トヨタ・TZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・TZエンジン
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 1990年4月-1999年10月
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
(1気筒あたり4バルブ)
排気量 2.4L
テンプレートを表示

トヨタ・TZエンジンは、トヨタ自動車水冷直列4気筒ガソリンエンジンの系列である。初代エスティマ系専用としてアンダーフロア型ミッドシップレイアウトを実現するために2RZ型 をベースに造られた。初代エスティマ系の販売終了に伴い AZ型 に統括。形式的な後継は TR型となる。

概要[編集]

系譜[編集]

型式[編集]

2TZ-FE[編集]

  • 種類:DOHC 16バルブ EFI
  • 排気量:2.438L
  • 内径×行程:95.0×86.0(mm)
  • 圧縮比:9.3
  • 参考出力:99kW(135ps)/5,000rpm
  • 参考トルク:206Nm(21.0kgm)/4,000rpm

2TZ-FZE[編集]

  • 搭載車種(車両型式)
    • (初)初代エスティマ(TCR10W/11W/20W/21W)

関連項目[編集]