トノックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 トノックス
TONOX Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
254-0041
神奈川県平塚市長瀞2番6号
設立 1945年10月
業種 製造業
法人番号 4021001037158
事業内容 自動車車体業
代表者 殿内 荘太郎
資本金 3億3,000万円
従業員数 250名(2017年3月現在)
外部リンク トノックス
テンプレートを表示

株式会社トノックス(TONOX)は、神奈川県に所在する、自動車車体の車体架装メーカーである。日産自動車の協力工場であり、日産・シルビア初代CSP311型を製造した会社でもある。

1950年に殿内製作所として創業し、1970年に殿内工業株式会社となり、1991年に現在の社名になる。

主な事業[編集]

特装車事業[編集]

キャラバンの事故処理車
トンネル検査車・トンネル計測車
  • 警察車両
  • 消防車
    • 指揮車(キャラバンまたはエルグランドジャンボタクシーがベース)
    • 広報車
    • ミニ消防車
    • 支援車
  • 道路パトロールカー・交通管理隊巡回車
  • 宣伝車(乗用車・トラック・NV400などのバンを使用した架装)
  • 路面計測車
  • FWD(舗装構造評価装置)の開発及び車両
  • トンネル検査・計測車
  • 保線
  • 軌陸車(軌道陸上兼用車)
  • 牽引車
  • 保冷車・冷凍車
  • レッカー車
  • 特装車全般

上記以外にも8ナンバーの様々な特種用途自動車の製造を手掛ける。

PDI(Pre-Delivery Inspection, 輸入車納車前整備)[編集]

トンネル・路面計測事業[編集]

  • 2011年4月より株式会社小松製作所のトンネル・路面計測事業移管を受け、トンネル検査・トンネル計測事業を開始した。業務内容としては、計測車の製作から解析業務までを行っている。
  • トンネル・路面検査計測業務
  • トンネル・路面計測データ解析業務
  • トンネル・路面検査車計測車の製作
  • FWD(舗装構造評価装置)の開発及び車両

レストア事業[編集]

  • クラシックカーのレストア事業も本格的に開始された。日産自動車やメルセデスベンツ(ヤナセテックで対応)など国産・海外メーカーも対応可能である。サンドブラスト・カチオン塗装も行っていおり、クラシックカーの需要に応えている。

環境整備・改善事業[編集]

  • 2015年度より太陽光パネル事業にも進出している。

その他[編集]

  • 塗装 防錆塗装(大型設備によるカチオン塗装)樹脂塗装など試作から量産まで対応可能なメーカーである。ダイヤモンド塗装、スーパーフッ素塗装、板金塗装も行っている。
  • 車検 国産車から輸入車までの指定整備工場として車検・定期点検・メンテナンスを行っている。
  • 自動車用パーツの自社開発も行っている。

関連企業[編集]

  • ヤナセテック株式会社 - 横浜市保土ヶ谷区上星川に本社工場・平塚市に平塚工場がある。メルセデス・ベンツを初めとするクラシックカーレストア(復元)は本社工場、特種用途自動車(福祉車、医療車)・コンテナ・シェルターの製造は、平塚工場にて行っている。製造の中心を平塚工場に集約させており、現在伊勢原工場は現働させていない。
  • ワイ・エンジニアリング株式会社 - 除雪、草刈、清掃、通信、土木・建設、鉄道などの作業用アタッチメントの装着が可能な多目的作業車「メルセデス・ベンツ・ウニモグ」の輸入販売を行っている日本唯一の正規代理店である。
  • 株式会社オートノックス - 車体塗装やレストアなどのボディワーク業として開業し、その後、ジャガー・ランドローバー・シトロエンの正規ディーラーとして横浜市に店舗を構えていた。その後全てのディーラー業務を終了し、上星川の工場にてジャガー・ランドローバーの指定サービス工場業務を行っていたが、2015年末をもってインポーターとの指定サービス工場業務契約を終了。
  • 株式会社トップスジャパン - 2016年1月1日付けでオートノックスと合併し、上星川の工場でのサービス工場運営も行う。現在は、フォード認定サービスディーラーとしての営業のほか、国産車から輸入車までの指定整備工場として車検・定期点検・メンテナンス業務を行っている。また、過去にローバーのPDIを行っていた実績がある事からオールドミニクーパーに力を入れている。

脚注[編集]


外部リンク[編集]