ベストカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベストカー
ジャンル 自動車[1]
刊行頻度 月2回刊[2]
発売国 日本の旗 日本[2]
言語 日本語[2]
出版社 講談社ビーシー講談社[1]
編集長 飯嶋穣[3]
刊行期間 1977年11月 - [1]
発行部数 217,875[4]部(印刷証明付部数、2018年10月1日 - 2019年9月30日、日本雑誌協会 (JMPA)調べ)
ウェブサイト bestcarweb.jp
テンプレートを表示

ベストカー』は、日本自動車雑誌講談社ビーシー講談社編集兼発行。月2回刊[2]。日本で最も発行部数の多い自動車雑誌として知られる[3][4]

概要[編集]

1977年昭和52年)11月、三推社(現・講談社ビーシー)から月刊『ベストカーガイド』として創刊。1985年(昭和60年)に誌名を現在の『ベストカー』に改称し、月2回刊(毎月10・26日発売)とした。1992年平成4年)3月に通巻300号となり、このころ発行部数が30万部を突破、日本一の自動車雑誌となった[1]2019年令和元年)9月10日号で通巻1,000号を迎えている[5]

日本雑誌協会 (JMPA) が2018年10月1日から2019年9月30日にかけて集計した結果によると、同誌の印刷証明付部数は217,875部であり、日本の自動車雑誌としては最多となっている。次点は『カー・アンド・ドライバー 日本版』(160,000部)、『CARトップ』(121,857部、印刷証明付部数)で、いずれも20万部に満たない[4]

培ってきた取材網を活用した新車情報のスクープが人気を博しており[6](時には自動車メーカーから取材拒否されることもある[7])、このほか旧車[8]カー用品[6]、自動車に関連する漫画アニメーション作品[3][9]など、クルマ社会全般の話題を幅広く取り扱う[6][8]。購買層は10 - 20代18.7%、30代32.7%、40代30.2%、50代以上18.4%となっている[8]

関連誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 会社案内”. 講談社ビーシー. 2021年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d ベストカー = Best car (講談社ビーシー): 1986”. 国立国会図書館サーチ. 国立国会図書館. 2021年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c “太っ腹…!車雑誌・ベストカーの新編集長が「車を1台プレゼント」する企画に挑戦したワケ”. マネー現代 (講談社). (2021年3月25日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81450 2021年5月3日閲覧。 
  4. ^ a b c JMPAマガジンデータ : 【男性】 自動車誌”. 日本雑誌協会. 2021年5月3日閲覧。
  5. ^ 滑川寛 (2019年8月21日). “スクープ新型続々…日本車の未来は明るい!?”. Response. (イード). https://response.jp/article/2019/08/21/325613.html 2021年5月3日閲覧。 
  6. ^ a b c ベストカー”. メディアレーダー. アイズ. 2021年5月3日閲覧。
  7. ^ 高木啓 (2010年10月28日). “GT-R 新型の発表会に呼ばれませんでした”. Response. (イード). https://response.jp/article/2010/10/28/147108.html 2021年5月3日閲覧。 
  8. ^ a b c クルマ社会の今後を占う 新車・旧車を網羅した専門誌『ベストカー』”. 広報会議. 宣伝会議. 2021年5月3日閲覧。
  9. ^ “自動車雑誌に「PUI PUI モルカー」特集 いったいなぜ?編集部に狙いを聞いた”. J-CAST ニュース (ジェイ・キャスト). (2021年2月26日). https://www.j-cast.com/2021/02/26405998.html?p=all 2021年5月3日閲覧。 
  10. ^ ベストカーガイド (三推社): 1978”. 国立国会図書館サーチ. 国立国会図書館. 2021年5月3日閲覧。
  11. ^ ベストカープラス = Best car + (三推社): 2007”. 国立国会図書館サーチ. 国立国会図書館. 2021年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]