トヨタ・P型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
3P型エンジン(フォークリフト用)

トヨタ・P型エンジン(トヨタ・Pがたエンジン)は、トヨタ自動車水冷直列4気筒ガソリンエンジンの系列である。

概要[編集]

サイドバルブの動弁系で、登場時から旧弊と評されていた、同社のS型エンジンを置き換えるために開発された。

OHVとなった他、S型に比べ、内径×行程の比率がスクエア=1に近づいている。

系譜[編集]

型式[編集]

P - 1,000cc[編集]

P
登場年月 1959年10月
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
弁形式 OHV
内径×行程 69.9mm×65mm
排気量 997cc
圧縮比 7.5:1
馬力 45hp/5,000rpm
トルク 7.0m・kg/3,200rpm
重量 128kg


2P - 1,200cc[編集]

  • (初)3代目コロナ(PT40)
  • コロナライトバン(PT46V)


3P - 1,350cc[編集]

3P
登場年月 1965年11月
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列 4気筒
弁形式 OHV
内径×行程 76.6mm×73mm
排気量 1,345cc
圧縮比 8.3:1
馬力 65PS/5,000rpm
トルク 10.3m・kg/3000rpm
重量 133kg

4P - 1,500cc[編集]


関連項目[編集]