トヨタ・NZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トヨタ・NZエンジン
Toyota 1NZ-FE engine 001.JPG
1NZ-FE
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 ハイブリッド車用:
1997年11月 - 現在
非ハイブリッド車用:
1999年7月 - 現在
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.3リットル
1.5リットル
テンプレートを表示

トヨタ・NZエンジン(-エヌゼット-)は、トヨタ自動車水冷直列4気筒アルミダイキャスト製ガソリンエンジンの系列である。

2NZ-FEは2000年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの1.0~1.4Lエンジン部門賞に選ばれている。 1NZ-FXEは2004年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、グリーンエンジン部門も2004年から5年連続、1.4~1.8Lエンジン部門も1999年と2004年から3年連続で受賞している。

概要[編集]

E型エンジンの後継として、1990年代末期から現在まで、同社の小型車クラスの主力エンジンに用いられているのがこのNZ型エンジンである。エンジンの材質には従来のE型エンジンと大幅に異なり、シリンダーブロックとシリンダーヘッドの材質にそれぞれアルミダイキャストが用いられ[1]、カムシャフトの駆動にはタイミングチェーンがそれぞれ用いられている。 2017年10月現在では、ハイブリッドカー専用の1NZ-FXE型、ローラーロッカーアーム式バルブ仕様の1NZ-FE型、およびLPGハイブリッド仕様の1NZ-FXPの3種類のみが生産されている。

系譜[編集]



型式[編集]

1NZ-FE[編集]

1NZ-FE
生産期間 1999年7月 - [2]
(国内向け)
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
種類 DOHC 16バルブ EFI VVT-i
内径×行程 75.0mm×84.7mm
排気量 1,496cc
圧縮比 10.5
出力 81kW(110PS)/6,000rpm
(FF車用・最初期型)
トルク 143N・m(14.6kg・m)/4,400rpm
(FF車用・最初期型)
重量 87kg(最初期型)

1NZ-FXE[編集]

1NZ-FXEエンジンとハイブリッドモーターのカットモデル
1NZ-FXE
生産期間 1997年11月 -
(国内向け)
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
種類 DOHC 16バルブ ミラーサイクル(アトキンソンサイクル) EFI VVT-i
内径×行程 75.0mm×84.7mm
排気量 1,496cc
圧縮比 13.5
出力 56kW(76ps)/5,000rpm(初代プリウス)
トルク 110N・m(11.2kg・m)/4,000rpm (初代プリウス)
重量 -kg

圧縮比が高いのはミラーサイクル(トヨタ呼称はアトキンソンサイクル)のため。なお圧縮比13.5はNHW10の数値で、NHW11、NHW20では13.0、アクア、ヴィッツ/ヤリス、カローラアクシオ/フィールダー、リューギ/リューギワゴン、シエンタでは13.4となる。 なお1NZ-FEのバルブ駆動方法は当初の直動式のみから、ローラーロッカーアーム式との混在となっている(後にローラーロッカーアーム式に統一)が、1NZ-FXEは改良されつつも一貫して直動式をとっている。

1NZ-FNE[編集]

1NZ-FNE
生産期間 2003年4月 - 2014年6月
(国内向け)
エンジン種別 都市ガスエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
種類 DOHC 16バルブ CNGエンジン VVT-i
内径×行程 75.0mm×84.7mm
排気量 1,496cc
圧縮比 12.0
出力 68kW(92PS)/6,000rpm
トルク 125N・m(12.8kg・m)/4,400rpm
重量 -kg
  • 搭載車種(車両型式)
    • (初)プロボックス(NCP52V)

1NZ-FXP[編集]

1NZ-FXP
生産期間 2017年10月 -
(国内向け)
エンジン種別 LPGエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
種類 DOHC 16バルブ ミラーサイクル(アトキンソンサイクル) LPGエンジン EFI-LP VVT-i
内径×行程 75.0mm×84.7mm
排気量 1,496cc
圧縮比
出力 54kW(74PS)/4,800rpm
トルク 111N・m(11.3kg・m)/2,800 - 4,400rpm
重量 -kg

2NZ-FE[編集]

2NZ-FE
生産期間 1999年7月 - 2014年6月
(国内向け)
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
種類 DOHC 16バルブ EFI VVT-i
内径×行程 75.0mm×73.5mm
排気量 1,298cc
圧縮比 10.5
出力 65kW(88PS)/6,000rpm
(FF車用・最初期型)
トルク 123N・m(12.5kg・m)/4,400rpm
(FF車用・最初期型)
重量 86kg(最初期型)
  • 搭載車種(車両型式)
    • (初)初代ヴィッツ(NCP10/15)
    • プラッツ(4WD車)(NCP16)
    • ファンカーゴ(NCP20)
    • WiLL Vi(NCP19)
    • Will サイファ(NCP70)
    • 初代bB(NCP30)
    • 9代目カローラセダン(NZE120)
    • イスト(NCP60)
    • プロボックス(NCP50V)※前期型のみ
    • ポルテ(NNP10)
    • 2代目ヴィッツ(4WD車)(NCP95)
    • ベルタ(4WD車)(NCP96)

   

脚注[編集]

  1. ^ 一連のトヨタの小排気量向け直列4気筒エンジンとしては初の試みとなる。
  2. ^ 直動式バルブ仕様は1999年7月 - 2014年6月、ローラーロッカーアーム式バルブ仕様は2004年3月 -
  3. ^ NZE161/161GのCVT車用は前期型のみ搭載。
  4. ^ NZE161改のCVT車用は前期型のみ搭載。

 

関連項目[編集]