バッジエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バッジエンジニアリングBadge engineering)は、自動車業界において兄弟車・姉妹車を別の販売網で売るために商品名エンブレム、いわゆる車名やブランド名のバッジを変えて販売する手法。

自動車におけるOEMでありリバッジRebadge)ともいう[1]。また、このような車種をリバッジモデルまたはバッジモデルという[1]

概要[編集]

多くの自動車ブランドを擁するアメリカ合衆国ビッグスリーや、イギリスBMC(現在は消滅)、フランスルノー日本ではトヨタ自動車やその子会社などに多く見られる。実際にはバッジのみならず、ブランド毎の「伝統」や「価格差」を表現するため、また、販売国の嗜好を反映させるために、ラジエーターグリルや、時には灯火類(前照灯尾灯)まで含めた変更がなされている。

日本では1970年頃から登場し、主に販売チャネルの多さや、傘下のダイハツ工業日野自動車との結びつきが強いことから、トヨタ自動車が得意としている。最近ではディーラー網の統廃合などで乗用車については減りつつある。

一方、各社の合理化により、生産車種を絞る傾向にある昨今の風潮のなかで、乗用車大手が小型トラックなど、商用車のラインナップをそろえる際に多用されるようにもなっている。代表的な車種に、いすゞ自動車日産自動車マツダUDトラックス(旧:日産ディーゼル工業)の4社間における系列を超えたエルフの供給関係がある。また、乗用車においてもある特定のジャンルのラインナップ強化は必要と認識しているものの事情(自社開発を断念せざるを得ない理由がある、グループに近似した未発売の車種がある[2]、そのジャンルがそのメーカーの苦手分野である[3]、各種規制等から販売上の有利・不利がある[4]、製品の販路拡大が望める[5]など)により外部から供給する場合もある。変わった事例としてはダイハツ・メビウスいすゞ・コモのようにその市場の特性から、ある特定の市場にのみ異なる名称が与えられるケースもある。

更に近年では2代目日産・クリッパー[6]UD・カゼットのケースのように「A車のOEM元であったB車がC車のOEMとなり、その結果A車がC車のOEMとなる」という二重OEMとでも言うべき状況まで発生している。

フレートライナー・トラックス・スプリンター
ダッジ・スプリンター
フォルクスワーゲン・LT
(次代ではクラフタ―に変更された)

バッジエンジニアリングの一覧[編集]

トヨタ自動車[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
トヨタ・カムリ(6代目以降) ダイハツ・アルティス
トヨタ・コースター 日野・リエッセII 現在は両車共エンジンは日野製・車体は岐阜車体[7]
トヨタ・プリウスα ダイハツ・メビウス
トヨタ・プロボックス/サクシード マツダ・ファミリアバン(10代目以降)
トヨタ・ライトエーストラック ダイハツ・デルタ750(セブンハーフ)
トヨタ・ハイエース/トヨタ・レジアスエース マツダ・ボンゴブローニィ(3代目以降)
トヨタ・ノア/トヨタ・ヴォクシー スズキ・ランディ(4代目以降<予定>)
トヨタ・カローラツーリングスポーツ スズキ・スウェイス 日本未発売

日産自動車[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
日産・ADバン スバル・レオーネバン(4代目~5代目)
マツダ・ファミリアバン(7代目~9代目)
三菱・ランサーカーゴ(2代目)
日産・ウイングロード マツダ・ファミリア(7代目)
日産・NV350キャラバン いすゞ・コモ
三菱ふそう・キャンターバン 日本未発売
日産・セレナ スズキ・ランディ(3代目まで)

日産・アトラス

いすゞ・エルフ100
三菱ふそう・キャンターガッツ
日産・フロンティア スズキ・イクエーター 日本未発売
日産・シビリアン いすゞ・ジャーニー(2代目~3代目)

スズキ[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
スズキ・アルト マツダ・キャロル(4代目以降)
日産・ピノ
スズキ・MRワゴン 日産・モコ
スズキ・カルタスバン(初代) いすゞ・ジェミネット
スズキ・キャリイ/エブリイ マツダ・スクラム
日産・NV100/NT100クリッパー/NV100クリッパーリオ
三菱・ミニキャブ[8]/タウンボックス
スズキ・スペーシア マツダ・フレアワゴン
スズキ・ソリオ 三菱・デリカD:2
スズキ・ハスラー マツダ・フレアクロスオーバー
スズキ・ワゴンR マツダ・AZ-ワゴン 1994年から2012年まで
マツダ・フレア 2012年以降
スズキ・バレーノ トヨタ・グランツァ 日本未発売
スズキ・ビターラブレッツァ トヨタ・アーバンクルーザー 日本未発売
スズキ・エルティガ マツダ・VX-1/プロトン・エルティガ(初代)、トヨタ・ルミオン(2代目) 日本未発売

ダイハツ工業[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ダイハツ・アトレー スバル・ディアスワゴン
ダイハツ・タント スバル・シフォン
ダイハツ・ミライース スバル・プレオプラス
トヨタ・ピクシスエポック
ダイハツ・ムーヴ スバル・ステラ(2代目以降)
ダイハツ・ムーヴコンテ トヨタ・ピクシススペース
ダイハツ・ハイゼット スバル・サンバー(7代目以降)
トヨタ・ピクシストラック/ピクシスバン
ダイハツ・グランマックス トヨタ・タウンエース(4代目以降)
トヨタ・ライトエース(6代目)
マツダ・ボンゴ(5代目以降)

本田技研工業[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ホンダ・アコード(セダン) いすゞ・アスカ(3~4代目)
ホンダ・クイントインテグラ(セダン) ローバー・416i 画像
ホンダ・ドマーニ いすゞ・ジェミニ(4~5代目)

富士重工業(現・SUBARU)[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
スバル・レガシィ(初代セダン) いすゞ・アスカCX(2代目アスカ)
スバル・レオーネエステートバン(3代目) いすゞ・ジェミネットII

三菱自動車工業[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
三菱・エクスパンダー 日産・リヴィナ(2代目) 日本未発売

マツダ[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
マツダ・プレマシー(3代目) 日産・ラフェスタ ハイウェイスター
マツダ・ボンゴ/ボンゴブローニイ フォード・スペクトロン/J80/J100
ユーノスカーゴ
日産・バネット
三菱・デリカ

いすゞ自動車[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
いすゞ・エルガ 日野・ブルーリボンII
いすゞ・ビッグホーン スバル・ビッグホーンホンダ・ホライゾンアキュラ・SLX
いすゞ・ミュー ホンダ・ジャズ
いすゞ・ウィザード ホンダ・パスポート
いすゞ・フォワード UD・コンドル(5代目以降)
いすゞ・エルフ マツダ・タイタン(5代目以降)
日産・アトラス(1.5tクラスは4代目以降、2tクラスは3代目~4代目・6代目以降)
UD・コンドル2t系(3代目~4代目)
いすゞ・エルフUT 日産・アトラスMAX

日野自動車[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
日野・デュトロ トヨタ・ダイナ
トヨタ・トヨエース(7代目~8代目)

三菱ふそうトラック・バス[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
三菱ふそう・キャンター 日産・NT450アトラス
UD・カゼット

ルノー[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ルノー・キャプチャー (初代)ルノーサムスン・QM3 日本未発売
(2代目)三菱・ASX
ルノー・トラフィック 日産・NV300 日本未発売
フィアット・タレント
三菱・エクスプレス
ルノー・タリスマン ルノーサムスン・SM6 日本未発売

ルノーコリア自動車(旧・ルノーサムスン自動車)[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ルノーサムスン・SM5 ルノー・サフラン(2代目) 日本未発売
ルノー・ラティテュード/サフラン(3代目)
ルノーサムスン・SM3 ルノー・スカラ(初代) 日本未発売
日産・アルメーラクラシック
ルノー・フルエンス(2代目)
ルノーサムスン・XM3 ルノー・アルカナ 日本未発売

ダチア[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ダチア・ロガン ルノー・ロガン 日本未発売
日産・アプリオ
ダチア・ダスター ルノー・ダスター 日本未発売
日産・テラノ

オペル[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
オペル・インシグニア ボクスホール・インシグニア 日本未発売
ビュイック・リーガル
ホールデン・コモドア

ビュイック[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
ビュイック・ラクロス GM・アルフェオン 日本未発売

シボレー[編集]

メイン車種 OEM車種 概要
シボレー・クルーズ(2代目) ホールデン・クルーズ 日本未発売
シボレー・エピカ スズキ・ヴェローナ 日本未発売
シボレー・オプトラ スズキ・フォレンツァ/リーノ 後者は日本未発売
シボレー・キャバリエ トヨタ・キャバリエ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b OEM 日刊カーセンサー
  2. ^ いすゞ・ジェミニGM大宇・ラセッティのようにグループの世界戦略車として仕向け地別にブランドや名称を変えて販売されるケースもある。
  3. ^ かつてCAFE基準が定められた際、アメリカのメーカーが日本車を自社ブランドで販売することがあった。
  4. ^ ジオアスナの各車種はいすゞ大宇自動車などの生産する輸入車であったがアメリカ車GM車)と見なされたため関税が掛からず、廉価な設定となった。
  5. ^ 時に、トヨタ・デュエット日産・オッティのように、本家(左記の事例では、それぞれダイハツ・ストーリア三菱・eK)より姉妹車の方がメーカーのネームバリューや販売力の差などにより多く売れるという逆転現象が起こることもある。
  6. ^ 元々クリッパーは三菱・ミニキャブ(/タウンボックス)のOEMだったが、当のミニキャブ自体がスズキ・キャリイのフルチェンジを機にキャリイ/エブリイのOEMに切り替わった。その結果、クリッパーもキャリイ系のOEMとなり、キャリイ系は元来そのOEMだったマツダ・スクラムと並び日本車でまれに見る4兄弟車種となった。
  7. ^ 2016年12月までトヨタ車体製。
  8. ^ MiEV電気自動車を除く

関連項目[編集]

  • OEM
  • 姉妹車
  • バッジネーム
  • ジェイ・バス - 日野自動車といすゞ自動車のバス製造部門。路線バスはいすゞが、観光バスは日野が主導で開発し両社へ「統合車種」として供給。どちらかのOEMではなく双方のメーカーが製造している扱いとなっている。