トヨタ・C型エンジン (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トヨタ・C型エンジン(トヨタ・Cがたエンジン)は、トヨタ自動車水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

日本初の乗用車用ディーゼルエンジン。

概要[編集]

  • 生産期間
    • 1959年10月 - 不明(国内向け)

系譜[編集]

型式[編集]

C[編集]

  • 種類:直列4気筒OHV 8バルブ 過流室式
  • 排気量:1,491cc
  • 内径×行程:78.0×78.0
  • 圧縮比:19.0
  • 最高出力:30kW(40PS)/4,000r.p.m.
  • 最大トルク:83Nm(8.5kgf-m)/2,400r.p.m.
  • 搭載車種(車両型式)

関連項目[編集]