トヨタ・NRエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ・NRエンジン
ダイハツ・NR型エンジン
生産拠点 ダイハツ工業
(1NR-FE/1NR-VE/2NR-FE/2NR-VE/3NR-FE)
トヨタ自動車
(1NR-FKE/2NR-FKE/8NR-FTS)
製造期間 2008年9月 - 現在
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.2L
1.3L
1.5L
テンプレートを表示

トヨタ・NRエンジン(トヨタ・エヌアールエンジン)、およびダイハツ・NR型エンジン(ダイハツ・エヌアールがたエンジン)は、自動車水冷直列4気筒ガソリンエンジントヨタ系列名である。トヨタ自動車およびダイハツ工業富士重工業スバル)、プロドゥアマレーシア)の、Cセグメントクラス以下向けのエンジンのひとつ。

概要[編集]

トヨタ自動車の既存のCセグメントクラス以下向けのNZ型同様、シリンダーヘッドからシリンダーブロックにかけてアルミダイキャストが用いられており、NZ型に対して若干の軽量化が図られている。また、可変バルブ機構Dual VVT-i、およびVVT-iEを採用する同社製エンジンの中では最小クラスとなる。

NZ型及びダイハツのK3型を含むSZ系列の後継となるエンジンであり、従来のSZ型の基本設計を踏襲しているが、先述の通りデュアルVVT-iの採用やアルミダイキャストの採用などによる高性能・軽量化など、基本性能がある程度改善されている。SZ型に続いて設計はダイハツが担当した。生産は当初、ダイハツに委託していたが、2014年以降よりごく一部のエンジン(例:1NR-FKE、2NR-FKE、8NR-FTS)に限り、トヨタでも生産されるようになり、事実上の内製化を果たすこととなった。

なおDUAL VVT-iなどは新興国・途上国向けエンジンでは搭載していない場合もあり、関連してヘッド周りの仕様も異なる(詳細は後述の2NR-FEを参照)。


  • 生産期間
    • 2009年6月 - (日本向けでの場合。欧州向けは2008年9月より先行生産されている)

系譜[編集]

トヨタ

                                     └→SZ型1999年) ┘

ダイハツ

バリエーション[編集]

1NR-FE[編集]

<出力>

<主な搭載車種>

<トヨタ車以外での搭載車種>

NR系で最初に発表されたエンジン。2008年11月欧州向けオーリスに初めて「ストップ&スタート」アイドリングストップシステムと組み合わせて搭載された[3] [4]。欧州では1.33Lと変則的な表記がなされ、従来の4ZZ-FE 1.4Lエンジンに代わって搭載されている。日本では2009年8月20日発表のiQ1.3L車で初めて導入された。

1NR-FKE[編集]

<出力>

  • 73kW(99PS)/ 6,000rpm 121N·m(12.3kg·m)/ 4,400rpm(日本仕様)

<主な搭載車種>

<トヨタ車以外での搭載車種>

同社の既存のハイブリッドカー(例・プリウスアクアSAI等)に用いられているアトキンソン(高膨張比)サイクルをはじめ、クールドEGR、VVT-iEなどの技術を採用したことで更なる燃費改善と損失低減を追求することで熱効率を高めている。なお、2016年2月現在の時点においてこのエンジンは後述する1.5L版の2NR-FKEと異なり、日本国内市場専用のエンジンとなっている。

1NR-VE[編集]

<出力>

  • 67kW(92PS)/ 6,000rpm 117N·m(11.9kg·m)/ 4,200rpm(プロドゥア・ベザ以外)
  • 70kW(95PS)/ 6,000rpm 121N·m(12.3kg·m)/ 4,000rpm(プロドゥア・ベザでの場合)

<主な搭載車種>

厳密にはトヨタ名義ではなくダイハツ名義のエンジンであるため、型式名の-(ハイフン)後の記号がトヨタ式ではなくダイハツ式の表記になっている。搭載するトヨタ車も、1NR-FEや後述する2NR-FEと異なり、ダイハツからのOEM供給車種、もしくは主な開発作業と生産をダイハツに委託した車種、プロドゥアのごく一部の車種などに限られている。

2NR-FE[編集]

<出力>

  • 66kW(90PS)/ 5,600rpm 132N·m(13.5kg·m)/ 3,000rpm(VVTレス)
  • 79 kW (107 PS) / 6000 rpm 140 N·m / 4200 rpm (Dual VVT-i)

<主な搭載車種>

主にアジア市場向けの車種に採用されており、搭載車種の中には国内で販売されている車種もあるが日本仕様には2NR-FEの設定は存在しない。

トヨタ初のインド市場専用車エティオスで初搭載。新型エンジンを途上国新興国向けの戦略車種で先行搭載というのは極めて異例。ただし、価格を抑えるためにDUAL VVT-iは省かれており、出力等も最近の一般的なものと比較すると控えめとなっている。一方でヘッド一体型エキゾーストマニホールドといったVVT仕様にはない要素も取り入れられている。またVVT仕様のバルブ駆動はローラーロッカーアームであるがVVTレス仕様では直動式となる。この点から次期API/ILSAC規格(GF-6)におけるバルブトレーン摩耗試験のエンジンとして採用される予定となっている[5]

DEUL VVT-i仕様としては後述のダイハツ型式となる2NR-VEがアバンザに初搭載されたのを皮切りにDEUL VVT-i仕様の2NR-FEが採用されるようになった。


2NR-FKE[編集]

<出力>

  • 80kW(109PS)/ 6,000rpm 136N·m(13.9kg·m)/ 4,400rpm(日本仕様)

<主な搭載車種>

<トヨタ車以外での搭載車種>

先述の1NR-FKE型同様、同社のハイブリッドカーに用いられているミラーサイクルをはじめ、クールドEGR、VVT-iEなどの技術を採用したことで更なる燃費改善と損失低減を追求することで熱効率を高めている。なお、日本市場向けとしては事実上、初めて導入される2NR型系エンジンとなるが、エンジンの最高出力、および最大トルクの数値は既存の日本市場向け版の1NZ-FE型とほぼ同じ数値(2WD用での場合)である。日本では2015年3月30日発表の2代目後期型カローラアクシオ、および3代目後期型カローラフィールダーの各1.5L車の2WD・CVT仕様で初めて導入された。

2NR-VE[編集]

<出力>

  • 75kW(104PS)/ 6,000rpm 136N·m(13.9kg·m)/ 4,200rpm

<主な搭載車種>

先述の1NR-VE同様、厳密にはトヨタ名義ではなくダイハツ名義のエンジンであるため、型式名の-(ハイフン)後の記号がトヨタ式ではなくダイハツ式の表記になっている。こちらもダイハツからのOEM供給車種、もしくは主な開発作業と生産をダイハツに委託した車種に限られている。 2NRとしては最初のDEUL VVT-iエンジンとなり、これ以降は2NR-FEにもDEUL VVT-iが設定されていく事となる。

3NR-FE[編集]

<出力>

  • 59kW(80PS)/ 5,600rpm 104N·m(10.6kg·m)/ 3,100rpm (Dual VVT-iなし)
  • 63kW(86PS)/ 6,000rpm 108N·m(11.0kg·m)/ 4,000rpm (Dual VVT-iあり)

<主な搭載車種>

エティオスのハッチバック版であるエティオスリーバで初搭載。こちらもエティオス用の2NR-FE同様に価格を抑えるために可変バルブタイミング機構は省かれており、出力等も最近の一般的なものと比較すると控えめとなっている。その後ヤリス(タイ仕様)向けでは可変バルブタイミング機構が追加されている。

4NR-FE[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

6NR-FE[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

7NR-FE[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

8NR-FTS[編集]

<出力>

  • 85kW(116PS)/ 5,200〜5,600rpm 185N·m(18.9kg·m)/ 1,500〜4,000rpm(日本仕様)

<主な搭載車種>

同社(レクサスブランド除く)としては初となる本格的なダウンサイジングコンセプトを用いた直噴ターボエンジン。1,500〜4,000rpmの幅広い回転数で最大トルクを発生させるほか、エキゾーストマニホールドをシリンダーヘッドを一体化させ、吸気側に可変角を拡大したVVT-iW、燃料噴射システムD-4Tなどを採用したほか、アイドリングストップ機能(Stop & Start System)も装備したことで低燃費を実現している。日本では2015年4月6日発表の2代目後期型オーリスで初めて導入された。 エンジンのメカニズムとしては2014年7月29日に発売されたレクサス・NXに搭載されたダウンサイジングコンセプトエンジンである8AR-FTSと類似する部分が多い。

1.2LのNRエンジンとしては3NR-FEが存在するがボア・ストロークが異なる。仕様としては1NR-FEをベースとしており、1NR-FE比でボアを1mm縮小、ストロークを6mm縮小することで1.2Lとしている。 またNR型は後方吸気・前方排気であるが8NR-FTSは前方吸気・後方排気となっている。


出典・脚注[編集]

  1. ^ ただしこれはハイブリッド車用での場合。非ハイブリッド車用は1999年に登場
  2. ^ ダイハツの場合はデュアルDVVTと表記。
  3. ^ Toyota Auris to Offer New 1.33L Dual VVT-i with Stop&Start”. Green Car Congress (2008年11月19日). 2009年7月21日閲覧。
  4. ^ Toyota Auris gets new Toyota 1NR-FE 1.33L Dual VVT-i engine in UK line-up”. paultan.org (2008年11月19日). 2009年7月21日閲覧。
  5. ^ SN/GF-5までにおけるバルブトレーン摩耗試験SequenceIVAは摺動面がすべり摩耗となるスリッパー式のロッカーアームのエンジン(日産KA24E)であり、メカニズムが異なる転がり摩擦が主体のローラーロッカーアームエンジンを後継とする事は問題があるため。
  6. ^ Specification - Toyota www.toyotabharat.com
  7. ^ Specification - New Yaris - Toyota Motor Thailand Co.,Ltd.www.toyota.co.th

関連項目[編集]

外部リンク[編集]