トヨタ・KZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トヨタ・KZエンジンは、トヨタ自動車水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

開発の経緯[編集]

小排気量からパワーを搾り出していた2L型(2446cc)の各ターボエンジンは、熱によるシリンダーヘッドの変形から、割れ、ガスケットの吹き抜け、バルブシートの脱落、ピストンの焼きつき、潤滑不良などのトラブルが多発していた。

また、バブル景気を背景に巻き起こったRVブームにより、小型ディーゼル車が急激に増加。幹線道路周辺などで粒子状物質が増加し、大気汚染の一因となっているとされるようになり、それに伴い、排出ガス規制は年々厳しさを増していった。設計の古いディーゼルエンジンでは、大量のEGRと過剰な燃料噴射でNOxの発生を抑える策を採るものが多く、その結果排出される多量の黒煙はネガティブイメージを与える事になった。

これらの問題から、最早L系の改良では商品としての成立が難しい状況であった。そこで、市場のトラブルフリーとモアパワー、そして環境性能改善に対する要求の高まりへの回答として、新系列のKZ型が開発された。

欧州市場で特に問題となっていたL型系での連続高負荷運転時の熱歪み対策として、1KZ型ではアルミ製シリンダーヘッドが採用されたが、腰下や動弁系の成り立ちはL型系の延長線上にあり、5L型との類似点も多い。 同時期のエンジンに倣い、商標名を「LASRE」としている。

KZ型系では3.0L以外の排気量は設定されていない。コースター用を除く日本国内向けの乗用登録用ディーゼルエンジンとしては、後継の1KD型同様、トヨタのラインナップ中最大排気量となる。

系譜[編集]

型式[編集]

1993年5月登場

過流室式ディーゼルエンジン

水冷直列4気筒SOHC ターボ / インタークーラー付きターボ

1KZ-TE - 3000cc[編集]

1KZ-TE
登場年月 1993年8月
エンジン種別 過流室式ディーゼルターボ
燃料供給方式 電子制御式分配型
噴射ポンプ
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 ベルト駆動
直打式OHC
ボア×ストローク 96mm×103mm
排気量 2982cc
圧縮比 21.2
出力 1 96kW(130PS)/3600rpm
出力 2 IC付き 103kW(140PS)/3600rpm
出力 3 IC付き 96kW(130PS)/3600rpm
トルク 1 289.3Nm
(29.5kg・m)/2000rpm
トルク 2 IC付き 333.4Nm
(34.0kg・m)/2000rpm
トルク 3 IC付き 331.4Nm
(33.8kg・m)/2000rpm
重量 -kg
この表は自動車のスペック表テンプレートを使用しています

関連項目[編集]