トヨタ・1JZ-GTE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・JZエンジン > トヨタ・1JZ-GTE

トヨタ・1JZ-GTEとは、トヨタ自動車製エンジンをベースにヤマハ発動機が開発および生産し、トヨタに供給していた自動車ターボチャージャー付きガソリンエンジン。大きく分けて、2機種存在する。

第1世代[編集]

  • 2500cc直列6気筒エンジンにトヨタ製CT12型セラミックタービンターボチャージャーを2機搭載し、最大出力280PSを発揮した。
  • 1990年にJZX81系マークIIシリーズやJZA70系スープラに初めて搭載され、その後は、3代目ソアラやフルモデルチェンジしたJZX90系マークIIシリーズにも搭載された。
  • エンジンの製作は、ヤマハ発動機の自動車エンジン事業部がトヨタ自動車の依頼を受けて開発し、同社の製造部門で生産が行われた。開発から生産に至るまですべてヤマハが関わっている。
  • 軽量なセラミックタービンによって非常に良いアクセルレスポンスを持ち、またターボラグの低減が当時としては最先端といえるレベルまでなされている。
  • 1980年代中期から後期にかけて、トヨタの主力エンジンであった2000cc直列6気筒エンジン1G-GEUのツインターボ版1G-GTEの後継エンジンとして開発された。
  • JZA70スープラとJZZ30ソアラ(前期、中期型の一部グレード)はサブスロットルがない機械式スロットルであった。JZX81・JZX90マークII系JZZ30ソアラ(前期、中期型の2.5L上級グレード、メーカーオプション)は、サブスロットル式「TRC」があった。このエンジンで採用されているサブスロットル式スロットル「TRC」は1989年F10型セルシオのエンジンである「1UZ-FE」から技術転用されている。

第2世代[編集]

  • 可変バルブタイミング機構を備えたシリンダーヘッドとCT15B型セラミック製シングルターボエンジンへと改良された。
  • 1996年8月にZ30ソアラのマイナーチェンジで登場した。マークII系は、翌月より搭載された。
  • 280馬力の数値は変わらないが、2400rpmという低回転で38.5kg・mという最大トルクを発生させた。
  • スープラの2JZ-GTEで採用された電子制御サブスロットルシステム「ETCS」が使われた。
  • 第1世代と同様にエンジン本体の耐久性は高く、フルカウンタークランクやセミ鍛造ピストン、メタルヘッドガスケットなど、市販車の中では高強度なパーツが採用された。
  • JZX110マークII、ヴェロッサ以降に搭載されたものではスロットルがワイヤー式からドライブバイワイヤ式になっている。
  • ヴェロッサクラウンアスリートにも搭載され、2006年マークIIブリットを最後に生産を終了した。
  • JZX110系とJZS171系はスロットルシステムが「ETCS-i」に変更された。
  • 電子制御スロットル「ETCS-i」はBEAMS 2JZ-GTE VVT-iでも採用され、サブスロットルは廃止された

数値的仕様(参考)[編集]

  • ボア: 86.0mm(JZエンジンは補修用オーバーサイズは用意されていない)
  • ストローク: 71.5mm
  • ボアピッチ:(未調査)
エンジン種別 1JZ 2JZ 7M 1G 3S
ボア(シリンダ内径、mm) 86.0 86.0 83.0 75.0 86.0
ストローク(ピストン行程、mm) 71.5 86.0 91.0 75.0 86.0
ボアピッチ(mm) (未調査) (未調査) (未調査) 85.5 (未調査)
気筒数 6 6 6 6 4
総排気量(cc) 2491 2997 2954 1988 1998

関連項目[編集]