トヨタ・スプリンタートレノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・スプリンター > トヨタ・スプリンタートレノ

スプリンター・トレノ (SPRINTER TRUENO) は、過去にトヨタ自動車が生産していた自動車で、1.5L~1.6Lクラスの小型のスポーツクーペ、およびスペシャルティカーカローラレビンとは車台を共用する姉妹車である。

トヨタ・スプリンタートレノ
AE111 trueno.jpeg
7代目 XZ(後期型)
販売期間 1972年-2000年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ(初代-2代目、4代目-7代目)
3ドアハッチバッククーペ(4代目)
3ドアハッチバック(3代目)
駆動方式 FR(初代-4代目)
FF(5代目-7代目)
テンプレートを表示

系譜[編集]

初代 TE27型(1972年-1974年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(初代)
TE27型
Toyota Sprinter Trueno TE27 orange.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1972年3月 - 1974年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 2T-G型:1.6L 直4 DOHC
2T-GR型:1.6L 直4 DOHC
2T-B型:1.6L 直4 OHV
駆動方式 FR
最高出力 2T-G型:115ps/6,400rpm
2T-GR型:110ps/6,000rpm
2T-B型:105ps/6,000rpm
最大トルク 2T-G型:14.5kgm/5,200rpm
2T-GR型:14.0kgm/4,800rpm
2T-B型:14.0kgm/4,200rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:非対称半楕円リーフスプリング
全長 3,965mm
全幅 1,595mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,335mm
車両重量 865kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1972年3月、トヨタ・スプリンタークーペ「SL」、「SR」に対し、よりスポーティなホットモデルとして登場した。当時、スプリンタークーペには「普通」のモデルも存在したため、グレードでの区別を超えた、あくまで高性能バージョンとして用意されたサブネームが「トレノ」であった。搭載エンジンは、上位車種であるセリカ1600GTと同じ2T-G型1.6L DOHCエンジンが搭載された。外観上の特徴として、当モデルと姉妹車のレビンには、トヨタ製の市販乗用車として唯一のオーバーフェンダーを装備している。また、1973年4月のマイナーチェンジの際に追加された「トレノJ(ジュニア)」には、2T-B型1.6L OHVエンジン (105ps) が搭載されており、こちらはDOHC仕様に対し低中速域までのトルク特性を優先させた廉価モデルであった。

2代目(前期)TE47型(1974年-1975年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(2代目)
前期TE47型
Toyota Sprinter E40 001.JPG
Toyota Sprinter E40 002.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1974年4月 - 1975年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 2T-G型:1.6L 直4 DOHC
2T-GR型:1.6L 直4 DOHC
駆動方式 FR
最高出力 2T-G型:115ps/6,400rpm
2T-GR型:110ps/6,000rpm
最大トルク 2T-G型:14.5kgm/5,200rpm
2T-GR型:14.0kgm/4,800rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:独立懸架ストラット式コイルスプリング
後:非対称半楕円リーフスプリング
全長 4,070mm
全幅 1,600mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,370mm
車両重量 925kg (GT 935kg)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1974年4月、トレノとして初めてのフルモデルチェンジ。カローラがE30型、スプリンターがE40型と分かれたことから、レビンはTE37型、トレノはTE47型を名乗ることになった。また、レビンはクーペに替わり、クラス初の2ドアハードトップにラインナップされたことにより、歴代モデルの中で唯一このモデルのみ、レビンとトレノのボディ形状が異なっている。基本的にグレード名扱いだったレビン/トレノだがトレノのみ豪華装備のGTというグレードが誕生し、レビン/トレノ系で初のグレード展開となった。エンジンはTE27型に引き続き2T-G型/2T-GR型エンジンを搭載したが、TE27型と比較してホイールベースが35mm延長され、さらに車両重量が60kg増加した。1975年、2T-G型/2T-GR型エンジンが昭和50年排出ガス規制非対応のため生産を中止したのに伴い、同年11月でトレノはレビンとともに一旦廃止となり、このモデルは短命に終わった。

2代目(中期)TE61型(1977年-1978年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(2代目)
中期B-TE61型
Te61.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1977年1月 - 1978年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 2T-GEU型:1.6L 直4 DOHC
駆動方式 FR
最高出力 110ps/6,000rpm
最大トルク 14.5kgm/4,800rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:ストラット式コイルスプリング独立懸架
後:非対称半楕円リーフスプリング
全長 4,070mm
全幅 1,615mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,370mm
車両重量 950kg (GT 955kg)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

電子制御燃料噴射(EFI)と酸化触媒を使うことで、2T-G型エンジンが昭和51年排出ガス規制に適合したため1977年1月、レビンとともに復活した。マイナーチェンジ時に、カローラにクーペシリーズが、スプリンターにはハードトップが追加され、それぞれ同様の車種体系となった。レビンは、ハードトップではなく、クーペに設定されたため、TE27以来の同一ボディを使用することとなった。尚、トレノと同時にスプリンターのリフトバックにも2T-G型エンジンを搭載し、「1600GT」を名乗った。型式はトレノと同一のTE61である。

2代目(後期)TE65型(1978年-1979年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(2代目)
後期TE65(衝撃吸収バンパー装着車)型
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1978年4月 - 1979年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 2T-GEU型:1.6L 直4 DOHC
駆動方式 FR
最高出力 115ps/6,000rpm
最大トルク 15.0kgm/4,800rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:ストラット式コイルスプリング独立懸架
後:非対称半楕円リーフスプリング
全長 4,245mm
全幅 1,615mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,370mm
車両重量 965kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1978年4月に登場。昭和53年排出ガス規制をクリアして型式変更したもの。この時期、レビンはTE55型、スプリンタートレノはTE65型を名乗ることになる。型式は変わっているが外観はTE61型と大差はない。車両重量はTE27型を110kg上回り965kgとなったうえ、年を追うごとに強化される排出ガス規制のあおりを受け、TE27型のようなスポーツ性とは程遠いものとなった。

3代目 TE71型(1979年-1983年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(3代目)
TE71型
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1979年3月 - 1983年
乗車定員 5名
ボディタイプ 3ドアハッチバック
エンジン 2T-GEU型:1.6L 直4 DOHC
駆動方式 FR
最高出力 115ps/6,000rpm
最大トルク 15.0kgm/4,800rpm
変速機 5速 MT
サスペンション 前:ストラット式コイルスプリング
後:ラテラルロッド付4リンクコイルスプリング・スタビライザー
全長 4,255mm(トレノS 4,190mm)
全幅 1,625mm
全高 1,325mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 975kg(後期 990kg)
トレノS 955kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1979年3月、フルモデルチェンジが行われた。ボディは3ドアハッチバックのみで、最後の2T-G型エンジン搭載モデルとなる。#E7系へのモデルチェンジに伴い、乗用車系のリアサスペンションが同じリジッド方式ながらリーフリジッドから4リンクコイルへと進化し、操縦性のアップに貢献した。スプリンターのセダン及び2ドアハードトップやリフトバックにも2T-G型エンジン搭載グレード「GT」が設定され、また1981年8月より発売の後期型からはトレノ単体にもサンルーフを標準装備した豪華装備の「アペックス」及び、衝撃吸収バンパーをDXなどに装着されていた単純構造のバンパーへ変更するなどし軽量化を図るとともに、機械式LSDを標準装備した「S」というグレードが設定された為、「トレノ」という名称の意味が変化し出したモデルでもある。

4代目 AE85/86型(1983年-1987年)[編集]

1983年5月フルモデルチェジ。 この代よりセダンとハッチバックはFFレイアウトを採用し、レビン・トレノに関しては後輪駆動(FR)レイアウトといった“2本立て”でリリースすることを決定した。シャシーは先代TE71型のものをベースとしているが、改良が行なわれ、TE71のネックだった重量は大幅に軽減された。エンジンは「4A-GE」型を新規開発する。ボディは2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペの2本立てで、トレノではリトラクタブル式ヘッドライトを採用し、レビンとの差別化を図った。また、レビン・トレノとして最後に販売された後輪駆動車である。なお、北米向けモデルは、1988年度まで販売が継続された。

AE86型[編集]

その形式名称から「ハチロク」と呼ばれ、幅広い世代に親しまれている。このモデルから最終モデルまで、走りのモデルには4A-GE型1.6L 直4 DOHCエンジンが搭載されている。最上級グレードである「GT APEX」の3ドアハッチバックには白黒ツートン仕様車が設定された。

1984年、マイナーチェンジ。GT APEX専用であった白黒ツートン仕様がGTVとAE85型のSRにもオプション設定される。ドアミラーを可倒式へ、オプション設定の一部変更等が行われる。

1985年、マイナーチェンジ。 前後バンパーやリアコンビランプの変更、フロントシートやの内装色などを改良し内外装ともに質感が向上した。また、GT・GT APEXにAT仕様も追加された。

AE85型[編集]

通称「ハチゴー」と呼ばれる。いわゆる廉価モデルである。A型エンジン3A-U型 1.5L SOHCエンジン搭載モデル(AE85型)では、3ドアモデルは「トレノSR」、2ドアモデルは「トレノSE/リセ/XL」として販売された。

5代目 AE91/92型(1987年-1991年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(5代目)
AE91/92型
GT-Z(前期型)
1987 Toyota Sprinter-Trueno 01.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1987年5月 - 1991年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 5A-F型:1.5L 直列4気筒
5A-FE型:1.5L 直列4気筒
5A-FHE型:1.5L 直列4気筒
4A-GE型:1.6L 直列4気筒
4A-GZE:1.6L 直列4気筒 スーパーチャージャー
駆動方式 FF
最高出力 5A-F型:85ps/6,000rpm
5A-FE型:94ps/6,000rpm
5A-FHE型:105ps/6,000rpm
4A-GE型:140ps/7,200rpm
4A-GZE型:165ps/7,200rpm
変速機 5速MT
4速/3速AT
サスペンション 前後:ストラット式コイルスプリングスタビライザー付
全長 4,270mm
全幅 1,680mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,070kg
生産台数 9万5321台[1]
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1987年5月に登場。このモデルからFF化され、ボディも2ドアノッチバッククーペに1本化された。 FF化も販売面では功を奏し、トレノとしては未曾有の販売台数を記録した。しかし、台数の多さゆえに早期から値崩れを起こした。

AE92型[編集]

通称「キューニー」。 4A-GE型エンジンの最高出力は120ps/6,600rpm、14.5kgm/5,200rpm(ネット表示)。 1989年5月のマイナーチェンジ エンジンの改良により、ハイオクガソリン指定され、140ps/7,200rpm 15.0kgm/6,000rpmを誇った。このモデルからスーパーチャージャー付き4A-GZE型エンジン搭載のグレード「GT-Z」が登場した。4A-GZE型エンジンは前期型で出力は145ps/6,400rpm、19.0kgm/4,400rpm、 後期型で出力は165ps/6,400rpm、21.0kgm/4,400rpmを発生した。

AE91型[編集]

通称「キューイチ」。 シングルキャブレター仕様の5A-F型1.5Lハイメカツインカム、およびEFI仕様の5A-FE型1.5L ハイメカツインカムエンジンが搭載された。また、後期型では5A-F型エンジンが廃止され、5A-FE型エンジンをチューンした5A-FHE (EFI-S、105ps) 搭載ZSも登場した。

6代目 AE100/101型(1991年-1995年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(6代目)
AE100/101型
GT APEX(後期型)
Toyota Sprinter Trueno E100 GT APEX.jpg
Toyota Sprinter Trueno E100 GT APEX rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1991年6月 - 1995年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 5A-FE型:1.5L 直4
4A-FE型:1.6L 直4
4A-GE型:1.6L 直4
4A-GZE型:1.6L 直4 SC
駆動方式 FF
最高出力 5A-FE:94ps/6,000rpm
4A-FE:115ps/6,000rpm
4A-GE:160ps/7,400rpm
4A-GZE:170ps/6,400rpm
最大トルク 5A-FE:13.1kgm/3,200rpm
4A-FE:15.0kgm/4,800rpm
4A-GE:16.5kgm/5,200rpm
4A-GZE:21.0kgm/4,400rpm
変速機 5速MT
4速AT
全長 4,285mm
全幅 1,695mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,465mm
車両重量 1,110kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1991年6月に登場。同時にレビンもモデルチェンジ。グレード構成は下記の通り(レビンも同様)。

AE101型[編集]

「GT」、「GT APEX」に搭載される4A-GE型エンジンが1気筒あたり5バルブ(吸気3、排気2)の20バルブに進化。通称「トイチ」「ヒャクイチ」。

  • GT - 1.6L 4A-GE型エンジン搭載。最高出力は160ps/7,400rpm。GT APEXに比べ、パワーウインドウ等の快適装備が簡素化されており、競技向け車両である。後期型は5速MTのみ。
  • GT APEX - エンジンはGTと同じ。

オプションとして、スーパーストラットサスペンション装着車も存在した。

  • GT-Z - 1.6L スーパーチャージャー付4A-GZE型エンジン搭載。最高出力は170ps/6,400rpm。スーパーストラットサスペンション、ビスカスLSDを標準装備。変速機はMTのみであった。ただし、過給器(スーパーチャージャー)付きの4A-GZE型エンジンは16バルブのままである。

「GT APEX」は1991年度のグッドデザイン賞を受賞している。

AE100型[編集]

通称「ヒャク」、「イチマルマル」。

  • S - 1.5L 5A-FE型エンジン搭載している。最高出力は前期後期共に105ps/6,000rpm。


7代目 AE110/AE111型(1995年-2000年)[編集]

トヨタ・スプリンタートレノ(7代目)
AE110/111型
BZ-G(前期型)
Toyota SPRINTER TRUENO BZ-G (AE111) front.JPG
Toyota SPRINTER TRUENO BZ-G (AE111) rear.JPG
XZ(後期型)
AE111 trueno.jpeg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1995年6月 - 2000年8月
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 5A-FE型 1.5L 直4
4A-FE型 1.6L 直4
4A-GE型 1.6L 直4
駆動方式 FF
最高出力 5A-FE型:100ps/5,600rpm
4A-FE型:115ps/6,000rpm
4A-GE型:165ps/7,800rpm
最大トルク 5A-FE型:14.0kg・m/4,400rpm
4A-FE型:15.0kg・m/4,800rpm
4A-GE型:16.5kg/5600rpm
変速機 4速AT/5速MT/6速MT
全長 4,305mm
全幅 1,695mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,465mm
車両重量 990kg - 1,110kg
後継 なし[2]
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1995年6月にモデルチェンジし、AE11#型が登場。BZ系グレードには通称「黒ヘッド」と呼ばれる4A-GE型エンジンを搭載し、165psを発揮した。テレビCMには武田真治が「オレノトレノ」のキャッチコピーで出演した。また、ボディは先代に比べ最大70kg軽量化された。このモデルからスーパーチャージャー付のグレードは廃止され、上級グレードはBZ-G、走りのグレードはBZ-Vとなる。 1997年マイナーチェンジ 初の自社開発となる6速MTが採用され、同時に衝突安全ボディ「GOA」も、採用された。グレード名称も一部変更され、全車4灯式のマルチリフレクターヘッドランプが標準装備された。

折からのクーペ販売不振のため、2000年8月をもってトレノ/レビンの生産・販売は終了した。

AE111型[編集]

通称は「ゾロメ」「ピンゾロ」。

BZ系グレードには1.6L 4A-GE型20バルブスポーツツインカムエンジン搭載。最高出力は165ps/7,800rpm

XZ系グレードには1.6L 4A-FE型16バルブハイメカツインカムエンジン搭載、最高出力は115ps/6,000rpm

  • マイナーチェンジによりヘッドライト、テールランプがブラックアウト化された。

AE110型[編集]

通称は「ヒャクトオ」、「イチイチマル」。

FZ というベーシックグレードのみの展開で1.5L 5A-FE型16バルブハイメカツインカムエンジン搭載。最高出力は100ps/5,600rpm。

車名の由来[編集]

トレノは「雷鳴」のスペイン語であるTrueno(トゥルエノ)より取られた。元々豊田英二がレビンとトレノの名前を決める際「英語ばかりで面白くない」と「カローラ鷲」と「スプリンター鷹」を考えてきたが、販売サイドによる「日本語の名前ではまだ商売をしにくい」という意見や商標登録の問題で没になった結果、代わりに「カローラトレノ」「スプリンターレビン」が考えられた。最終的に豊田英二が「レビンは光で音よりも速い。速い方は兄貴分のカローラにやれ」と、サブネームを入れ替えた[3]

出典[編集]

  1. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第12号9ページより。
  2. ^ ネッツトヨタ店(現・ネッツ店)として取り扱うクーペ系車種の後継は長らく不在となるが、2012年3月発売開始の86の登場により、結果的に11年7か月ぶりにクーペ系車種を取り扱うこととなった。また、スペシャルティカーとしての後継は2020年9月発売開始のGRヤリス「RS」(エンジンは1.5L直列3気筒DOHC12バルブガソリンエンジンのM15A-FKS型が搭載)がこれに該当する。
  3. ^ 佐々木紫郎 インタビュー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]