トヨタ・2ZZ-GE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ・ZZエンジン > トヨタ・2ZZ-GE
トヨタ・2ZZ-GE
生産拠点 ヤマハ発動機
製造期間 1999年7月 - 2010年8月
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.8L
テンプレートを表示

トヨタ・2ZZ-GE(-ニイゼットゼット ジーイー)とは、かつてヤマハ発動機が製造し、トヨタ自動車、およびロータスに供給していたガソリンエンジンである。

概要[編集]

直列4気筒1,800ccガソリンエンジンで、4A-GEおよび3S-GE型エンジンの後継となるスポーツエンジン(スポーツツインカム)である。同社製の量産型スポーツエンジンとしては初のオールアルミエンジンであった。トヨタ製の1ZZ-FE型エンジンをベースに、ヤマハ発動機が開発と生産を行った。

連続可変バルブタイミング・バルブリフト機構(VVTL-i)を備えていて、6,000rpmでハイカムに切り替わる。8,000rpm強にレブリミッターが設定されているが、メータ上のレッドゾーンは7,800rpmからとなっている。トルク重視のロングストロークであった1ZZ-FEに対し、2ZZ-GEは同じ排気量としながらボア(シリンダ径)が広げられ、許容回転速度は約1,000rpm高く設計された。ボアの拡大には、1ZZ-FEのシリンダーを形成している鋳鉄スリーブを取り除き、ヤマハ独自のメタル蒸着技術を用いてアルミブロックに直接シリンダーを設ける手法がとられた。圧縮比は11.5と、市販の自動車用エンジンとしては比較的高く、ハイオク指定とされ、レギュラーガソリンの使用は厳禁とされた(一般的なハイオク指定エンジンでは何らかの理由でハイオクガソリンが入手できない場合に備えてレギュラーガソリンも使用できる場合が多い)。

1999年に登場した7代目セリカに初めて搭載された。その後、カローラフィールダーカローラランクス(アレックス)WiLL VSヴォルツ(ポンティアック・ヴァイヴ)マトリックス(北米専売)、ロータス・エリーゼカローラセダンXRS(北米専売)、欧州向けカローラハッチバック(ただし3ドアのみ)に搭載され、トヨタの小排気量スポーツエンジンとして現在に至っている。また、イートンのスーパーチャージャーと空冷式インタークーラを装備し、240bhpとしたロータス・エキシージ240Rも生産された。いずれの車種においても、6速MTと組み合わされて搭載されている。

北米向けとしては2005年に、日本国内向けとしては2006年に廃止された。その後も欧州ではロータス向けに供給されていたが、2010年9月に最後の一基を搭載したエリーゼRがラインオフし、登場から11年間の歴史に幕を下ろした。

バリエーション[編集]

自然吸気[編集]

  • 1999年型セリカ搭載
    • 型式 2ZZ-GE
    • 種類 直列4気筒DOHC
    • 内径×行程(mm) 82.0×85.0
    • 排気量 (L) 1.795
    • 圧縮比 11.5
    • 最高出力(ネット) 140(190)/7,600 kW(PS)/rpm
    • 最大トルク(ネット) 180(18.4)/6,800 N·m(kg·m)/rpm
    • 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン専用(無鉛レギュラーガソリンは使用厳禁[1][リンク切れ]。)

過給機付[編集]

  • 2007年型エリーゼSC及びエキシージ S搭載時
    • 型式 2ZZ-GE
    • 種類 直列4気筒DOHC
    • 内径×行程(mm) 82.0×85.0
    • 排気量 (L) 1.795
    • 圧縮比 11.5
    • 最高出力(ネット) 162(220)/8,000 kW(PS)/rpm
    • 最大トルク(ネット) 212(21.6)/5,000 N·m(kg·m)/rpm
    • 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン専用
  • 2008年型エキシージ S PP搭載時
    • 型式 2ZZ-GE
    • 種類 直列4気筒DOHC
    • 内径×行程(mm) 82.0×85.0
    • 排気量 (L) 1.795
    • 圧縮比 11.5
    • 最高出力(ネット) 179(243)/8,000 kW(PS)/rpm
    • 最大トルク(ネット) 230(23.5)/5,000 N·m(kg·m)/rpm
    • 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン専用

搭載車種[編集]

関連項目[編集]