トヨタ・ウィンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィンダムWINDOM )は、トヨタ自動車1991年から2006年にかけて販売した前輪駆動(FF)の中型高級車Dセグメント)である。

トヨタ・ウィンダム
販売期間 1991年-2006年
ボディタイプ 4ドアハードトップ(初代、2代目)
4ドアセダン(3代目)
駆動方式 FF
別名 レクサス・ES
テンプレートを表示

概要[編集]

日本国外では、同社が展開する高級ブランド「レクサス」の中級モデル「ES」として販売される一方、国内では日本名「ウィンダム」としてトヨタブランド(トヨタカローラ店)で販売された。

2005年には日本国内でもレクサスブランドの展開が開始されたが、本車種についてはセルシオアリストなどとは異なりレクサスへの移行はなされず、2006年1月を以って国内販売を終了し海外専売モデルとなり、同時に「ウィンダム」の名称(商標)も消滅した。

3代目モデル(日本仕様)

バブル景気で日本国内の高級車市場が拡大する中、大ヒットした三菱自動車工業の「ディアマンテ」に刺激を受けたトヨタ自動車が、従前の同社のラインアップから少々逸脱した新しいコンセプト(FFV型エンジン)に基づき、北米市場をメインマーケットとし1991年9月に登場した(初代・2代目モデルはピラードハードトップ)。

当時日本国内のトヨタ販売チャネルにおける2,500~3,000ccクラスの中大型セダンとして、トヨタ店には「セルシオ」・「クラウン」、トヨペット店には「セルシオ」・「マークII」、オート店には「アリスト」・「チェイサー」、「ビスタ店」では「アリスト」・「クレスタ」がそれぞれ存在したのに対し、大衆車中心のカローラ店には当時ミディアムクラスのセダンがなかったため、ラインアップの穴を埋める意味もあった。

発売以降カローラ店の最上級車種であったが、2006年1月29日をもって日本国内での販売を終了し、本車と同じくカローラ店専売車種の「カムリ」またはSAIに統合。そもそも初代ESがそうであったように本車のルーツがカムリプロミネントであったので、元に戻ったといえる。

歴史[編集]

初代(1991年-1996年)VCV10・VCV11[編集]

トヨタ・ウィンダム(初代)
VCV1#型
3.0G フロント(前期型)
Toyota Windom 3.0G 120731.jpg
3.0G リア(前期型)
Toyota Windom 3.0G Rear 120731.jpg
販売期間 1991年 - 1996年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン 3VZ-FE型 V6 3.0L 200PS
4VZ-FE型 V6 2.5L 175PS
駆動方式 FF
変速機 4速フロアAT
サスペンション ストラット式/コイルスプリング
(前/後)
全長 4,780mm
全幅 1,780mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2620mm
車両重量 1,500-1,550kg
タイヤサイズ 205/65R15 94H(前/後)
製造事業者 トヨタ自動車九州
別名 レクサス・ES
先代 トヨタ・カムリプロミネント
-自動車のスペック表-

1991年9月発売。前身はカムリ・プロミネント(V20系)セプター(米国版カムリ)のプラットフォームをベースに作られたピラードハードトップ型で、車体の大きさは当時のクラウンとほぼ同じ。しかし、全高を抑えたピラードハードトップ型であり、またヘッドライトには4灯式のプロジェクターヘッドランプが採用されるなど、非常にスタイリッシュなプロポーションであった。エンジンは北米仕様であるレクサス・ESと同様の「3VZ-FE」型V型6気筒2,958cc、グレードは当初「3.0」「3.0G」のみであった。駆動方式は前輪駆動のみで、カムリ・プロミネントとプラットフォームが共用なのにもかかわらず、プロミネントで設定のあった4WSは設定されなかった。

テレビCMでは一般的な芸能人のタイアップを廃し、アメリカ人の実業家、大学教授、国際線の機長NBAのヘッドコーチ(フィル・ジャクソン)など、レクサスが想定する顧客層(高収入・高学歴のホワイトカラー)が北米仕様のES300に乗車する様子の最後に「レクサスES300=日本名ウィンダム」というナレーションを入れ「Are You WINDOM?」というシンプルなキャッチコピーで締めくくるなど、北米での高評価を意識した特徴的な構成だった。

  • 1993年8月 - 一部改良で、カムリ・プロミネントV6 2500を吸収する形で「4VZ-FE」型V6 2,496cc(VCV11)「2.5」が登場した。
  • 1994年8月 - マイナーチェンジを実施、「2.5」グレードに装備を充実させた「2.5G」グレードの追加、ヘッドランプ・フォグランプテールランプ の意匠変更、またインテリアは、木目調パネル部分拡大や大型コンソールボックスの採用により内外装の質感が向上。3.0Lは新たにフレックスロックアップシステムを採用したECT-iEと組み合わされた。
    また、1995年には「2.5」グレードをベースとした「2.5レクスター」(LEXTER)という特別仕様車を設定した。


2代目(1996年-2001年)MCV20・MCV21[編集]

トヨタ・ウィンダム(2代目)
MCV2#型
前期型
2nd Toyota Windom.JPG
2.5X (前期型・リア)
Toyota Windom 2.5X MCV11 Rear 0497.JPG
後期型
クルージングエディション 車内
Toyota Windom 2.5 G Cruising Edition Interior.jpg
販売期間 1996年 - 2001年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン 1MZ-FE型 V6 3.0L 210PS→215PS
2MZ-FE型 V6 2.5L 200PS
駆動方式 FF
変速機 4速フロアAT
全長 4,845mm
全幅 1,790mm
全高 1,395mm
製造事業者 トヨタ自動車九州
別名 レクサス・ES
-自動車のスペック表-

ほぼキープコンセプトでのモデルチェンジである。初代と同様にカムリ(XV20系)のプラットフォームをベースに作られたピラードハードトップ型。エクステリアのイメージは初代のものを色濃く残している。ヘッドライトはプロジェクター式を廃止、当時普及しつつあったマルチリフレクター式ハロゲンランプが採用された。

このモデルからGグレードにカーナビゲーションシステム[1]や、新開発のスカイフック・コントロール・サスペンション[2]等が標準装備になった。エンジンはアバロン(MCX10)に搭載されていた「1MZ-FE」型V6 2,994cc(MCV20)と新開発の「2MZ-FE」型V6 2,496cc(MCV21)を搭載する。

グレードは「3.0G」「3.0X」「2.5G」「2.5X」のほか、1999年のマイナーチェンジ以降は、黒で統一した室内と専用16インチアルミホイールなどで差別化をした「クルージングエディション」がGグレードに追加された。駆動方式は前輪駆動のみ。

安全性能は大きく改善され、運転席/助手席エアバッグを全車標準装備とし、室内には衝撃吸収素材(前期モデルのカタログではソフトインテリアと称していた)を採用、車体は衝突安全ボディーGOA」を採用した。

特別仕様車として、3.0Xをベースにパール+シルバーの専用ツートンボディカラー、純正の黒革シート、ムーンルーフを装備した「ブラックレザーパッケージ」が限定販売された。また、後述の「コーチエディション」も限定発売された。この代も、輸出仕様「レクサスES300(MCV20L)」は2.5リッターエンジンの設定は無く、3リッターエンジンのみであった。

  • 1996年8月21日 - 発売開始。
  • 1997年8月 - 一部改良を実施。全グレードにサイドエアバッグのオプション設定、プリテンショナー付きシートベルトにフォースリミッター機構を追加した。室内においては、シートの縫い目部分に縁が奢られた。
  • 1998年8月 - 一部改良を実施。3リッターエンジンに可変バルブタイミング機構を採用した。ATも変更し、3リッター車はSuper-ECT、2.5リッター車はECT-iEとなった。3.0Gと3.0Xにはブレーキアシストに加え、トヨタのFF車では初採用となるVSCを標準装備し、15インチアルミホイールにはスーパークロームメタリック塗装を施した。
  • 1999年8月 - マイナーチェンジを実施。ヘッドライトを従来のハロゲン式から自動照射角度調整機能付のHIDディスチャージヘッドランプへの変更、フォグランプのクリアレンズ化、フロントバンパーやフロントグリル、テールランプの意匠、ナビゲーションシステムの変更(メディアROMをCDからDVDの変更、ディスプレイを5.8インチから6.5インチへ拡大)等が挙げられる。室内においては、木目調パネルのプリント柄が明るめになり、エアコンとオーディオパネル部分まで範囲を拡大、フルファブリックシートの柄変更、上下調節式リアヘッドレストが大型化されシートバック埋め込み型となった。Gグレードの本革巻きステアリングには木目調が追加され、クルージングエディションにはパーフォレーション加工を施した。スーパークロームメタリック塗装の15インチアルミホイールを2.5Gにも採用。3.0Xと2.5Xのカセット一体マルチ電子チューナーにCDを追加、マルチファンクションワイヤレスドアロックリモートコントロールがキー一体型となり、3リッター車にはセキュリティシステム(エンジンイモビライザー)が装備された。

1999年(前期型)、2000年2001年には3.0Gと2.5Gをベースにアメリカのブランドコーチの皮革でシート縫製を行った特別限定車「コーチエディション」を発売。専用ボディカラーのスパークリングゴールドメタリックの設定やゴールドエンブレム、鏡面光沢メッキ仕様のアルミホイール、専用柄の木目調パネル(2000年2001年モデルのみ)になるほか、契約者にはコーチブランドのボストン/トートバッグやセルラーホンケース等が贈呈された。最後の2001年には「コーチクルージングエディション」も兼ねて発売された。

先代同様、従来のトヨタ車の雰囲気から少々逸脱した異軸性をもつFF高級セダンとして、日本国内において当初ある程度の販売台数を保っていたが、モデル後半には徐々に販売台数が低下しつつあった。

トヨタ車全体としては、最後の4ドアハードトップにあたる[3]


3代目(2001年-2006年)MCV30[編集]

トヨタ・ウィンダム(3代目)
MCV30型
3.0G(前期型)
フロント
Toyota MCV30 Windom 3.0G.JPG
3.0G(前期型)
リヤ
Toyota MCV30 Windom 3.0G Rear.JPG
3.0G (前期型・ブラックセレクション)
車内
Toyota MCV30 Windom 3.0G Hid Interior.jpg
販売期間 2001年8月21日-2006年1月29日
設計統括 山田耕作
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 1MZ-FE型 V6 3.0L 215PS
駆動方式 FF
変速機 5速フロアAT
全長 4,865mm
全幅 1,810mm
全高 1,455mm
製造事業者 トヨタ自動車九州
別名 レクサス・ES
後継 トヨタ・SAI
※事実上。ただし登場まで3年10か月の空白期間あり
プラットフォーム トヨタ・Kプラットフォーム
-自動車のスペック表-

カムリ(CV30系)と共通のプラットフォームを使用する。この代より他のトヨタ製大型セダン同様ドアサッシュのあるセダン型となり、初代および2代目との大きな相違点となった。ホイールベースは50mm延長、全高もほぼ50mm高くなり、特にリヤシートの居住性が増して頭上空間のゆとりに向上が見られた。全幅は1,810mmとなり、クラウンマジェスタはおろか、セルシオにも迫る広さを手に入れた。新型発売にあたって、広告では「新しく生まれ変わったレクサスクオリティ」(なお、PVを収録したVHSテープのタイトルは「進化し続けるレクサス思想~あくなき完璧さの追求」であった。)と称して、品質の向上もアピールした。初代から定評のあった静粛性においては新防音材「NCL」を採用し、遮音から吸音をメインにすることで全回転域のエンジンノイズやロードノイズが低減した。また、ボンネットやフェンダー、ドアにゴム製の見切りシールを採用し、ルーフやピラーには発泡剤を充填することで風切り音も低減。より広くて静かな室内空間へと変化した。

エクステリアはそれまでの「低く長く」から「高く長く」と大きく変化し、ピラードハードトップ特有のウィンダムのスタイリッシュさに見慣れてしまった層には、やや野暮ったさを感じさせるデザインとなった。ホイールベースの延長に対し全長は2代目とほぼ変わらないので、前後のオーバーハングが削られたことになる。それでも、全長に対してホイールベースの比率は小さく、前後オーバーハングの長い特徴的なフォルムは維持されている。ボディに厚みが増したことによりルックスの表情も大きく変化し、彫りの深さと曲面を多用した彫刻的な造形が表現された。リヤビューも大きく変化し、それまでのセルシオルックから一転、シャープさとスポーティーさを両立した大胆な構えとなった。サイドウインドウのグラフィックは160系アリストと共通するものがあり、レクサスブランドの証を表現したと言える。初代~2代目と比較すると明らかに一回り大きく変化したので車格感が大幅に増し、それまでの"マークII以上、クラウン未満"という印象が覆された。その豊満で大味なプロポーションは「造形美」ととるか「野暮」ととるかの賛否両論に別れた。

インテリアは独立3眼メーターを筆頭とし、ゲート式のシフトレバーを採用することでスポーティーな印象となった。シフトレバー部分からドアトリムまで緩やかに繋がる木目調パネルは流麗にデザインされ、包み込まれる感じが一層向上した。新しく採用された赤木目調パネルはバイオリンのような濃厚な色を放ち、華やかでありながらとても落ち着いた室内空間を演出している。独立3眼メーター周りの木目調パネルを意図的に減らしてるのは、夕日などが当たってメーターの視認性を妨げない工夫といえる。センタークラスターのボタン配置は左右対称で非常にシンプルであるが、誰が操作しても馴染みやすく、戸惑うことのない造りになっている。スカイフックTEMSのダイヤル位置においては、先代の場合シフトレバーの下部にあり、カップホルダーを開くとダイヤルが隠れて使用できない欠点があったが、シフトレバーの左側へ配置変更することでその欠点は改善された。リヤにはエアコン吹き出し口の追加や60mm広がったセンターアームレストを採用することにより、同乗者の快適性も考慮。シートはボリュームアップすると共にヒップポイントを上げ、むち打ち症対策のWIL コンセプトに対応することで快適性と安全性の両面を確立した。さらに、リヤシートにはヘッドレストを3名分備え、北米方式の3点支持式チャイルドシートも装着できる固定アンカーを装着し、SRSカーテンシールドエアバッグと相まって安全性の高さは揺るぎない。なお、衝撃の大きさに合わせて最適な展開をするデュアルステージ式となった前席SRSエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、SRSサイドエアバッグの全てが全車標準装備となった。また、自動防眩ECミラーや雨天感知式ワイパー・拡散式ウォッシャーノズル、ヒーター付きレインクリアリングミラーなどといった、運転するにおいて高い視認性確保が期待できる装備を積極的に採用した。一定のスピードでこれまで以上にゆったりと開くカップホルダーや灰皿、プッシュオープン式のコートフック、サンバイザーと独立したON/OFF切り替えスイッチ付きのバニティランプ、全ドアのカーテシランプに加え、室内の足元照明(ギアをPレンジ以外にすると減光する)を採用するなど細部の演出も向上。オートエアコンは左右独立温度調整が可能となるなど、インテリアの居心地の良さや安全性はエクステリアと同様に大きく変化した。

エンジンは2.5リッターが廃止となり従来の1MZ-FE型 V6 3リッターエンジンのみになる。グレードは「3.0G」「3.0X」。2代目同様、GグレードにはマルチAVステーションとスカイフックTEMSの進化系H∞TEMSが標準となる。 最上級グレードのG-リミテッドエディションには、木目調+本革巻きのステアリングホイールとシフトレバーノブ、電動リヤサンシェード、クルーズコントロールTRCVSCが追加装備され、外観には専用エンブレムを装着した。また、室内を黒で統一したブラックセレクションを全グレードに設定、価格は据え置きでクールな室内が選べるようになった。特別仕様車や限定車の販売はなかった。

トランスミッションは4速ATから5速AT(5 Super ECT)になる。駆動方式は前輪駆動のみ。

輸出仕様となるレクサス・ESの名称は、当初は「1MZ-FE」型V6 3リッターエンジン搭載の「ES300」(MCV30L)のみであったが、その後北アメリカ中南米韓国台湾向けが「ES330」となり、「3MZ-FE」型V6 3,310ccを搭載(MCV31L)、東南アジアオセアニア中東向けが「ES300」となり、従来通り「1MZ-FE」型V6 3リッターエンジン(MCV30L)を搭載している。

このモデルの最初のカタログには、背景に2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件によって破壊された世界貿易センタービルが写っていたが、事件後すぐにカタログが改訂され、そのページは背景が差し替えられた。差し替えられたカタログは表紙が改訂前(初版)と同じであったが、わずか1ヶ月で別の表紙に改訂された。この改訂により、1度目の改訂時に差し替えられなかった別の背景も差し替えられた。また、ページ後半の背景写真数点が初代と2代目のカタログにあったものと同一であった。

  • 2001年8月21日 - 発売開始。
  • 2003年7月23日 - カムリとともに一部改良を実施、カーナビゲーションを最新型へ変更し、オーディオ部をカセットからMDに変更。さらに、G-BOOK(テレマティクスサービス)にも対応可能とした。さらに、TRCとVSCが3.0Gにもセットオプションとして追加された。カタログに大きな変更はなく、室内写真のナビゲーション部分を最新型に差し替えた程度である。
  • 2004年7月6日 - カムリとともにマイナーチェンジを実施、前後外観パーツの意匠変更、快適装備の追加をした。ヘッドライトは伝統のプロジェクター式に変更(オートレベリング機能付き)、さらにフォグランプを丸型に変更しメッキリングが奢られた。また、フロントグリルは外枠がメッキ化され、横バーが4本から5本となり繊細さが増した。一見してオーソドックスな逆台形ラジエターグリルであるが、外枠上下を含め合計7本全てのカーブが異なり、真横からは垂直に見えるとても手の込んだ造りになっている。なお、ボンネットのCIマークの位置はこれまでより若干下がり、ラジエターグリルとの調和を図った。フロントバンパーのグリルは黒い格子からボディ同色の横バー1本となった。これらの変更により、前期型に見られた少々大味過ぎたルックスに明確な締まりと存在感を確立した。リヤコンビネーションランプはプロジェクター風の丸目4灯へ変更。リヤフェンダーへ回り込んだ部分のレンズは、海外仕様の場合はリフレクターが3本あるが、国内仕様はヘッドライトの光に反射しない素材へ変更されている。なお、ナンバープレート上のガーニッシュには細いメッキモールがさりげなく奢られた。室内はそれまでの赤木目調パネルと比較し、木目柄が細かくなり一層リアリティが増したライトブラウンになり、太陽光が当たるとゴールドに近い輝きを放つとても明るいものへと変更し上質感が増した。それに伴い、内装色のベージュもこれまでよりも若干明るい色調へ変更された。黒統一室内のブラックセレクションは赤木目調パネルのままとなる。センタークラスターは黒い樹脂からガンメタリック樹脂へと変更し、木目調パネル同様に太陽光が当たると特に美しい輝きを放つ。3.0GのみセットオプションだったTRCとVSCは3.0Xにも設定が拡大され安全性に貢献した。任意の声をフロントパーソナルランプ両脇にあるマイクに向かって発することでボイスナビゲーションやオーディオ、携帯電話のハンズフリーを設定・操作してくれる音声認識機能も搭載、されにこれらに対応したステアリングスイッチも追加された。

2005年に入ると、月販100台を割り込むなど販売不振が深刻化。さらにこの年の8月30日には日本国内でもレクサスブランドの展開が開始されたが、2006年1月30日にモデルチェンジしたカムリ(ACV40系)と統合する形(元々ウィンダム/ES自体がカムリから枝分かれした車種であることを考えると、元に戻ったとも言える)で販売終了となり、同時にカローラ店から6気筒エンジンを搭載したセダンが消滅した。2011年から販売されているXV50系カムリは日本仕様車は2.5リッターHV(AVV50)のみであるところを見ても、カムリがウィンダムのポジションに移行しようとしていることが見て取れる。ただし、同店を含むトヨタディーラー全店で販売されるSAIやレクサス店専売のHS250hの方が車格自体はそれぞれカムリに及ばないものの、販売価格はそれぞれカムリよりもさらに高額な価格設定である。


車名の由来[編集]

英語で「勝つ」と言う意味の「WIN」と、「状態」を意味する「DOM」を組み合わせ、「勝っている状態」と言う意味を込めて作られた造語。

脚注[編集]

  1. ^ マルチAVステーション(EMVではない)
  2. ^ トヨタは後にスカイフックTEMSと呼称を変えている。
  3. ^ ウィンダムが4ドアセダンへ移行する2ヶ月前の2001年6月、同じ4ドアハードトップのチェイサーが生産・販売を終了しているためである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]