トヨタ・A25A-FKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トヨタ・A25A-FKS
トヨタカムリ北米仕様ガソリン車A25A-FKSエンジン.jpg
A25A-FKSエンジン
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 2017年 - 現在
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
ガソリン車専用エンジン
排気量 2,487cc
内径x行程 87.5mm×103.4mm
圧縮比 13
最高出力 203PS/6600
(151kW)
最大トルク 25.5kgm/4800m
(250Nm)
テンプレートを表示

トヨタ・A25A-FKSは、トヨタ自動車エンジンの内の一つ。初搭載は、2017年7月発売のカムリ北米仕様。Fは実用DOHC、Kはコンベンショナル(非ハイブリッド)ガソリン車用アトキンソンサイクル、Sは筒内噴射を意味している。

概要[編集]

直列4気筒2,500cc横置きDOHC16バルブ自然吸気ガソリンエンジンで、同じく2,500cc、直列4気筒DOHC16バルブガソリンエンジン2AR-FEの後継にあたるガソリン車用エンジン。

トヨタ自動車はTNGAを推進しており、初めてのTNGA設計のコンベンショナルエンジン(ガソリン車用エンジン)がこのA25A-FKSエンジンである。新開発直噴インジェクタ搭載によりダイナミックフォースエンジンと謳っている。また、基本構造を刷新し、従来の2AR-FEエンジンと比べ、低燃費、高い動力・環境性能を備える。

新たにVVT-iを搭載することによりレスポンスを向上し、高出力化した上で、最大熱効率が(ピンポイントでの達成ではなく広く深くの燃費率を確保した結果として)40%に達する次世代エンジンともいえる。今のところ、日本導入の予定はない。

搭載車種

カムリ

RAV4(5代目)

 ※日本にも2019年 導入予定

系譜[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]