トヨペット (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ自動車 > トヨペット (ブランド)

トヨペットToyopet )とは、トヨタ自動車商号であり(昔のカタログなどではトョペットまたはTOYO-PETと表記されていた)、それを冠した「トヨペット店」という販売店舗系列が展開されている。元々は小型車用のブランド名であったが、現在は使われていないため、「トヨペット」は「トヨペット店」の略称となっている。

歴史[編集]

戦後、トヨタ初となる小型車(SA型乗用車、SB型トラック)の生産を開始するにあたり、愛称を一般から公募。その中から「トヨペット」が選ばれた。

1947年10月、SA型乗用車は「トヨペット・SA型小型乗用車」、SB型トラックは「トヨペット・SB型小型トラック」として登場した。以後、小型車には「トヨペット」の名が付くようになる。

1956年4月には、新しい販売網「トヨペット店」が設立された。これは、既存の「トヨペット・SKB型小型トラック」の増販を目的としたものである。同年、このトラックに「トヨエース」という車名が付与された。従って、現在のトヨペット店における取り扱い車種で最古のものはこのトヨエースである。ちなみに、「トヨペット」名の販売店ではあるものの、「トヨペット・クラウン」は、従来通りトヨタ店扱いとされた(東京東京トヨタ東京トヨペットの併売だが個人タクシー用途の車種は東京トヨペットのみの扱いとなる。大阪は2007年8月7日までは大阪トヨペットでの扱いだったが旧・大阪トヨタ(こちらが現在の大阪トヨペット)との社名交換で翌日から大阪トヨタでの扱いとなった)。

こうしてトヨペット店が誕生したのとは対照的に、トヨペットブランドは縮小されていくことになる。1961年に登場した小型車「パブリカ」では「トヨペット」の名は使われず、これ以降の新規車種も同様にトヨタブランドで登場する。また、既存のトヨペットブランドの車種も、次第にトヨタブランドに改めている。

ただし、初代マークII1968年)は、トヨペット・コロナの派生車であったため、「トヨペット・コロナマークII」として登場している。そしてこれが、トヨペットブランド最後の新規車種となった。

最終的には、1978年9月に登場した6代目コロナ(T130系)が、車名を「トヨペット・コロナ」から「トヨタ・コロナ」に改めたのを機に、車名としてのトヨペットは消滅した。

トヨペット車[編集]

車名にトヨペットが付与されて販売された車の一覧

乗用車[編集]

ライトバン[編集]

  • トヨペット・マスターライン(1955年)
  • トヨペット・コロナライン(1958年)

ボンネット型トラック(ピックアップトラック[編集]

セミキャブオーバー型トラック[編集]

  • トヨペット・SKB型小型トラック(1954年。1956年7月にトヨエースへ命名。)
  • トヨペット・RK52型ルートトラック(1956年)
  • トヨペット・RK65型ルートトラック(1957年。1959年5月にダイナへ改名。)

関連項目[編集]