トヨタテクニカルディベロップメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
Toyota Technical Development Corporation
種類 株式会社
略称 TTDC
本社所在地 470-0334
愛知県豊田市花本町井前1-21
設立 2006年平成18年)4月1日
業種 輸送用機器
事業内容 車両開発、システム開発、情報解析、CAE解析、電技開発、計測機器開発など
代表者 代表取締役社長 吉田 健
資本金 5.5億円
売上高 630億円(2012年度)
従業員数 6,271名(2013年4月1日現在)
主要株主 トヨタ自動車株式会社 100%(2013年4月現在)
外部リンク http://www.toyota-td.jp/
テンプレートを表示

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 (Toyota Technical Development Corporation; TTDC) は、トヨタ自動車の車両開発支援事業を行う総合エンジニアリング会社であり、トヨタ自動車株式会社の100%出資子会社である。

本社所在地は愛知県豊田市花本町井前1-21。

概要[編集]

トヨタ自動車株式会社への技術者派遣事業を実施していた総合エンジニアリング会社のトヨタテクノサービスを存続会社として、計測機器開発を実施していたトヨタマックスと合併し、電子技術・CAEを実施していたトヨタコミュニケーションシステムの製品開発機能を吸収することで、2006年(平成18年)4月に設立された。トヨタ自動車の自立したパートナー企業として車両開発事業を行っている。トヨタ自動車技術部や部品メーカーと技術やノウハウを共有し、「機能のプロフェッショナル」集団として量産車開発を中心とした車両開発、先行技術開発、部品開発等を推進している。

事業領域[編集]

車両開発領域[編集]

車両設計
ボデー系・シャシー系の開発設計及びハイブリッド搭載設計
パワートレーン設計
エンジントランスミッションの開発及びクルマへの搭載設計
車両電子設計
ワイヤハーネスの回路設計及び経路設計、電子部品の選定、意匠部品のユーザーインターフェイス開発
電子制御システム
自動車に搭載されている各種制御コントローラ(ECU)のハードウェア開発およびソフトウェア開発、自動車開発用の計測機器、ラボラトリー・オートメーション・システム、シミュレータ開発、エンジニアリング・オフィス・オートメーション・システム、ITインフラの開発、運用
CAE・実験
車両、エンジン、駆動、ハイブリッド、生産技術などのCAE解析
実車、部品による実験・現象解析と車両性能開発
材料技術
材料開発、ボデー、内装系(ボデー材、塗装インパネ材)、エンジン、駆動系(排気ガス用触媒、クラッチ材、潤滑剤)、ハイブリッド車、電装系(ハイブリッド車用電池、インバータ材料、モータ材料)、分析業務・先端材料(各種分析、新材料開発)

車両開発関連領域[編集]

計測制御
クルマを開発するための計測設備や各種実験装置の企画・開発・サポート
ITシステム
自動車開発に関わる様々な業務支援システムの開発・管理。社内ITインフラ構築
特許情報
企業知財戦略、特許調査解析、技術動向調査、外国特許出願業務
技術翻訳/特許翻訳・通訳
技術翻訳、特許(明細書、公報等)翻訳、契約書翻訳、法務翻訳、広報・IR翻訳、などを専門分野とする
開発支援
CAD教育、試作調達、設計情報管理、法規認証、原価企画など

所在地[編集]

  • 愛知県豊田市地区
    • 本社本館・2号館・3号館
    • トヨタ自動車 技術部内
    • 豊栄研修センター
  • 愛知県名古屋市地区
    • 名古屋オフィス
  • 静岡県地区
    • 裾野オフィス
    • トヨタ自動車 東富士研究所内
  • 東京・横浜地区
    • 新宿オフィス
    • 横浜開発センター
  • 北海道地区
    • 札幌開発センター
  • 九州地区
    • 福岡開発センター

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]