 2020年(令和2年)

取扱店

東京都では、ネッツ店系列のネッツトヨタ多摩とネッツトヨタ東都に加え、トヨタモビリティ東京やカローラ店系列のトヨタ西東京カローラでも取り扱う。

脚注

  1. ^ トヨタ、「ヴィッツ」を「ヤリス」に改名する理由東洋経済オンライン 2019年10月16日
  2. ^ “【広州モーターショー16】トヨタ ヤリス 中国仕様、4ドアセダン初公開”. Response (イード). (2016年12月12日). https://response.jp/article/2016/12/12/286872.html 
  3. ^ “【広州モーターショー16】トヨタ ヴィオス に5ドアハッチ、「FS」初公開”. Response (イード). (2016年12月13日). https://response.jp/article/2016/12/13/286931.html 
  4. ^ “トヨタ ヤリス インド仕様はセダン…デリーモーターショー2018”. Response (イード). (2018年2月13日). https://response.jp/article/2018/02/13/305977.html 
  5. ^ “Toyota Kirloskar Motor begins delivery of Yaris across India” (プレスリリース), Toyota Kirloskar Motor, (2018年5月18日), https://www.toyotabharat.com/news/2018/toyota-kirloskar-motor-begins-delivery-of-yaris-across-india.html 
  6. ^ “Toyota apresenta o novo Yaris ao mercado brasileiro” (ポルトガル語) (プレスリリース), Toyota de Brasil, (2018年6月7日), http://www.toyotaimprensa.com.br/releases/release.php?id=10093 
  7. ^ 日本国内モデル。
  8. ^ 欧州モデル。
  9. ^ トヨタ、新型「ヤリス」は“黒豆のようなクルマ”!? デザイン詳細を担当者が解説2019年10月17日
  10. ^ 【トヨタ ヤリス 新型】走り、乗り心地を左右するボディとシャシー…VWを研究 Response.jp 2019年10月16日
  11. ^ 【トヨタ ヤリス 新型】ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載Response.jp 2019年10月17日
  12. ^ 【新型ヤリス詳解②】新型ヤリスを支える3気筒エンジン専用新開発プラットフォーム[GA-B](Webモーターマガジン) - モーターマガジン社 2019年10月17日(2020年3月2日閲覧)。
  13. ^ 【トヨタ ヤリス 新型】走り、乗り心地を左右するボディとシャシー…VWを研究Response.jp 2019年10月16日
  14. ^ 『トヨタ ヤリスのすべて』モーターファン別冊 ニューモデル速報 第591弾 2020年2月10日三栄刊行
  15. ^ 【燃費至上主義に終止符!? それとも…??】新型ヤリスがアイドリングストップをやめた意外な理由ベストカーweb 2020年1月28日
  16. ^ 新型ヤリスの安全装備に表れたトヨタの本気度───「トヨタ初」や「トヨタ最新」のオンパレード!Motorfan 2019年10月19日
  17. ^ “TOYOTA、新型車ヤリスを世界初公開 -走る楽しさと、世界最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えたコンパクトカーの域を超える、新世代コンパクトカー-” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2019年10月16日), https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/29933689.html 
  18. ^ “TOYOTA、新型車ヤリスを2020年2月10日に発売” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2019年12月20日), https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30486400.html 
  19. ^ 「Bパッケージ」では、前述したToyota Safety Senseに加え、先行車発進告知機能、セカンダリーコリジョンブレーキ、エコドライブモードも非装備となる
  20. ^ “新型車ヤリス 受注状況について” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2020年3月10日), https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31698261.html 2020年3月11日閲覧。 

関連項目

外部リンク