トヨペット・マスターライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2代目マスターライン ライトバン
FM東海の社用車)

トヨペット・マスターライン(Toyopet Masterline)は、トヨタ自動車がかつて生産していた商用車(貨客兼用車)である。

概要[編集]

初代 RR10系 (1955年 - 1959年)[編集]

初代マスターライン ライトバン
初代マスターライン ピックアップ

1955年12月に販売開始。

マスターラインは、タクシー用、もしくはクラウンRS型の保険として用意されながらも、予想外の短命に終わった4ドアセダン、トヨペット・マスターライトバンピックアップトラックに仕立てたものである。ボディー外板やフレームを始め、R型エンジンとコラムシフトの3速MTのパワートレイン、4輪リーフリジッドの足回りなども、耐荷重の差は考慮されているが、基本的にはマスターと共通である。

乗用車ボディーの流用を逆手に取り、低床ピックアップのシングルシート(1列座席=シングルキャブ)とダブルシート(2列座席=ダブルキャブ)には、セダンピップアップの様にキャブと荷箱が一体で、リアウインドウもラップアラウンドの曲面ガラス[注釈 1]」とした乗用車ムードあふれる車種もラインナップしており、この車型とテイストは2代目やクラウンピックアップにも引き継がれている。

マスターの開発費と金型代を償却する目的で生産がスタートしたマスターラインであったが、同車と同時期に、SG型トラックの後継であるRK20系「トヨペット・ライトトラック」(後のスタウト[注釈 2]のキャブ[注釈 3]にもマスターの金型が使われており、これらの生産終了後、その生産設備と部品は、さらに初代ST10系コロナにまで流用されている。

郵政省のパネルバンタイプの郵便車にマスターラインのライトバンによく似た車種があるが[注釈 4]、これは前述した、キャブまわりの外板が共通のRK20系スタウトのシングルキャブ・標準ホイールベースがベースとなっており、フレーム強度、タイヤサイズ、リーフスプリングのばね定数などが異なる。

2代目 RS20系 (1959年 - 1962年)[編集]

2代目マスターライン ライトバン
2代目マスターライン ピックアップ

1959年3月に販売開始。

乗用車の雰囲気を盛り込むことで一定の評価と需要を獲得した初代マスターラインではあったが、クラウンがS20系へとマイナーチェンジを果たし、アメリカ車志向の一層の豪華さと見栄えの良さを身に付けると、マスターラインの欧州車風の簡素に過ぎるスタイルや、旧弊な足回りが見劣りするようになる。

そこで、初代RS型クラウンのフロントダブルウィッシュボーンサスペンションの成功で自信を着けていたトヨタは、これらの不満を解消すべく、1.5トン積み以上のトラックを除き、小型車のフロントサスペンションから車軸懸架を一掃することとなる。

同時に2代目マスターラインでは、車体の多くやフレームをS20系クラウンと共通化し、見栄えの向上に注力した。外観は、前半分はほぼクラウンと共通だが、後半分の類似性もあるが直線状の独特のキャラクターラインに特徴がある。車名はマスターの商用車を表すマスターラインのまま据え置かれた。

3代目 #S40系 (1962年 - 1967年)[編集]

3代目マスターライン後期型
シングルキャブピックアップ
写真はオーストラリア向け
クラウンピックアップ(MS47P)

1962年9月販売開始。

クラウンのS40系へのモデルチェンジに伴い、マスターラインも3代目となる。先代に引き続き、ライトバン、シングルキャブピックアップ、ダプルキャブピックアップのラインナップであったが、ライトバンは先代途中で追加された4ドアのみとなり、2ドアは廃止される。

1965年11月のマイナーチェンジでは、従来のR型系エンジンに加え、直列6気筒M型エンジンが初設定される。

クラウンのモデルチェンジに伴い1967年9月をもって販売を終了するが、4代目はS50系クラウンの商用モデルとして統合されることとなり、マスターラインの車名は消滅した。

またS60系クラウンからは、ピックアップトラックが廃止されている。

姉妹車[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フロントウインドシールドは最後まで平面ガラスのままであった。
  2. ^ 1954年5月、車名が紛らわしいといわれたセミキャブオーバー型のRKトヨペット・ルートトラックと共にモデル途中で改称され、「スタウト」となる。
  3. ^ ドア、Aピラー、ボンネット、フロントフェンダーなど。
  4. ^ 荷室側面の窓がないかわりに通風用のルーバーがあるパネルバンで、バックドアは小ぶりながら頑丈な1枚扉とされ、右ヒンジの横開きとなっている。この架装方式は後の主流となる1トンクラスにも採用され、RN30系ハイラックスまで続いた。それ以降はキャブと別体で直方体のアルミ製の荷箱を架装する方式となった。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]