トヨタ・カリーナED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カリーナED(カリーナイーディー、Carina ED)は、トヨタ自動車が1985年から1998年まで生産していた4ドアタイプのハードトップクーペ(もしくはセダン)型普通乗用車である。

トヨタ・カリーナED
Toyota carinaed st202 xexcitingversion 1 f.jpg
3代目 後期型
販売期間 1985年-1998年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 4ドアハードトップ
駆動方式 FF/4WD(3代目のみ)
先代 トヨタ・カリーナクーペ
後継 カリーナに統合
テンプレートを表示

概要[編集]

セリカプラットフォームを流用したハードトップクーペである。カリーナの名は冠するが、登場当時のCMでは「4ドアでありながら、クーペのフォルム。」と謳われており、後発の兄弟車コロナEXiVとともに『4ドア版セリカ』とも言える車種である。取扱店はカリーナ同様トヨタ店。ただし、東京地区では1989年までトヨペット店と併売、大阪地区ではトヨペット店扱いであった。

初代モデルは1985年登場。徹底的に耽美性を追求し、クーペ並みの低い全高に強く傾斜した前後ピラー、富士山型の小さなキャビンと高めのベルトラインを持つプロポーションが特徴。4ドア乗用車としての実用性、および後席居住性には難があった[1]が、その流麗なスタイリングはコロナセダン/カリーナセダンの熟年層向けイメージを覆し、バブル景気と相俟って若年層にも絶大な人気を博した。なお、歴代を通して後期型はリアガーニッシュ部のEDロゴが発光、テールレンズ全体に黒い縁取りがなされた。

しかし1990年代後半以降、日本の自動車に対する価値観が居住性や実用性を重視する方向へと変化したこと、側面衝突時や横転時の安全性確保の観点から、兄弟車コロナEXiVとともに1998年に生産を終了した。

歴史[編集]

初代 T16#型(1985年 - 1989年)[編集]

トヨタ・カリーナED(初代)
ST16#型
前期型 1.8 X
Toyota-CarinaED.JPG
Toyota-CarinaEDrear.JPG
後期型 2.0 X
1987年8月 - 1989年9月
Toyota Carinaed 1987.jpg
販売期間 1985年8月 - 1989年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアハードトップクーペ
エンジン 1.8 / 2.0L
駆動方式 FF
変速機 4速AT / 5速MT
全長 4,475mm
全幅 1,690mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,160kg
-自動車のスペック表-
  • 1985年8月発売。セリカ/コロナクーペ兄弟車。3代目カリーナ3ドアリフトバッククーペの事実上の後継車にあたる。他にない車高をおさえたデザインと、4代目セリカの車台を流用した4ドアピラーレスハードトップ(トヨタ車初)が話題となり、記録的セールスで当時「トヨタの傑作」と言わしめた。[2]発売当初は1,800cc SOHC(1S-iLU型)、1,800cc SOHC(1S-ELU型)、2,000cc スポーツツインカム(3S-GELU型)の3種類のエンジンを搭載。
  • 1986年前半 - 小変更。一部グレードにおいてサイドミラーがカラー化。
  • 1987年8月 - マイナーチェンジ。フロントグリル奥にフォグランプが内蔵され、上位グレードはテールランプの車名ロゴがライト連動で光る『ブライトエンブレム』[3]を装備。1S-E型エンジンが廃止され、2,000cc ハイメカツインカムの3S-FE型が採用される。
  • 1988年5月 - 1S-i型エンジンが廃止され、1,800cc ハイメカツインカムの4S-Fi型が採用される。これにより、シリーズ全車DOHC化完了。全車のマフラーがデュアルパイプ化される。


2代目 T18#型(1989年 - 1993年)[編集]

トヨタ・カリーナED(2代目)
ST18#型
前期型 1.8 X
1989年9月 - 1991年8月
Toyota Carinaed 1989.jpg
後期型 1.8S
Toyota CARINA ED S (E-ST180).jpg
販売期間 1989年9月 - 1993年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアハードトップクーペ
エンジン 1.8 / 2.0L
駆動方式 FF
変速機 4速AT / 5速MT
全長 4,485mm
全幅 1,690mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,270kg
-自動車のスペック表-
  • 1989年9月 - フルモデルチェンジバブル景気を反映し、ベース車セリカなどとともにデュアルモード4WSを採用するなど装備はより豪奢になった(世界初、上位グレードのみ)。姉妹車として新たに4ドアの「コロナEXiV」が登場し、セリカ/カリーナED/コロナEXiVの3兄弟のラインナップとなった。
  • 1990年8月 - 一部改良。それまで燃料噴射方式がCiだった1,800ccエンジンの仕様変更により全車EFIとなる。[4]また同時に2,000ccのハイメカツインカムエンジンの出力の向上が図られている。
  • 1991年8月 - マイナーチェンジ。デザインの一部変更が施され、リアエンブレムが車種専用デザインではなく、現在のトヨタCIマークに変更された。シャーシ面でも2WS車のリヤトレッドの拡大、1,800ccのフロントブレーキの拡大、全車ホイールが14インチ5穴に統一された。

形式[編集]

  • ST180 - 1,800cc 2WS
  • ST181 - 1,800cc 4WS
  • ST182 - 2,000cc 2WS
  • ST183 - 2,000cc 4WS


3代目 T20#型(1993年 - 1998年)[編集]

トヨタ・カリーナED(3代目)
ST20#型
前期型 2.0X
Toyota carinaed st202 2.0x 1 f.jpg
後期型 X
1995年9月 - 1998年4月
Toyota Carinaed 1995.jpg
販売期間 1993年10月 - 1998年4月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアハードトップクーペ
エンジン 1.8 / 2.0L
駆動方式 FF / 4WD
変速機 4速AT / 5速MT
全長 4,500mm
全幅 1,740mm
全高 1,325mm
ホイールベース 2,580mm
後継 7代目カリーナセダンに統合
-自動車のスペック表-
  • 1993年10月 - ベース車セリカのモデルチェンジに伴いフルモデルチェンジ。ボディ剛性向上のためセンターピラーが設けられたが、これにより「ピラーレス」という最大の特徴は失われることとなる。同時に設計の合理化が図られ、専用設計だったダッシュボードが廃止されるなど、多くがセリカと共通化された。
  • 1994年5月 - セリカGT-FOURの駆動系を流用した4WDモデル「リミテッド4」を発売。セリカとは異なり、エンジンはターボ非搭載で5速MTと4速ATが選択できた。
  • 1995年9月 - マイナーチェンジ。フロントバンパーとグリル・テールレンズの意匠変更、グレード名の変更を実施(V/X/GT/GT-4WD)。運転席エアバッグが標準装備化。同時に、一部快適機能はコストダウンのため標準装備から外されている。
  • 1996年6月 - 助手席エアバッグ、ABSが標準装備化。
  • 1998年3月 - オーダーストップに伴い生産終了。以後は在庫のみの対応となる。
  • 1998年4月 - 7代目カリーナセダンに統合されるかたちで販売終了。カリーナEDは3代13年の歴史に幕を閉じた。

形式[編集]

  • ST200 - 1,800cc 2WS
  • ST201 - 1,800cc 4WS
  • ST202 - 2,000cc 2WS FF
  • ST203 - 2,000cc 4WS FF
  • ST205 - 2,000cc 2WS 4WD


評価と他車への影響[編集]

初代カリーナEDが登場した当時はハイソカーブームの真っ只中であり、カリーナEDも爆発的な人気を博したため、日産・プレセアマツダ・ペルソナ三菱・エメロードなど同様のコンセプトを持つ車種が日本国内各社から続々と登場することとなった。またトヨタ自動車からも、カリーナED/コロナEXiVよりも下のクラスの新規車種としてカローラセレス/スプリンターマリノが登場している。また、ボディサイズの割に室内が狭いハードトップ車という意味からすれば、トヨタ・マークII日産・ローレルなどの高級セダンにも影響を与えたと捉えることもできる。

2000年代以降メルセデス・ベンツ・CLSのヒットを機に欧州メーカー各社が「4ドアクーペ」と呼ばれる車種を次々登場させたことから、同車はその先進的コンセプトを持った車種と評価されることもある。但し、カリーナEDの車格が中型車(欧州で言うC~CDセグメント)であるのに対し、CLSはEセグメントに属し最大約10倍もの価格差(CLSの車両本体価格は約900〜1,500万円、ED/EXiVは180系で約150〜200万円)があり、顧客層も大きく異なる。また、時代背景や販売市場の違いもあり同列で語ることは難しい一面もある。

車名の由来[編集]

EDExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ=刺激的でしゃれている)を略したもの(カリーナは英語で竜骨座の意)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【昭和クルマ列伝】狭い、低い、だけどカッコいい! 日本中にあふれた4ドアクーペ産経WEST(2017年2月4日)
  2. ^ 意匠設計の木村徹(後に同社デザイン研究所長・デザイン部長・理事を経て名古屋工業大学大学院教授)は、この大ヒットにより社長特別表彰を受けている。
  3. ^ 他社の採用例では、三菱・デリカスターワゴンなどがある。
  4. ^ どちらも電子制御燃料噴射だが、EFIがマルチポイントインジェクション(各気筒ごとにインジェクターがある)に対し、Ciはシングルポイントインジェクション(インジェクターは1本)。
  5. ^ 画像は中国本土に並行輸出された車両で、輸出先の規制(右ハンドル登録不可)に合わせて左ハンドルに改造されているものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]