トヨタ店

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トヨタ自動車 > トヨタ店
Toyota-Dealer-Toyota.png
トヨタ店のディーラーの一例(秋田トヨタ泉新国道店)
トヨタ店のディーラーの一例(埼玉トヨタ所沢店)
トヨタ店のディーラーの一例(宮城トヨタ白石店)

トヨタ店(トヨタてん)は、トヨタ自動車ディーラーの一つ(旧トヨタ自動車販売)。トヨタが最初に作った販売店である。

2016年4月現在のキャッチコピーは「フロンティアへ 人を、地域を、もっと笑顔に」。2002年頃から2016年3月までは「最上の出会いをトヨタ店で。

概要

当初は○○トヨタ自動車販売(○○はおおむね都道府県名)という名称であったが、やがて○○トヨタ自動車という名称となりその後トヨペット店と分派した。トヨタ自動車のディーラーの一つで、取扱車種にセンチュリーを筆頭とする高級車、および商用車ライトバントラックなど)が多いため、富裕層や法人ユーザーに向いている。ディーラー名は「○○トヨタ」の店舗が多い。ただし、トヨタの販売店の全車種取り扱い開始に伴う販売チャネル制度廃止の方針により、一部地域では他チャネルとの合併・再編が進み「トヨタ店」を名乗るディーラーが存在しない地域がある(詳細は後述)。

販売体制

トヨタ店はおおむね各都道府県に1つの販売店としているが、東京都・神奈川県・富山県・沖縄県はトヨタ店を名乗るディーラーが存在しない。

また、広大な面積を誇る北海道では以下4つのトヨタ店が存在している。

2020年5月に開始された全車種併売化に伴い、地域によっては他のチャネルを吸収合併する動きが相次いでいる。

  • 札幌トヨタグループである函館トヨタ自動車は、2020年7月1日付でネッツトヨタ道南(ネッツ店系列)と経営統合した[6]
  • 静岡トヨタ自動車は、2020年7月1日付でネッツトヨタ浜松(ネッツ店系列)を吸収合併した[7]
  • 奈良トヨタ自動車は、2021年4月1日付で同資本のトヨタカローラ奈良を吸収合併し社名を「奈良トヨタ」に変更した。
  • 長野トヨタ自動車はUグループ3社(長野トヨペット、トヨタカローラ長野、ネッツトヨタ長野)を吸収合併した。
  • 西九州トヨタ自動車は、2022年4月1日付で長崎県での店舗運営を同じ昭和グループの福岡トヨタ自動車へ吸収分割により継承するとともに、同じ昭和グループのネッツトヨタ佐賀(ネッツ店系列)を吸収合併し、社名を長崎トヨタ自動車との統合前の社名だった佐賀トヨタ自動車へ変更。この再編により、佐賀県は旧ネッツ店を含めて屋号を「佐賀トヨタ」へ変更・統一、長崎県は屋号を「長崎トヨタ」(ロゴは福岡トヨタと同一デザインとなる「NT 長崎トヨタ」)へ変更したことで、15年ぶりに統合前のそれぞれの屋号へ回帰された[8]
大阪トヨタ自動車本社(2012年)

大阪府では以前、旧・大阪トヨペットがトヨタ店の販売車種を扱っていた(反対に旧・大阪トヨタ自動車がトヨペット店の車種を扱っていた)が、2006年8月8日をもって両社の社名入替を実施し以下のように他都道府県と同様の取扱車種へ変更された

ただし、現在も一部に現・大阪トヨペットと入れ違っている車種もある(詳細)。

トヨタの各販売店系列のデザイン刷新に伴い、看板などに使用するイメージカラーは臙脂色を基調としたデザインとなる。

現在の取扱車種

(2020年5月現在)

全国の取扱

  • ★が付与された車種は専売車種
  • ☆が付与された車種は2020年4月30日以前は専売車種扱いで、同年5月1日より全てのトヨタ車両販売店の取扱に移行した車種
  • ◎が付与された車種は2020年5月1日の全車種併売化に伴って取扱を開始した車種
  • ◇が付与された車種は2020年4月30日以前は大阪地区においては大阪トヨペットでの取扱だった車種
  • ×が付与された車種は全車種併売化の対象外となる車種

なお、軽自動車「ピクシス」シリーズに関しては、2020年4月30日までは青森トヨタ・秋田トヨタ・鳥取トヨタ・島根トヨタ・徳島トヨタ・香川トヨタ・愛媛トヨタ・高知トヨタ・西九州トヨタ・熊本トヨタ・大分トヨタ・宮崎トヨタ・鹿児島トヨタ・沖縄トヨタのみの取扱で、カローラ店・ネッツ店及び一部のトヨペット店との併売であった。これらとは別に、一部地域ではダイハツ車を扱っている店舗がある。

セダン

ステーションワゴン

スポーツ

  • 86(全てのトヨタ車両販売店で取扱う)
  • スープラ(全てのトヨタ車両販売店で取扱う)

コンパクト

ミニバン

SUV

軽自動車(乗用車のみ)

商用車(軽商用車含む)

下記の車種については、大阪地区においては大阪トヨペットの取扱となっている(なお、北海道日高振興局管内ではひだかトヨタ自動車販売、東京地区ではトヨタモビリティ東京、神奈川地区ではトヨタモビリティ神奈川、富山地区ではトヨタモビリティ富山、沖縄地区では沖縄トヨタ自動車(トヨタウン店)の取扱となる)。

  • ハイメディック
  • トヨタ救急車

旧・大阪トヨタで取扱っていた車種

これまで旧・大阪トヨタでは、マークXなどのトヨペット店の車種を扱っていた(反対に旧・大阪トヨペットがトヨタ店の車種を扱っていた)が、2006年8月8日をもって両社の社名を入れ替え(旧・大阪トヨペット→現・大阪トヨタ/旧・大阪トヨタ→現・大阪トヨペット)、他の道府県と同様の取扱車種に変更された。ただし前述の通り、現・大阪トヨペットと一部取扱車種が入れ違っているものがある。

過去の取扱車種

専売車種

併売車種

一部トヨタ店のみの取扱

このほか、1957年にディーゼル店が設置され、大型商用車・ディーゼル商用車の取り扱いはディーゼル店に移管されたが、大都市圏のみにとどめられたため、設置されなかった地域ではその地域のトヨタ店が引き続き取り扱っていた。

沖縄トヨタ自動車のみ、他都道府県ではビスタ店の専売だったクレスタヴェロッサブリザードも取り扱っていた(沖縄県にはビスタ店が存在しなかったため)。

以前はフォークリフトなどの産業車両(トヨタL&F)を取り扱っていた販売会社も存在したが、現在は沖縄トヨタ自動車を除き産業車両の販売部門は分社化されている。

トヨタ店ディーラー一覧

北海道地区

東北地区

関東地区

かつて存在した販売店

中部地区

かつて存在した販売店

近畿地区

中国地区

四国地区

九州・沖縄地区

  • 福岡トヨタ自動車(昭和グループ) - 福岡県と長崎県を管轄しているが、県によって屋号が異なり、福岡県は「福岡トヨタ」、長崎県は「長崎トヨタ」となる
  • 佐賀トヨタ自動車(昭和グループ)
  • 大分トヨタ自動車
  • 熊本トヨタ自動車
  • 宮崎トヨタ自動車
  • 鹿児島トヨタ自動車(鹿児島トヨタ・諏訪一族グループ)

かつて存在した販売店

  • 長崎トヨタ自動車 (2006年に佐賀トヨタ自動車と合併し西九州トヨタ自動車へ社名変更、2022年4月にネッツトヨタ佐賀との合併に伴って佐賀トヨタ自動車へ社名変更したことに伴い、長崎県は福岡トヨタ自動車が運営する「長崎トヨタ」へ屋号変更)
  • 沖縄トヨタ自動車(OTMグループ。2022年4月の4ディーラー合併によりトヨタ店としての展開を終了し店名をトヨタウン◯◯店(◯◯は所在地名)に変更。)

脚注

  1. ^ 変革を目指す「トヨタ」の新たな施策「クルマをつくる会社」から「モビリティカンパニー」へ(carview! 、2018年11月4日)
  2. ^ ただし、社名は神奈川トヨタ自動車として存続
  3. ^ 弊社グループ会社の合併についてKTグループ 2020年1月23日
  4. ^ 4月に沖縄トヨタグループ4社統合へ Yahoo!ニュース2022年2月25日配信、2022年3月1日閲覧
  5. ^ 4社統合に関するお知らせ 2022年3月24日閲覧
  6. ^ 函館トヨタ自動車(株)とネッツトヨタ道南(株)の経営統合に関するお知らせ函館トヨタ 2020年5月3日
  7. ^ トヨタ販売店子会社2社の会社統合について 遠州鉄道 2020年1月28日
  8. ^ “昭和グループ トヨタ事業の2022年4月以降の体制につきまして” (PDF) (プレスリリース), 昭和グループ, (2022年2月25日), http://www.seed-holdings.co.jp/pdf/pr20220225.pdf 2022年4月16日閲覧。 
  9. ^ トヨタでは、ガイアの後継ではなく、ブランニューモデルであるとしている。

関連項目