トヨタ・VZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

VZエンジンとは、トヨタ自動車V型6気筒ガソリンエンジン系列である。トヨタ初の量産V型6気筒エンジン、かつ、世界初のFF車用DOHC4バルブエンジンである[1]

初出は2代目カムリのプロミネントに搭載された2,000 ccの「1VZ-FE」である。その後排気量を上げていき、最終的には3,400 ccまで引き上げられた。

V6ならではのスムーズな回転と静粛性を備えていたが、燃費が課題となり、その後、MZエンジンを経ている。

系譜[編集]

バリエーション[編集]

1VZ-FE[編集]

  • VZ型で最初にデビューしたエンジン。
  • 1,992 cc (内径×行程:78.0×69.5 / 圧縮比:9.6)
  • DOHC 24バルブ
  • 出力:103 kW(140 ps)/6,000 rpm トルク:174 N・m(17.7 kg・m/4,600 rpm)
  • レギュラーガソリン仕様
  • 搭載車種は、カムリ・プロミネント(VZV20)

2VZ-FE[編集]

  • 2,507 cc (内径×行程:87.5×69.5 / 圧縮比:9.6)
  • DOHC 24バルブ
  • 出力:118 kW(158 ps)/5,800 rpm トルク:206 N・m(21.0 kg・m)/4,600 rpm
  • レギュラーガソリン仕様
  • 搭載車種は、レクサスES250 (VZV21L)

3VZ-FE[編集]

  • 2,958 cc (内径×行程:87.5×82.0 / 圧縮比:9.6)
  • DOHC 24バルブ
  • 出力:147 kW(200 ps)/5,800 rpm トルク:274 N・m(28.0 kg・m)/4,600 rpm(ウィンダム)
  • プレミアムガソリン仕様
  • 搭載車種は、レクサスES300(VCV10L)、ウィンダム(VCV10)、セプター(VCV10)、

3VZ-E[編集]

  • 2,958 cc (内径×行程:87.5×82.0 / 圧縮比:9.0)
  • OHC 12バルブ
  • 出力:110 kW(150 ps)/4,800 rpm トルク:245 N・m(25.0 kg・m)/3,400 rpm
  • レギュラーガソリン仕様
  • 搭載車種は、ハイラックスサーフ(VZN130G)T100

4VZ-FE[編集]

  • 2VZ-FEとはコンポーネンツが異なる。
  • 2,496 cc (内径×行程:87.5×69.2 / 圧縮比:9.6)
  • DOHC 24バルブ
  • 出力:129 kW(175 ps)/6,000 rpm トルク:224 N・m(22.8 kg・m)/4,800 rpm(ウィンダム)
  • プレミアムガソリン仕様
  • 搭載車種は、カムリプロミネント(VZV30系)、ウィンダム(VCV11)

5VZ-FE[編集]

  • 3,378 cc (内径×行程:93.5×82.0 / 圧縮比:9.6)
  • DOHC 24バルブ
  • 出力1:136 kW(185 ps)/4,800 rpm トルク:294 N・m(30.0 kg・m)/3,600 rpm
  • 出力2:132 kW(180 ps)/4,800 rpm トルク:299 N・m(30.5 kg・m)/3,600 rpm
  • レギュラーガソリン仕様
  • 搭載車種

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ V型6気筒ガソリンエンジン(1VZ-FE) - トヨタ自動車75年史 > 技術開発 > エンジン(更新日不明)2018年4月6日閲覧

関連項目[編集]