レクサス・GS F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レクサス・GS F(海外仕様)

GS F(ジーエス・エフ)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されている「GS」をベースとしたスポーツモデルで、レクサス・Fシリーズの一台である。

概要[編集]

「GS F」は2015年1月の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で初公開された。日本では第44回東京モーターショー2015で初公開され、2015年11月26日に発売された。「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」というフィロソフィーを持つ「F」の新型モデルの投入は、2014年に発売された「RC F」以来約1年ぶり。「F」のセダンとしては2007年デビュー(2014年販売終了)の「IS F」以来で、実に8年ぶりとなる。

ボディーは剛性を高めるため、レーザー溶接、スポット打点の増し打ちに加え、高剛性ガラス接着剤やレーザースクリューウェルディングなどレクサス最新のボディー技術を導入。サーキット走行にも対応する強固な骨格を実現した。足まわりは、ジオメトリーの最適化を狙いパーツを新設計。高いサスペンション剛性の確保とロール剛性の適正化を行い、ステアリング系と協調することで操舵(そうだ)レスポンスを向上させた。 フロントに対向6ピストン、リアに対向4ピストンのアルミ製モノブロックキャリパーを採用した4輪ベンチレーテッドディスクブレーキは、マスターシリンダーの大径化、ペダル比の最適化などにより、高い応答性とリニアな利きを追求。高摩擦パッドも採用することで、高い剛性と耐フェード性を確保している。足元はBBS製19インチ鍛造アルミホイールに、フロント255/35ZR19、リア275/35ZR19の「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を履く[1]

エンジンは「RC F」にも採用されたV8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」を採用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]