トヨタ・RI4A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トヨタ・RI4Aは、トヨタ自動車2014年に投入したスーパーフォーミュラのエンジンである。

概容[編集]

2013年まで使用された3.4LV8NAエンジンに対し、ダウンサイジングコンセプトを取り入れた2L直4直噴ターボエンジンで、それまでと同様にSUPER GT GT500と共用することを念頭にトヨタ自動車、日産自動車本田技研工業の三社が合同で企画し、NRE(Nippon Race Engine)と命名された。

トヨタ自動車の東富士研究所で開発されたRI4Aは、部品点数を抑え、量産車にもフィードバックが可能な内容となっており[1]、2016年よりトヨタテクノクラフトに移管され、同年のシーズン途中よりトヨタテクノクラフトが開発したエンジンが実戦投入されている[2]

同エンジンの一部仕様をSUPER GT用に変更しトヨタテクノクラフトにより開発されたRI4AGが、2014年 - 2016年にかけてに参戦していたレクサス・RC F、および2017年より参戦するレクサス・LC500に搭載されている。

名称の由来[編集]

  • R = Racing
  • I = Inline(直列
  • 4 = 気筒
  • A = エンジンシリーズの順番(Aは最初)
  • G = SUPER GT用エンジン[3]

スペック[編集]

RI4A
  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:2,000cc
  • 内径×行程:-×- mm
  • 最高回転数:-
  • 最高出力:550PS(405kW)以上
  • 最大トルク:-
  • 圧縮比: -
  • マネージメントシステム:ペクテル製 MQ12Di
  • 過給機:ターボチャージャー(ギャレット製)
  • 重量:85kg
RI4AG
  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:2,000cc
  • 内径×行程:-×- mm
  • 最高回転数:-
  • 最高出力:550PS(405kW)以上
  • 最大トルク:-
  • 圧縮比: -
  • マネージメントシステム:-
  • 過給機:-
  • 重量:-

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]