トヨタ・ピクシスジョイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイハツ・キャスト > トヨタ・ピクシスジョイ
トヨタ・ピクシスジョイ
LA250A/LA260A型
F G"SA II"
(2017年10月4日以前のモデル)
Toyota pixisjoy la250a fgsaii 1 f.jpg
販売期間 2016年8月31日-
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
エンジン KF型:
658cc 直列3気筒DOHC
(C、F)
KF型:
658c 直列3気筒DOHCターボ
(C、F、S)
駆動方式 前輪駆動(2WD車)
四輪駆動(4WD車)
最高出力 38kW (52PS)/6,800rpm
(NA車)
47kW (64PS)/6,400rpm
(ターボ車)
最大トルク 60N・m (6.1kgf・m)/
5,200rpm(NA車)
92N・m (9.4kgf・m)/
3,200rpm(ターボ車)
変速機 CVT(C、F)
CVT(7速マニュアルモード付)(S)
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
後:3リンク式コイルスプリング(4WD)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,600-1,610mm(C、F)
1,630-1,640mm(S)
ホイールベース 2,455mm
車両重量 840-890kg(C、F)
850-900kg(S)
製造事業者 ダイハツ工業
ベース車両 ダイハツ・キャスト
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ピクシス ジョイPIXIS JOY)は、トヨタ自動車が販売する軽トールワゴン及び軽クロスオーバーSUVである。

概要[編集]

完全子会社ダイハツ工業からOEM供給を受けて販売されているトヨタブランドの軽自動車「ピクシス」シリーズの第5弾で、軽乗用車では4車種目となる。キャストがベースで、キャスト アクティバをベースにした軽クロスオーバーSUV「ピクシス ジョイC」(PIXIS JOY CCROSS OVER)、キャスト スタイルをベースにした軽トールワゴンのレトロ軽セダン風ファッション系モデル「ピクシス ジョイF」(PIXIS JOY FFASHION)、キャスト スポーツをベースにした軽トールワゴンのスポーツ系モデル「ピクシス ジョイS」(PIXIS JOY SSPORT)と、キャスト同様に3つの異なるタイプが設定される。

ピクシス スペース(2017年1月28日販売終了)やピクシス メガ同様に、今のところSUBARU(旧・富士重工業)へのOEM供給モデルは存在しない。

年表[編集]

2016年8月31日
同日、発売[1]
グレード構成(名称は異なる)・装備内容・ボディカラー・車両本体価格はキャストと同様。エンブレム類が異なっており、キャストでは専用エンブレムが装着されているフロントエンブレムはトヨタのCIとなり、リアの車名エンブレムはキャストが右下に対し、左下に装着される。
2017年10月5日
一部改良[2]
同年10月4日に一部改良されたキャストに準じたもので、衝突回避支援システム「スマートアシストII」に替わり、歩行者も検知対象とする緊急ブレーキ機能や夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなど、先進安全機能を進化させた「スマートアシストIII」に変更(変更に伴い、「SA II」グレードは「SA III」に改称)。エクステリアは「C」と「F」でフロントグリルのデザインが変更され、「C」はハニカムデザインから横バーデザインに、「F」はメッシュパターンが変更された。
ボディカラーも入れ替えが行われ、モノトーンは「C」専用色の「トニコオレンジメタリック」が廃止され、「ブライトシルバーメタリック」は「C」・「F」専用色から「S」専用色に移行、「ディープブルークリスタルマイカ(オプションカラー)」は「S」の設定が廃止され、「C」・「F」専用色に移行した。併せて、「C」には「オフビートカーキメタリック」と「レモンスカッシュクリスタルメタリック」を、「F」には「ダークエメラルドマイカ」をそれぞれ追加。2トーンのパターンバリエーションも変更となったことで、2トーン専用色(「C」専用色の「フレッシュグリーンメタリック」、「F」専用色の「シャイニングレッド」)の設定が廃止された。
また、「C G"SA III"」、「C Gターボ"SA III"」、「F G"SA III"」、「F Gターボ"SA III"」には、ブラック調インテリア、レザー調シート・ドアトリム、シートヒーター、SRSサイドエアバッグなどを装備した「プライムセレクション」を新設した。

車名の由来[編集]

  • ピクシス - 「いたずら好きな小妖精」を意味する英語のpixieからの造語。
  • ジョイ - 英語で「喜び」、または「嬉しい」を意味する。

取扱店舗[編集]

なお、他の「ピクシス」シリーズ同様、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった青森県秋田県鳥取県島根県四国地区、福岡県を除く九州沖縄地区においては、トヨタ店トヨペット店を含めた全てのトヨタの販売店での取り扱いとなる。

展示については、取扱店舗から選定された「ピクシス・ステーション」と呼ばれる一部店舗に限られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “TOYOTA、新型軽乗用車ピクシス ジョイを発売” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2016年8月31日), https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13331825 
  2. ^ “TOYOTA、ピクシス ジョイを一部改良” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2017年10月5日), https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/18973087 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]