トヨタ・C型エンジン (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トヨタ・C型エンジン(トヨタ・Cがたエンジン)は、トヨタ自動車水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

日本初の乗用車用ディーゼルエンジン。

概要[編集]

  • 生産期間
    • 1959年10月 - 不明(国内向け)


系譜[編集]


ディーゼルエンジン


4気筒以下のガソリンエンジン
  •         U型 G型(初代)     ┌─-→ SZ型KR型
  •  S型(初代)P型K型 -┬─-→ E型 ──┴─→ NZ型 ─→ NR型
  • C型(初代)R型 -┬→ T型 -┼→ A型(2代目) ┬→ ZZ型 -→ ZR型
  •          ├─────┼→ S型(2代目) ┴-→ AZ型 -→ AR型A25A型
  •          ├─────┴─→ Y型 -┐  TZ型
  •          └────────────┴─→ RZ型 ──→ TR型
  • U型(水平対向2気筒)と KR型(直列3気筒)以外はすべて直列4気筒。
  • G型(初代) は日野ブリスカに搭載されていた GR100 をトヨタのエンジン系列に組み入れて改称。1年で消滅。
  • 初代エスティマ系専用としてアンダーフロア型ミッドシップレイアウトを実現するために造られた TZ型 は AZ型 に統括。


6気筒以上のガソリンエンジン
  • A型(初代) 直6   ┌ G型(2代目) 直6 ──────→ 4気筒 AR型 に統括
  •    ↓     M型 直6 ───→ JZ型 直6 -───┐
  • B型(初代) 直6      VZ型 ∨6MZ型 ∨6 ┴→ GR型 ∨6 → V35A型
  •    └─→ F型 直6 ───────→ FZ型 直6 ──┐
  •               UZ型 ∨8 ─────┴-→ UR型 ∨8
  • センチュリー専用エンジン V型 ∨8GZ型 ∨12
  • レクサス・LFA専用エンジン LR型 ∨10



型式[編集]

C[編集]

  • 種類:直列4気筒OHV 8バルブ 過流室式
  • 排気量:1,491cc
  • 内径×行程:78.0×78.0
  • 圧縮比:19.0
  • 最高出力:30kW(40PS)/4,000r.p.m.
  • 最大トルク:83Nm(8.5kgf-m)/2,400r.p.m.
  • 搭載車種(車両型式)

関連項目[編集]